医療法人橋口歯科赤坂ガーデンシティ

医療法人橋口歯科赤坂ガーデンシティ

橋口英作理事長、橋口隼人先生

24965 df 1 main 1381906299

赤坂見附駅から歩くこと7分。オフィスビルである赤坂ガーデンシティ内の一角に「橋口歯科赤坂ガーデンシティ」はある。大通りに面した入り口は広々としていて入りやすい印象。院内は天井が高いため閉塞感がなく、開放的な空間となっている。「棚や扉をなるべく上の方に設置することで、すっきりと見えるようにしました」と語るのは橋口理事長。院内のレイアウトにこだわるあまり、自ら設計の図面を引いたのだというから驚きだ。こだわりは治療方針にも及び、「患者さんの生活背景はほとんど頭に入っているんです。だから治療中も話が弾んでしまって」とほがらかに語る橋口理事長。ユーモアを交え雄弁に話すその姿に、思わずこちらも引きつけられてしまう。地域のことや医院のことなどについて、後継者である隼人先生とともにたっぷりと語っていただいた。
(取材日2013年9月30日)

患者のプライバシーが守られ、かつ開放感のある空間をめざして

―医院を作るにあたり、特にこだわったところを教えてください。

【英作理事長】開放感がありながらも、プライバシーが保たれている空間を作ることにこだわりました。診療スペースは、すべて個室ですが、ガラスの壁を用いて開放感を持たせています。ガラスの壁は上半分を透明、下を曇りガラスにしているため、患者さんの目線から外からは見えませんが、椅子に腰掛けた状態のドクターやスタッフからは廊下と診療の様子が見えるようになっています。患者さんのプライバシーを守ると同時に、我々スタッフの利便性を考えたらこのような形になりました。
【隼人先生】私は現在、大学病院でも診療を行っており、オペのない日にはこちらで診療をしているのですが、設備や導線などがしっかりと考えられているためか、「使いやすいなぁ」と思いますね。特に、患者さんやスタッフがすれ違うことの多い廊下が広めなのがいいですね。患者さんはもちろんですが、我々スタッフものストレスが少ない状態で仕事ができていると思います。

―開業までの経緯を教えてください。

【英作理事長】もともと、赤坂8丁目に自宅兼医院があったのですが、建物が古くなるに従い、大規模な修繕の必要が出てきたんです。そのまま同じ場所に立て替えてもよかったのですが、これから息子の代に移行することを考えると、よりアクセスのよい場所に医院を作り、設備も一新させる必要があると思いまして。当時、複数のオファーがあったのですが、こちらの場所は大きなオフィスビルの中にありながら、通りにも面しているという理想的な物件でしたので。それでこちらに移転しました。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細