五反田ファインクリニック

五反田ファインクリニック

金子 賢 院長

頼れるドクター

24006 df 1 main 1384252690

信頼関係を築くためには、常に謙虚な気持ちで患者に接することが大切

―先生がドクターになったきっかけを教えてください。

私の父が鞄を作る職人だったので、小さい頃から自宅で父が仕事をしているのを側で見ている環境でした。その影響があってか、高校生になって進路を検討するときに「会社員になる」という選択肢は頭に浮かばず、父のように「手に職のある人間になりたい」と思いました。その中でもドクターという道を選んだのは、小さい頃に通っていた診療所の先生を思い出したからかもしれません。幼い頃は体が弱くて、近くの診療所に通っていました。そのときに担当してくれた先生が、とても魅力的な方だったのです。実際にドクターになってみると、医療というのはアカデミックなだけの世界ではなく、人間との関わり合いが非常に深い仕事なんだと実感しました。患者さんのベッドの脇に座って、愚痴や不満を1時間以上ずっと聞いていたなんて経験もありますよ(笑)。しかしそんな風に患者さんの話を親身に聞いていたからこそ、「病気になってから治療をするのは大変だから、病気にならない環境を作っていくことが大切なんだ」と、今のようなスタンスに至ったのかもしれません。

―先生は患者さんとのコミュニケーションを非常に大切にしているそうですね。

時間に余裕のあるときは、私の方から患者さんを引き止めてゆっくりお話をすることもありますよ(笑)。患者さんが安心して何でも話せる環境を作ることが、病気を予防したり治療の効果を高める第一歩ですから。ドクターが少しでも傲慢な態度をとったら患者さんはすぐに離れていってしまいますので、自分は常に謙虚な気持ちで患者さんに接するように心がけています。そして信頼関係を築くためにも、笑顔で正面を向いて、患者さんの目をしっかりと見て話すようにしています。患者さんがリラックスして過ごせる「アットホームな雰囲気のクリニック」をコンセプトにしていますので、スタッフもそれに添った温かくて優しい人間ばかりを厳選しています。

―読者にメッセージをお願いします。

会社の健診で何か異常があっても、忙しいからクリニックに行かないという現代人も多いようですが、病気になってからでは手遅れになる可能性もあります。若いからといって油断をせずに、きちんとクリニックに行ってくださいね。最近は気軽に病院を変えてしまう患者さんもいますが、長くじっくり付き合うからこそ見えてくることもあります。私はすべての患者さんと末長くお付き合いのできる“かかりつけ医”を目指していますので、いつでもご来院ください。

記事更新日:2017/07/18


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細