全国のドクター8,992人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月22日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 虎ノ門駅
  5. 一般財団法人中小企業衛生管理協会 霞ヶ関診療所
  6. 胃カメラでピロリ菌もチェック苦痛に配慮した胃・大腸内視鏡検査

胃カメラでピロリ菌もチェック
苦痛に配慮した胃・大腸内視鏡検査

霞ヶ関診療所

(港区/虎ノ門駅)

最終更新日:2019/10/10

Main Main
  • 保険診療

男女ともにかかる人が多い胃がん、大腸がんは、早期発見・早期治療できれば決して治らない病気ではないという。がん発見の有用な手段が内視鏡検査であることは広く知られているが、「痛そう」「苦しいのでは?」と、敬遠する人も多い。虎ノ門駅9番出口から徒歩1分の場所にある「霞ヶ関診療所」では、胃・大腸どちらの内視鏡検査も行っている。大学病院や総合病院で数多くの内視鏡検査を行ってきた加賀康宏院長は、これまでの経験で培った技術を駆使し、日々「苦痛が少ない検査」の提供に努めている。内視鏡検査の重要さや検査の流れについて、加賀院長に話を聞いた。 (取材日2019年9月30日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qそもそも内視鏡検査はどんな人が受けるものなのでしょうか。
A

2016年頃から日本では内視鏡による胃がん検診が各地で始まっており、50歳以上の偶数の年齢の方が受けられます。そのほか、ピロリ菌感染があった方は、除菌済みだとしても受けたほうが良いです。というのも、除菌後胃がんといって、ピロリ菌除菌後も胃がんを発症することがあるからです。また、黒い便が出た方は、胃で出血している可能性がありますので、胃の内視鏡検査を受けましょう。便潜血で1回でも陽性になったことがある方も、大腸内視鏡検査が必要です。検査を受けずにやり過ごしてしまう人もいますが、病気を否定するためにも検査することをお勧めします。

Qこちらでは胃、大腸どちらも受診可能ですか?
A

胃と大腸、どちらの内視鏡検査にも対応しています。胃の内視鏡検査は鎮静剤を使い、喉に麻酔をかけ、カメラが喉に当たらないよう、過剰に空気が入らないよう、細心の注意を払いながら挿入していきます。胃の内視鏡は現在、口から入れる経口内視鏡のみですが、鼻からの検査もできるように経鼻内視鏡も準備中です。また、大腸内視鏡でも、患者さんの苦痛軽減を第一に考え、患者さんがリラックスして検査が受けられるよう鎮静剤を用いています。痩せている女性の場合、腸が伸びやすいので検査の際に痛みを感じやすいのですが、当院では水を注入し水で腸を広げて見る浸水法を採用。おなかの負担を減らして検査しています。

Qこちらのクリニックで受ける内視鏡検査の特徴を教えてください。
A

手技的な部分でも鎮静剤の使用においても、とにかく患者さんが苦しくないようにという点を重視しています。また、当然ではありますが、異常を早期発見し見逃さないように検査しています。これまで内視鏡の検査を数多く行ってきましたので、患者さんに負担をかけずにカメラを入れる技術は体得していますし、カメラを動かす際も細かく工夫しています。また当院では、毎回必ず私がカメラを入れるので、「カメラを入れる人が決まっているのがいい」というお声もいただいています。出勤前や仕事の途中で検査に来られる方も多いため、すぐお仕事に戻れるように、鎮静剤も調整しながら使用しています。

検診・治療START!ステップで紹介します

1問診

内視鏡で鎮静剤、鎮痙剤を使う際、その薬剤が使えない人がいるため、問診ではこれまでの病歴や普段使用している薬、薬に対するアレルギーの有無について詳しくヒアリングしている。「お薬手帳」を持っている人は必ず持参しよう。また、過去にピロリ菌の除菌をした経験があるかについても確認している。

2検査前日

お酒を飲むと翌日も胃の粘膜が赤くなり、翌日もその状態が続く。カメラを入れても内部の状態がわかりにくくなってしまうため、前日は飲酒を避け、夕食も夜9時までに済ませておこう。夕食は消化の良いものが理想だが、内容についてはそれほど気にしなくても良いとのこと。

3内視鏡検査当日

受付をし、着替えて検査室に入る。喉に麻酔をし、カメラを入れる。加賀院長がこれまでの経験を最大限に生かし、工夫をしながら苦しくないように検査を進めていく。看護師も側につき、細かく声をかけてくれる。今どの位置をカメラが通っているのか、どのような状態なのかを逐一伝えてくれ、いつ終わるかがイメージできる。問題がなければ、検査は約5分ほどで終了。病変がみられた場合は、生検を行い、結果は2週間後に説明。

4検査後はゆっくり休憩

麻酔が切れるまで専用の部屋で休憩する。仕事の合間に検査を受けに来る人が多いので、検査後はすぐに仕事に戻れるよう、鎮静剤の使用量をコントロールしてくれる。そのため、ほとんどの人が15分ほど休めばすぐに仕事に戻れる状態に回復する。その後スタッフからの今後の流れや注意点について、丁寧な説明を受ける。

5検査結果の報告

検査後に結果報告が行われる。画像を見ながら説明を聞き、治療が必要な場合は、その内容も併せて伝えられる。同院では、今後どのくらいの頻度で検査を受けたほうが良いのかというアドバイスも行っており、内視鏡画像を印刷した紙も渡してくれる。今後ほかの病院を受診した際持参すると役立つだろう。検査結果によって専門的な治療が必要と判断した場合は、連携する虎の門病院や東京慈恵会医科大学附属病院などを紹介してくれる。

ドクターからのメッセージ

加賀 康宏院長

胃がんの9割はピロリ菌が原因だといわれています。ピロリ菌が胃にいても、症状が出ない方はたくさんいます。ピロリ菌の検査をしたことがない方は、一度は検査を受けましょう。ご両親がピロリ菌を持っていると、免疫能力がしっかりつく4歳になる前にご両親から移ってしまう場合もあります。ご両親がピロリ菌に感染していたことがわかっている場合は、より受診が必要です。ピロリ菌を除菌し、胃がん発症リスクを減らしましょう。ただ、ピロリ菌検査を保険適用で受けるためには、胃カメラの検査も必要となります。ピロリ菌の検査だけをすることもできますが、自費治療になってしまいますのでご注意ください。

Doctor

自由診療費用の目安

自由診療とは

ピロリ菌検査/2500円~、上部内視鏡/1万5000円、大腸内視鏡/2万2000円(金額はあくまで目安です。また内視鏡検査は基本的に保険適用。金額は自費診療の場合のみ。詳細は医院にお問い合わせください。)

Access