全国のドクター8,748人の想いを取材
クリニック・病院 161,538件の情報を掲載(2019年12月12日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 高輪台駅
  5. 澤歯科医院
  6. 澤 潤 院長

澤 潤 院長の独自取材記事

澤歯科医院

(港区/高輪台駅)

最終更新日:2019/08/28

25338 df 1 main 1372736870

高輪台駅から徒歩約5分の「澤歯科医院」は、この地域で3代にわたり100年以上も診療を続けてきた歯科医院。長く通い続ける患者が圧倒的に多く、孫を連れ3世代で診療を受ける光景もここでは珍しくない。現院長である澤潤先生は、もともと補綴歯科出身だが、患者の要望に応えるため次々と新しい治療を勉強してきた結果、現在は実に幅広い診療を行うようになった。診療にあたって最も大切にしていることは患者とのコミュニケーション。「表面にとらわれず、患者さんの思いを理解することで信頼関係を築く。それが当院の治療には欠かせません」という澤院長に、同院の歴史からプライベートまでさまざまな話を聞いた。
(取材日2017年10月19日)

コミュニケーションを大切にする、歴史ある歯科医院

こちらは明治時代から続く歯科医院だそうですね。

25338 df 1 1 1363140468

初代院長の祖父が開業したのは1908年ですから、もうすぐ110年になります。祖父は、羽織袴に和装の白衣で治療していたそうで、当時はまだ電動の治療器具がなく、足踏みミシンのように足で漕いでドリルを動かす「足踏みエンジン」を使っていました。祖父が実際に使っていた機械を修理し院内に飾っていますが、この機械を持っているところは珍しいのではないでしょうか。僕も使ってみましたが、あれで歯を削るのは至難の業ですよ(笑)。また、祖父や父が診ていた患者さんに足を運んでいただくことが多く、「孫の歯列矯正をお願い」などと患者さんのほうも3代目の方がいらっしゃいますね。

歯科医師をめざしたのはご家族の影響ですか?

いえ、当初はまったくその気はなく、会社員になろうと思っていました。ところが、父の友人から「せっかくここまで続いてきた歯科医院なのだから」と諭されて、それで歯科医師になったんです。家族の影響は、むしろ歯科医師になってからのほうがあったのかもしれません。父と一緒に働いていた時にしきりに言われた「患者さんを見かけで判断するな、よく付き合って中身を理解しなくては駄目だ」という言葉に影響され、今ではコミュニケーションを一番大切にするようになりました。また、父の治療を受けた患者さんを僕が引き続き診るうちに、父の専門だった歯内療法の大切さに気づかされたこともあります。丁寧に治療し土台がしっかりしているからこそ、上にかぶせる補綴物が生きるのだと、患者さんを通して教わりました。

患者とのコミュニケーションを大切にしている理由について教えてください。

25338 df 1 2 1372736870

会話でお互いを知ることによって、信頼関係が生まれるからです。信頼関係ができれば、長く通っていただける。長く通っていただければ、長期の計画にのっとって治療が進められる、これが僕のめざす患者さんとの関係です。例えば、何本かインプラントを入れるような口腔状態のとき、いっぺんに何本も入れるのではなく、「今回はここに1本インプラントを植えればブリッジで対応できるから、必要になった時点で徐々に本数を増やしましょう」と段階的な治療が可能になります。逆に、信頼関係があるからこそ、ほとんど全顎的にインプラントを入れる決断をしていただいた患者さんもいました。当時はまだ、今ほどインプラントが広まっていない時代。患者さんも怖かったと思うのですが、僕を信頼して任せてくれ、結果として今でも非常に喜んでいただいています。

患者の要望に応える形で診療の幅を広げてきた

こちらではどんな治療が受けられますか?

