全国のドクター8,940人の想いを取材
クリニック・病院 160,866件の情報を掲載(2021年7月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 品川区
  4. 五反田駅
  5. 五反田歯科
  6. 患者の不安や緊張に配慮した初診時の流れや工夫とは

患者の不安や緊張に配慮した
初診時の流れや工夫とは

五反田歯科

(品川区/五反田駅)

最終更新日:2020/12/01

Top Top

「歯科医院が苦手」「医療器具の音を聞くと不安になる」「麻酔の注射などの痛みに弱い」……。大人でも、歯科医院に足を運ぶことに抵抗を感じる人が少なくない。「五反田歯科」は、可能な限り「歯を抜かない」「歯を削らない」「歯の神経を取らない」をコンセプトに、患者の目線に立ち、患者の希望やライフスタイルに即した診療を行っている。「患者さんが通いやすく、『ここなら話を聞いてくれる』と思ってもらえるような歯科医院でありたいと思います」と優しく語る田島功貴院長に、患者の不安や緊張をどのようにやわらげているか、初診時はどのように対応するのかなどについて聞いた。(取材日2020年10月30日)

初診時にたっぷり時間をとり患者と対話。不安なことや心配なことを遠慮なく話せる雰囲気づくりを

Q初診の患者さんを診るときに気をつけていらっしゃることは?
A
1

▲どんな治療を希望しているか把握するため、丁寧に話をしている

患者さんは、多かれ少なかれ、歯科医院に対して「怖い」「何をされるのかわからない」など、不安な気持ちを抱いているものです。当院では、初診時は45分くらいの時間をとり、お口の中を見せていただくことに加え、まずは患者さんとじっくりお話しすることから始めます。どのようなところに不安感を抱いているのか、当院に対してどのような治療を望んでいるのかなどを把握した上で、患者さんとなるべく同じ目線で治療を進められるよう、治療方法を複数ご提案し、それぞれの治療方法にかかる期間や費用などについて丁寧にお話しさせていただきます。もちろん、「忙しいので応急処置だけしてほしい」という場合も対応します。

Q患者さんの不安を軽減するために工夫していることは?
A
2

▲こまやかな工夫や臨機応変な対応を心がけている

痛みについては、麻酔の注射が苦手な患者さんが多いと思いますが、痛みをできるだけ軽減するため、表面麻酔をしっかり行い、注射液を温めておくなどの対処とともに、細い針で注射をするなどの配慮をしています。治療中は少しでもリラックスしていただきたいので、患者さんにエプロンをつける、ブランケットをかける、お口を開けるなど、動作の一つ一つをソフトタッチで優しく行うことも大切にしています。治療以外の面、例えばお会計についても、たまたま手持ちの金額が少ない場合は、「次回に回しても支障がない治療は今回省く」など、その時々で臨機応変に治療できるような信頼関係を築けるよう心がけています。

Q忙しいビジネスマンの治療はどのように行っていますか?
A
3

▲勤務後に来院するビジネスマンも

当院がある五反田はオフィス街で、ビジネスマンの方の来院も多いのですが、急な出張、転勤などで治療計画を変更する必要性が出てくることも少なくありません。そんな時も、それぞれの患者さんのご予定や希望に合わせ、その時にできる最善と考えられる治療を行うことを心がけています。歯科治療においては、最初に奥歯、次に前歯を治療するのはセオリーなのですが、状況に応じて順序を変更することもあります。日々忙しい中、時間をぬって歯科医院に足を運んでくれるわけですから、まずは患者さんのご希望に応えてあげたいと思っています。また、当院は19時30分まで診療しているため、勤務後に余裕をもって来院していただくことも可能です。

Q歯科治療は、なぜ何度も通院しなければならないのですか?
A
4

▲初診時におおよその治療回数を伝えている

患者さんからよく聞かれる質問なのですが、もちろん、ちょっとした虫歯1本だけなどという場合は、1回の治療で終わるでしょう。しかし、虫歯が進行している場合や、虫歯がたくさんある場合は1回で終わらせようとするとかなり時間がかかってしまうため、何回かに分けて通院していただくことになります。また、患者さんに自覚はなくても、虫歯に加え歯周病を発症していることも多く、その場合は歯周病の治療も必要です。歯周病の治療は、その程度により、歯肉の中まで入っている歯石を取り除く必要があるため、複数回の通院が必要になります。初診時に、おおよその治療回数もお伝えしますので、ご希望があれば遠慮なくおっしゃってください。

Q歯科医院に定期的にメンテナンスに行くのはなぜですか?
A
5

▲健康な状態を維持するため、定期検診が大切

歯の健康を保ち、できるだけ長く自分の歯でおいしく食事することができるようにするためです。毎日歯をしっかり磨いているつもりなのに虫歯になりやすい方、甘い物を好んで食べているのに虫歯になりにくい方など、実にさまざまな患者さんがいらっしゃいますが、歯科医院に定期的に通っていただきメンテナンスを受けることで、健康なお口の現状維持に加え、虫歯の早期発見も可能になります。痛みを感じていない場合でも、口腔内カメラで撮影すると虫歯が進行していることがわかるケースもあります。当院では、患者さんの症状によって、最低でも年に2回の定期検診をお勧めしています。

ドクターからのメッセージ

田島 功貴院長

例えば初診のとき、先生から「虫歯がひどいので歯を抜きましょう」といきなり言われたらショックですし、落ち込みますよね。当院では、たとえ大きな虫歯であっても、患者さんが歯を残したいと思っているのであれば、まずはそのお気持ちにお応えするといった「患者さん目線」による治療をとても大切にしています。僕自身、小さい頃は虫歯が多く、歯科医院に足を運ぶ時の気持ちはよくわかっているつもりです。患者さんと対等な立場でお話しさせていただき、適した治療法を提案させていただきますので、どんな小さなことでも遠慮なくお話しください。スタッフ一同、お待ちしています。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access