国際医療福祉大学三田病院

宮崎 勝病院長

25318

都営大江戸線赤羽橋駅から徒歩約5分の距離にある「国際医療福祉大学三田病院」は、2005年に東京専売病院を継承して開設した。80年以上地域医療を担ってきた伝統と、医療の社会的ニーズに対する人材育成を掲げる国際医療福祉大学の特色が融合した総合病院だ。地下1階、地上11階の建物の正面には緑豊かなアプローチが広がり、患者を温かく迎え入れる雰囲気が漂う。多数の診療科目を擁し、専門知識をもった医師同士のコミュニケーションがとりやすい組織運営により、患者のニーズに応える治療を提供している。そんな同院を率いるのが、日本における胆膵がん治療のパイオニア的存在として知られる宮崎勝病院長だ。国際医療福祉大学副学長を兼任しており、多くの患者に病院の魅力を伝えるための組織づくりのほか、臨床研修や教育プログラムの管理などにも注力。日本の医療におけるグローバル化の必要性を憂い、「これからのテーマは国際性」と述べる宮崎病院長に、同院の特色や自身の診療への思いなどについて聞いた。
(取材日2016年9月27日)

医師同士の連携と国際性を意識した組織運営

―病院の成り立ちを教えてください。

2005年に東京専売病院を継承して開設しました。診療においては、脊椎・脊髄、頭頸部、呼吸器、循環器をはじめとする各専門部門が、高度な医療を提供。それぞれの診療科目において、専門知識を持つ医師の数が多い点が当院の大きな特徴です。東京都のがん診療連携拠点病院に指定されており、がんの診断や治療に必要な医療機器を備え、がん診療の基幹病院としての機能も果たしています。また、安全・安心かつ高水準な医療へ向けた環境づくりにも取り組んでいます。施設面においては、2015年に立て替え工事が完了し、地下1階・地上11階の建物となりました。1階から4階までが診療科、6階が手術室、7階から10階までが病室となっています。都内はもちろん、遠方や外国人の方の来院も多いです。

―診療の特色を伺います。

当院は39の診療科と専門部門を擁しており、中でも消化器、心臓血管、脊椎脊髄、頭頸部腫瘍、脳卒中・血管内治療の専門部門における医師の層の厚さは特筆すべき点です。この他にも、各診療科目に専門知識をもつ医師を配置し、さらに医師同士のコミュニケーションがとりやすい組織運営を心がけています。狭い領域の中だけで診療を行っていては、「全身状態をしっかり把握しながら治療を進める」という点において限界が生じます。ですから当院では、各診療科が密に連携することで、一人の患者さまに対しさまざまな角度からバックアップを実施。よりよい診療につなげています。治療や手術をサポートする麻酔科の医師も充実しており、数多くの手術実績を重ねてきました。麻酔科は女性スタッフが多いため、女性の医療従事者が働きやすい環境を整備。こまやかな気配りをもって、あらゆる手術に対応し、安心して手術を受けていただけるように体制を整えています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細