南青山インプラントセンター佐藤歯科医院

佐藤明寿 院長

24877 df 1 main 1369620489

人生を変えた師との出会い。使命は、インプラントの良さを広めていくこと

―先生が大きな影響を受けたのは、やはり河津先生でしょうか?

そうですね。治療の基礎から、患者さんに対する接し方まで、本当に多くの影響を受けていると思います。何しろ、お酒を飲んでばかりの日々のなかで河津先生に出会ったおかげで、生活が180度変わってしまいました。当時は、365日休みがなく、盆暮れ正月も英語の文献を訳したり、先生の自宅で著作のタイプ打ちやスライド整理などをしたりしていました。先生からは、治療技術を上げるのはもちろん、人間性を上げることが大切だと学びました。きちんと人と対話ができるようにということが求められていましたね。JALの方を講師に招き、マナー研修を開いたりもしていました。また、先生のクリニックには、海外からも有名な先生たちが大勢見学に来ていました。そうした際、私はろくに英語をしゃべれないのに、その方たちの接待を任されました。でも、それは河津先生が無言でくれたチャンスだったんです。それで、私も必死に英会話を勉強することになり、現在も海外の先生たちと交流が続くきっかけとなりました。私は、本当に運が良かったと思います。いろいろなターニングポイントですばらしい方たちに出会い、助けていただきました。それで、ここまで来られたんだと思っています。

―ところで、先生の健康法を教えていただけますか?

週に1、2日くらいのペースでボクシングジムに通っています。元世界チャンピオンの具志堅用高さんのジムなんですが、もう通い始めて10年くらいになりますね。なじみのバーで知り合った俳優の河相我聞さんに紹介していただいたのがきっかけでした。具志堅さんのジムなので本格的です。ほとんどプロしかいません。私も、ジムの後援会に参加していて、選手のサポートをしながら一緒に体を鍛えています。縄跳び、シャドー、サンドバックにミット打ちなど、かなりきついトレーニングをやっているんですが、なかなか痩せませんね(笑)。

―最後に、今後の展望について伺えますか?

今、インプラントについては、ネガティブな報道があって以来、患者さんの反応が過敏になってしまっています。実際、質の良くないものが出まわって、トラブルが増えているのも確かです。でも、インプラントはきちんとやればすごく良い治療なんです。オリコンのランキングでも、非常に満足度が高いという結果が出ています。それは、当院がということではなく、インプラントという治療自体が優れているんだと思っています。その良さを良い形で伝えていく使命が自分たちにはあると思います。ただ、インプラントも、あくまできれいな歯を入れるための手段のひとつです。総合的にきちんとした歯科治療、心のこもった医療を患者さんに提供できるよう、日々がんばっていきたいですね。

記事更新日:2016/01/24


Access