求人情報ON
かすや歯科東海クリニック

かすや歯科東海クリニック

粕谷 啓介院長

頼れるドクター

24321

複数の選択肢のなかから、納得いく方法を選んでもらう

―診察の際に心がけていることはありますか?

常に患者さんの立場になって考えるということですね。「自分ならどうして欲しいのか」ということを意識したうえで、できるだけ「抜かない、大幅に削らない」ことが前提と考えて治療しています。そして、どういう治療を行うにしても、そのそれぞれのメリットとデメリットは患者さんへ全て正直に伝えることも欠かしません。患者さんが「こちらにしたい」と納得される方法で治療することが大切ですから、「抜いたほうがいいけれど、抜かないで様子を見ることもできる」、「大きく削った方が詰め物は安定するけど、削る量を少なくして丁寧に消毒やクリーニングでメンテナンスする方法もある」という具合に、複数の選択肢を提示できるようしています。

―新しくCTを導入されたそうですね。

インプラントの診断や難しい抜歯の症例を診るときに使っています。通常の診察ではレントゲンを使用していますが、CTを導入したことでより的確な診断ができるようになりました。僕自身が「できるだけ抜かない治療」というのを心がけているので、他の病院で抜歯しなくてはいけないと言われた患者さんが、その話を聞いて来院するケースも増えています。

―セカンドオピニオンということですか?

そうですね。実際には診る人間が変わったとしても、診断というのはそう変わらないものなのですが、患者さんの立場からすると、セカンドオピニオンでも抜歯が必要だという診断が出たとしても、2人の医師から同じ答えをもらったことで納得して治療に移ることができます。ですからどんな診断をするにせよ、診察の際には「自分があなたの立場だったらこうしますよ」という姿勢でアドバイスすることを大切にしているんです。



Access