全国のドクター9,123人の想いを取材
クリニック・病院 161,399件の情報を掲載(2020年4月06日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 青山一丁目駅
  5. 医療法人財団順和会 山王病院
  6. 堤 治 病院長

堤 治 病院長の独自取材記事

山王病院

(港区/青山一丁目駅)

最終更新日:2019/08/28

99999 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

青山一丁目駅と乃木坂駅のほぼ中間に位置する「山王病院」。1937年の創設以来、80年の長きにわたり「お産の山王」として地域から親しまれてきた。オープンで、思いやりに配慮したプライベートホスピタルとして地域医療に貢献する一方、約20年前にリプロダクション部門を開設。体外受精では日本の先駆的な存在として取り組んできた。国際医療福祉大学グループの一員となった約20年前からは、多彩な診療科をそろえ総合病院へと進化。婦人科内視鏡治療部門をはじめ、消化器部門、呼吸器部門、音声部門など、独自の医療も数多く展開している。同院を率いる、また生殖医療のエキスパートである堤治院長に、病院の多彩な機能や独自の取り組みなどを聞いた。
(取材日2017年9月26日)

「お産の山王」から高度医療の総合病院へ

最初に、病院の特徴をお聞かせください。

1

1937年の創設以来、いわゆるプライベートホスピタルとしてその歴史を築いてまいりました。「お産の山王病院」として知られる当院は、約20年前にリプロダクション部門を開設し、体外受精では日本の先駆的な役割を果たしてきました。当院にとっての一大転機は、約20年前に国際医療福祉大学のグループの一員となったことです。これを機に、多彩な診療科をバランスよくそろえた総合病院へと進化を遂げました。各科が時代のニーズに即した、先端医療を提供する体制が整い、これまで以上に幅広く、質の高い医療をご提供できるようになっていると思います。病床数79床に対し、約100人の医師が患者を支える医療体制も特色の一つです。また、外科と内科が診療科間の垣根を取り払い、シームレスな診療を行うなど、数・質ともに安心・安全の医療体制を整えることに努めていることも当院の大きな強みです。

こちらには多彩な診療科、診療施設があると伺っています。

2

内科だけでも循環器内科、消化器内科、神経内科、心療内科など多くの診療科があります。北里大学名誉教授で白内障・屈折矯正手術分野のパイオニア的存在である清水公也先生をはじめ、医師の質の高さにも自信があり、各分野のエキスパートの医師たちが、特色のある治療を展開しています。主力の産婦人科領域では2015年3月、山王病院新館内に19床の産科クリニック「山王バースセンター」を開設。病床数の増加により、今まで以上に多くの分娩受入体制が整いました。さらには不妊に関係した内視鏡手術、婦人科腫瘍といった婦人科系の診療には特に力を入れています。

山王病院独自の取り組みを数多くされているそうですね。

3

婦人科内視鏡治療部門をはじめ、消化器部門、呼吸器部門、音声部門など、それぞれに特化させる方式で特色あるオリジナリティあふれる診療を行っています。例えば、音声を扱う、声と発声に特化した診療科があります。一般の方はもちろん、声でお仕事をされる方などに対し、治療だけでなくベストな声を出したいという日に照準を合わせて、声の調整などを行います。意外と知られていないのは、リハビリテーション部門です。国際医療福祉大学は理学療法士や作業療法士をはじめリハビリテーションに関わる多職種を養成している大学です。山王病院でリハビリをしているというイメージがあまりないようですが、先ほどお話しした音声部門には言語聴覚士がいますし、新館にはワンフロアを使った広いリハビリテーション部門があり、脳卒中の予後や、整形外科的な疾患のリハビリなどに対応しているほか、訪問リハビリも行っています。

不妊治療についても充実した医療体制があると伺いました。

4

不妊症で悩むカップルの約半数は男性側の原因であることから、当病院では男性不妊の専門家による男性不妊専用の外来や、重度男性不妊に対する手術治療にも対応しています。日本には現在、多くの不妊治療専門のクリニックがありますが、当病院が不妊治療を開始したのは、約20年前のこと。以来、多様な治療に対応できる設備や人材をそろえ、患者さま一人ひとりの症状や生活に寄り添った、山王病院独自の治療に努めています。当院では女性だけでなく、男性専門の外来や、男性不妊手術も行っていますので、ご夫婦での受診をお勧めします。また、女性の不妊因子を取り除くための婦人科内視鏡手術は毎日実施をしています。各診療科・各施設との連携体制も整っており、専門の医師が担当しますので、患者さまも安心して治療に臨むことができると思います。

最後に、今後の展望をお聞かせください。

5

当院はもともと外国人の患者さまが多く、現在1日に来院される患者さまのうち数十人は外国の方です。これからますます国際化が進みます。それに向けてより国際的な色彩を増していくことが、山王病院として必要なことなのではないかと思っています。基本は地域で、皆さまが気軽にかかれる病院であると同時に、外国人の患者さまからも当院を信頼して来ていただけるようなレベルを保っていきたいと考えています。 今後もさらに、国内外の患者さんが安全で快適に利用できる病院をめざして参ります。

Access