津田デンタルオフィス

津田デンタルオフィス

津田忠政 院長

頼れるドクター

24861 df 1 main 1451009801

患者の悩みや希望をじっくりと聞き、満足のいく治療を

―患者さんの悩みや希望をお聞きすることを、とても大切にされているそうですね。

そうですね。まず初診の患者さんが来られたときには、歯科治療に先立って検査を行い、患者さんの状況・今後の治療方法・費用・通院回数をわかりやすくご説明します。その際に患者さんがどのようなお悩みを感じていらして、どうしたいと思われているのか、それをじっくりと時間をかけてお聞きするようにしています。患者さんのお悩みやご希望は一人ひとり違いますので、歯を見ただけではそれはわかりません。入れ歯にしたいのか、インプラントにしたいのか。なるべく歯を残したいのか、これを機会に抜いて義歯を入れたいのか。時間をかけて治したいのか、少しでも早く治す必要があるのかなど。患者さんの細かいご要望をお聞きした上で治療方針を決定し、当院が重要視している予防の大切さなどもお伝えします。

―ホワイトニングのために来院される患者さんもいらっしゃいますか?

最近は多いですね。審美に関する患者さんの意識は、年々高まってきています。ホームホワイトニングを推奨される先生もいらっしゃいますが、私はやはり、オフィスホワイトニングをしっかりと受けられた方が良いと思います。その際にドクターの指示をきちんと受けて、その上でご自宅でもやられるという形がベストでしょう。当院では最近「QUICK WHITE」という最新のホワイトニング法を導入しました。ご自宅で簡単にできるホワイトニングとして好評です。クリニックでホワイトニングをする際には、まずこの「QUICK WHITE」を使っていただき、1回でどれだけ白くなるかという個人差をチェックしています。

―医院の特徴を教えていただけますか?

当院を含めた4院のコンセプトは、患者さんにとって優しい治療、最高のスタッフと最高の機器、素晴らしい環境、そして長期にわたる丁寧なメンテナンスです。ヒーリングミュージックの流れる落ち着いた院内で、ゆったりと治療が受けられます。治療内容に関しては、30年以上の私の経験と実績を信頼していただければと思います。特に外科的な分野に強く、そのままでは保つことができない歯をいったん抜いて良い状態にしてから元に戻したり、歯を別の箇所へ移植するといった特別な治療も可能です。外部の医療施設とも連携しておりますので、難しい治療の場合でもどうぞご相談ください。また、経営のことから新しい機材のことまで、歯科に関するさまざまなことをテーマに勉強会を行い、日々の診療に生かしています。

―日本レーザー歯学会の総会を、津田先生が中心になって開かれたそうですね。

日本レーザー歯学会の副理事長をしていますので、第25回総会は私が大会長となって開催いたしました。国内のトップレベルの歯学部教授や歯科医師の講演をはじめ、衆議院議員の招待講演、海外招待講演もありました。開業医の仕事との両立はかなり大変でした(笑)。でも、医学の進歩にとって貴重な機会ですからがんばってやり遂げました。

―2014年から、愛知学院大学歯学部長も務められた野口俊英先生が、こちらで診療されていると伺いました。

野口先生は歯周病の研究と臨床で有名な大先輩ですが、学会などで親しくしていただいていました。縁あって当院で週2回、歯周病を専門に診療していただいています。審美歯科やインプラントの治療の前に、歯周病があれば治療しなければなりませんが、野口先生の加入でさらに高いレベルの医療が提供できるようになりました。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細