全国のドクター9,380人の想いを取材
クリニック・病院 160,980件の情報を掲載(2021年1月20日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 目黒駅
  5. 東京大学医科学研究所附属病院
  6. 原因を知って予防したい大腸がんステージ3でも根治をめざす時代

原因を知って予防したい大腸がん
ステージ3でも根治をめざす時代

東京大学医科学研究所附属病院

(港区/目黒駅)

最終更新日:2021/01/06

20201223 top %e3%82%82%e3%82%89%e3%81%84 20201223 top %e3%82%82%e3%82%89%e3%81%84
  • 保険診療

ここ数十年で罹患者が増えてきているといわれる大腸がん。私たちにとって身近な病気であるとも言える一方で、例えば「大腸がんのステージ4」と聞くと、漠然と「打つ手なし」という印象を受ける人は少なくないだろう。厳密には、がんの進行度は3つの基準から決まり、それが治療方針を決める上で判断材料になるという。そこで、大腸がんの各ステージや、ステージごとの治療法などの基礎的な知識を、「東京大学医科学研究所附属病院」の阿彦友佳(あひこゆか)先生に教えてもらった。阿彦先生は2020年8月まで国立がん研究センター中央病院大腸外科にて、主に大腸がんの診断、腹腔鏡手術を中心とする手術療法に携わってきた医師だ。医科研病院の魅力についても語ってくれた。 (取材日2020年11月30日)

リンパ節に転移すると再発リスクが増加、そうなる前の検査で見つけておくことが重要

Qどうして日本では、大腸がんにかかる人が増えたのでしょうか?
A
1 1

▲食生活や生活習慣を見直すことが大切だという

高齢化に加えて、食生活の欧米化により、赤肉(牛肉や豚肉のこと。脂肪が少ない部位を指す赤身肉とは異なる)や、ハム、ベーコン、ソーセージなどの加工肉の摂取量の増加が一因とされます。ただし、欧米では1日50~200gの赤肉・加工肉を食べるといわれていますが、日本人は平均63gと世界的に見ても少なめとされています。この程度の摂取量であれば発がんリスクに与える影響は小さいとされていますので、1日50gを目安に、栄養バランスを考えて牛肉や豚肉を取り入れるのは問題ないでしょう。その他、BMI25以上の肥満、飲酒、喫煙は、さまざまながんにとってもリスク因子となりますので、生活習慣には気をつけてください。

Qどのような検査・診断方法がありますか?
A
20201223 2 %e3%82%82%e3%82%89%e3%81%84

▲患者の状態によって適切な検査を行っている

大腸カメラ検査で大腸がんが疑われると、内視鏡下で組織を採取して顕微鏡検査で詳しく調べます。がんであることが証明されたら、がんの進み具合である進行度、すなわちステージを確認するためにCT検査を行います。CT検査では、大腸の壁のどの深さまでがんが入り込んでいるかを指す「深達度」や、「リンパ節転移」の有無、「他の臓器への転移」の有無を確認します。場合により、MRI検査を追加することもあります。なお、腫瘍マーカー検査はそれ自体でがんを診断したり、進行度を調べたりするものではありません。治療前、治療中、治療後の腫瘍マーカーの数値の変化を見ながら、治療効果やがんの再発がないかどうかの指標として使われます。

Q大腸がんのステージ0~4はどのようにして決まりますか?
A
20201223 3 %e3%82%82%e3%82%89%e3%81%84

▲腹腔鏡手術の様子。ステージによって治療法も異なる

がんの深達度、リンパ節転移の有無、他の臓器への転移の有無で決まります。大腸がんのステージは0~4に分類され、数字が大きいほど、がんが進行していることを意味します。例えば、がんが粘膜内にとどまっていればステージ0、深達度に関わらずリンパ節への転移があればステージ3、他の臓器に転移していればステージ4となります。深達度やリンパ節転移の有無は、治療前の大腸カメラ検査やCT検査である程度予想できますが、正確なステージは、手術で採取した組織を顕微鏡で検査して確定します。

Qステージごとの治療方法を教えてください。
A
20201223 4 %e3%82%82%e3%82%89%e3%81%84

▲手術は豊富な経験を持つスタッフと連携を取りながら進めていく

ステージ0では、大腸カメラ下でがんを切除する内視鏡的切除を行います。ステージ1では、がんの深さが浅い場合は内視鏡的切除が可能ですが、粘膜下層の深くまでがんが入り込んでいる場合は、手術が基本となります。ステージ2、ステージ3も手術が基本となります。手術では、がんの切除とともに、がんの周囲にある転移を来しやすいリンパ節の領域を一緒に切除することで根治をめざします。手術方法については、腹部を20cmほど切開する開腹手術と、腹部に小さな穴を数ヵ所開けて行う腹腔鏡手術があり、がんの部位や進行度などを考慮し適応を決めています。また、ステージ3では、再発防止を目的として術後に抗がん剤治療を行います。

Qステージ4は治療が難しいのでしょうか?
A
20201223 5 %e3%82%82%e3%82%89%e3%81%84

▲病棟ラウンジからの眺望。天気が良い日は富士山も見える

ステージ4では主に薬物療法、放射線療法を行いますが、状況によっては手術を行うこともあり、どの治療を行うかは人それぞれ異なります。薬物療法は、抗がん剤や分子標的薬と呼ばれる薬剤をさまざま組み合わせて行います。薬剤の種類が豊富にあり、治療成績は近年向上しています。放射線療法については、骨に転移を来し痛みを伴う場合や、脳や肺に転移を来したときに行います。また、手術については、がんにより出血や腸閉塞などの症状がある場合や、転移した部分を含めてがんをすべて取り除くことができると判断される場合など、適応は限定されますが手術を行うことがあります。

ドクターからのメッセージ

阿彦 友佳先生

40歳以降に多い大腸がんですが、早期に発見し治療すれば完全に治すことがめざせるがんです。40歳以降は毎年大腸がん検診を受け、便潜血検査で陽性が出た場合や、出血など症状がある場合には、ぜひ、大腸カメラ検査を受けてください。大腸カメラは痛みが心配という方は、当院では鎮静剤を使って眠ったような状態で受けることもできます。また、消化器外科の各領域のエキスパート、知識と経験の豊富な看護師、薬剤師、栄養士たちが連携し、検査から診断、治療、入退院までをサポートするチーム医療が当院の特徴です。病室は広くてきれいで、都心にありながら個室は利用しやすい費用感となっています。大腸がんのことは気軽にご相談ください。

Access