25338 df 1 3 1372736870

僕はもともと歯科補綴学の中でも部分入れ歯を専門にしていました。もちろん、総義歯やその他の補綴にも積極的に取り組んでいましたが、患者さんのご要望を受け、割に早い時期からインプラント治療も始めました。30年近い患者さんの症例はいくつもあり、未だにメンテナンスで通っていただいています。近年は、入れ歯よりもインプラントを希望する患者さんが多く、特に遊離端義歯といって、一番奥の歯が欠損して隣にご自分の歯がまだあるようなときは、インプラントを選択されるケースが大半です。その他、虫歯や歯周病の治療はもちろん、困難な親知らずの抜歯や顎膿胞の手術といった外科治療、矯正治療など、患者さんのご要望にお応えしたい一心で講習会に参加するなど勉強してきた結果、自然と診療の幅が増えていきました。

力を入れている診療・治療についてお聞かせください。

大切だなと思うのは、メンテナンスとブラッシング指導です。歯や治療箇所を長持ちさせるには、プロによるメンテナンス、そして患者さんによる的確なセルフメンテナンスが欠かせません。ブラッシングは、清掃というだけではなく、歯茎のマッサージという意味でも大切です。最近は歯周病の方が増えていますが、歯周病の進行を抑えるにはブラッシングで歯茎をマッサージするのが効果的。また、ブラッシングを熱心にやることで、歯茎の状態をチェックするなどのケアについての自覚も芽生えることが期待できます。うまく磨けるかどうかでお口の状態がまったく違ってきますから、ブラッシングがうまくできない方はまめに通院いただくようアドバイスしています。

院内のスタッフ体制はどのようになっていますか?

25338 df 1 4 1372736870

僕と歯科衛生士の2人で診療をしています。以前は複数の歯科衛生士に受付スタッフ、歯科技工士が2人詰める、などという時期もありましたが、現在は患者さんとのコミュニケーションをより大切にしようということで一人ひとりの診療時間を1時間、1時間半などゆったり取っているため、最少人数で対応していけるようになりました。当院にいらっしゃる患者さんは長いお付き合いの方がほとんどですが、スタッフも長く在籍してくれる人ばかりで、患者さんとのコミュニケーションがスムーズで助かります。今、技工物の外注をお願いしているのは、当院から卒業していった優秀な歯科技工士の技工所。こちらの希望通りのものをきっちり作ってくれるので、安心して発注できます。

めざすべきは歯科医師と患者がお互いに成長できる関係

歯科医院選びについてアドバイスをいただけますか?

25338 df 1 5 1363140470

患者さん自身の歯のケアに対する意識を高めてくれるようなドクターのいるクリニックを選ぶのがいいと僕は思います。虫歯をただ治すだけなら、どこに行っても治してくれるでしょう。しかし、治療して「またどこか痛くなったら来てください」では、お互いに進歩はありません。例えば、昔は「定期的に歯石を取りましょう」「何ヵ月ごとに検診に来てください」などとアドバイスする歯科医師はいませんでした。今では定期検診を勧めるクリニックが多くなって患者さんの意識も格段に高まり、自主的にクリーニングやチェックに訪れる人も珍しくなくなりましたよね。患者さんの意識が向上すれば、それに応えるために歯科医師の側も意識を高めようとするもの。そうやって、お互いが成長できる関係を築くことが、歯科医療の理想の形ではないでしょうか。

プライベートはどのように過ごしていますか?

休日の天気の良い日は、ウォーキングに時間を割いています。最初はさぼりがちでしたが、続けるうちに街並みが変化していくのを見るのが楽しみになっていき、習慣になりました。ここから築地の魚河岸あたりまではしょっちゅう歩いていますが、だいたい1万5000歩くらいですね。一番遠くまで行ったのは、ここから世田谷区の千歳烏山駅まで。歩数計を見たら、10万歩を超えていました。いつかは、福澤諭吉先生がしばしば往復されたという、慶応義塾発祥の地である築地鉄砲洲から横浜開港記念館までを歩いてみたいと計画していますが、なかなか実現できません。何しろ、所要時間が12時間ほどかかるそうですから(笑)。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

25338 df 1 6 1372736870

お口の健康を保つためには、定期検診とご自宅での正しいブラッシングの両方が欠かせません。数ヵ月ごとの歯科医院によるクリーニングだけでは足りませんし、一生懸命にブラッシングしても適切な方法でなければその努力は無駄になってしまうからです。歯科医院で、セルフメンテナンスでは取り除けない汚れをきれいにし、ブラッシング指導を受けて正しい磨き方を身に付けていただければと思います。そして、歯科医院選びでは、先ほども申し上げましたが、患者さんの意識を高めてくれるドクターのいるところがお勧めです。患者さんと歯の健康を守るための共同作業に取り組むことのできる、そんなドクターを見つけていただけたらと思います。

Access