全国のドクター8,915人の想いを取材
クリニック・病院 160,928件の情報を掲載(2021年10月27日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 虎ノ門駅
  5. まさいデンタルクリニック
  6. 口呼吸やストレスに注意マスク生活が引き起こす口臭

口呼吸やストレスに注意
マスク生活が引き起こす口臭

まさいデンタルクリニック

(港区/虎ノ門駅)

最終更新日:2021/10/12

Top Top
  • 保険診療
  • 自由診療

昨年よりマスクでの生活が続いているが、そんな中で「口臭」に悩む人が増えているという。「まさいデンタルクリニック」の正井良幸院長は、マスクによる口呼吸やストレスに警鐘を鳴らす。それらが引き起こす虫歯・歯周病は口臭につながるだけでなく、全身の健康にも影響を及ぼすからだ。また意外な盲点は、自宅での歯ブラシ管理とマスクの取り換え頻度だという。扱いを間違えると菌が繁殖した状態で使用することになり、そもそも歯をきれいにするため、ばい菌から体を防ぐためといった目的が、本末転倒になってしまう。「ご自身と大切な方のために3ヵ月に1度、お口のメンテナンスを受けましょう」と話す正井院長に、口臭を防ぐ方法やメンテナンスの必要性について話を聞いた。

(取材日2021年7月15日)

マスク生活で増えている「口臭」の悩み。口呼吸やストレスが虫歯・歯周病を引き起こすことも

Qマスクでの生活が続きますが、最近口臭が気になります。
A
1

▲クリニックへの通院を怠ってしまうことも口臭が悪化する要因に

マスクをしていて息苦しさから口呼吸になると、吐いた息を吸うことにより、結果として乾燥しやすくなってしまいます。これが口臭の原因にもなるのです。マスク生活によるストレスも口腔内の環境に良くありません。ストレスは免疫力を下げるだけでなく、歯ぎしり・食いしばりにつながることも。歯に亀裂が入るとそこに菌が繁殖しやすくなり、これも口臭の原因となります。そして外出控えによりクリニックから足が遠のくと、このような症状は悪化する一方です。

Q口呼吸が口臭を引き起こす一因なのですね。
A
20210726 2

▲できるだけ口呼吸にならないよう意識してほしいと話す正井院長

多くの方の口の中には虫歯のもととなる虫歯菌、歯周病の原因となる歯周病菌が存在し、それが食べ物を摂取するとプラークを形成し、その中で酸や毒素、ガスを出します。酸で歯が溶かされるのが虫歯で、毒素で骨が溶かされるのが歯周病です。通常は自浄作用と言って、唾液で適度に流されますが、口呼吸で口腔内が乾燥しやすくなり、プラークが歯にこびりつきます。歯周病菌が出したガス(メチルメルカプタン)により臭いも発生しますし、虫歯や歯周病の原因にもなります。歯周病の悪化で歯の根の周りの骨が溶け、歯を失うことになりかねません。睡眠時の口呼吸を防ぐことは難しいのですが、日中もできるだけ口呼吸にならないよう意識してください。

Q口臭を防ぐ方法はあるのでしょうか?
A
3

▲歯科医院での定期的なメンテナンスが口臭予防につながる

まずは口呼吸をしないように気をつけること、そして唾液腺を刺激するためによく噛んで食べることです。噛むことで唾液の分泌を促し、自浄作用を生み出しますし、口腔乾燥症(ドライマウス)の予防にもつながります。噛むためには健康な歯が不可欠で、やはり歯科医院でのメンテナンスが大切だと言えます。ご自宅では抗菌剤やフッ素入りの歯磨き粉を取り入れるといいでしょう。あと、実は歯ブラシの状態も重要なポイントなんですよ。常温の水で洗ってもブラシの中は菌だらけです。裏側から見て毛先が開いていたら取り替えてください。抗菌剤に漬けて管理するのも大切です。

Q歯科医院での定期メンテナンスはなぜ必要なのでしょうか。
A
4

▲歯だけでなく体の健康のために、定期的にメンテナンスを受けよう

メンテナンスでは口腔内を清潔にするだけではなく、同時に噛み合わせの調整も行います。悪くなり始めた状態をいち早く見つけて虫歯や歯周病を防ぎます。虫歯や歯周病はお口の問題にとどまらないのです。唾液と一緒に歯周病菌を飲み込むことにより、体内の至るところに影響を及ぼします。心臓や脳にダメージを与えることもわかっており、問題視されています。特に糖尿病など基礎疾患のある方は、歯周病も進行しやすい傾向にあります。歯と体の健康のために、定期的にメンテナンスを受けることをお勧めします。

Qこちらで受けられるメンテナンスの特徴を教えてください。
A
5

▲患者のニーズに合わせたさまざまな治療やメンテナンスに対応

クリーニングや噛み合わせのチェックはもちろん、歯周組織の再生治療・歯の移植・インプラント治療など重症例にも対応しています。プラークコントロールの専門知識を持った歯科衛生士がいるのも、当院のメンテナンスの特徴です。より口腔内環境の改善を望まれる患者さんには、プラークコントロールの講習なども取り入れています。感染症対策にも力を入れており、クラスBレベルの滅菌機・口腔外バキューム・特殊な空気清浄器を設置し、感染リスクを避けています。

ドクターからのメッセージ

正井 良幸院長

マスクをする生活が続いていますが、マスクはこまめに交換をしましょう。吐いた息や飛沫により、マスクの内側では菌が繁殖しています。汚れたマスクを使い続けると、それを吸い込んでしまい、体にも良くありません。歯周病の症状が悪化して口臭がかなりひどくなっていても、自分では気づかない方もいらっしゃいます。ご自身と大切な方のために3ヵ月に1度のメンテナンスで虫歯や歯周病を防ぎ、健康な歯と噛み合わせを保ちましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックを用いた補綴治療/11万5500円~、インプラント治療/47万3000円~、骨の再生治療/16万5000円~、 プラークコントロール(5回コース)/5万5000円(いずれも税込み)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access