はなおかレディースクリニック

花岡嘉奈子 院長

24295 df 1 main 1351816890

精神的支えとして、常に患者に寄りそっていきたい

―日常診療で心がけていらっしゃることはありますか?

なるべく患者さんに自由にお話しいただいています。問診や治療計画の説明をする際も、こちから一方的に質問を投げかけたり、話したりするのではなく、患者さんが話しやすいよう「間」を作る努力をしています。また、当り前のことではあるのですが、患者さんの立場に立った診療を常に意識しています。不妊治療の患者さんに接している時は、とくにそう思いますね。患者さんは朝から晩まで「妊娠しなきゃ、妊娠しなきゃ」と、内心とても焦って日々生活しているのです。その気持ちは痛いほどよくわかります。先の見えない不妊治療は本当に辛いのです。しかも100%の保証がないのが不妊治療でもあります。それなら、せめて患者さんの気持ちを誰よりも理解して、主治医であると同時に精神的な支えになってあげたいと思っています。

―先生はなぜ医師を目指し、不妊治療を専門に選ばれたのですか?

うちは代々医師の家系だったので、幼い頃から医師にならなきゃいけないものだと勝手に思い込んでいました(笑)。産婦人科を選んだのは、同じく産婦人科医であった父の影響が大きいです。父が亡くなった後、千葉で開業していた産婦人科医院を継ぐことも一度は考えました。けれども、一生お産をメインにした診療をしていくことが、自分の本当にやりたいことだったのだろうかと、その時ふと思ってしまったんですね。もっと高い専門性を求められる分野で自分の力を試したいと。幸い、母は「自分の好きなことをやりなさい」と背中を押してくれたので、以前から興味があった不妊治療の道に進むことに決めました。

―医師になってよかったと思うのはどんな時ですか?

やはり患者さんに信頼されていると感じた時ですね。それが感じられると、この人のためにもっと頑張ろうと診療にいっそう熱が入ります。また、患者さんに有用な情報を提供することも私たちの医師の仕事ですので、普段から他院とのネットワーク作りや情報収集に努めています。例えば、患者さんを紹介する場合も、腹腔鏡手術だったらここ、子宮頸がんの治療だったらここ、あるいは産科で無痛分娩を希望するならここというように、それぞれその領域を得意とする医師のもとにご紹介できるだけの情報を蓄積しています。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細