五反田ファインクリニック

五反田ファインクリニック

金子 賢院長

頼れるドクター

24006 %e4%ba%94%e5%8f%8d%e7%94%b0%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

働く女性に増える便秘を生活習慣の面から解決

―最近、患者さんで特に増えている悩みや症状はありますか?

自分では気がついていないけれど、実は便秘になっている患者さんが増えていると感じています。特に、20代から40代くらいの働く女性に多いですね。初めは胃やおなかが痛いといって来られるのですが、検査をしても異常がなくて便秘と診断するケースも多いです。よく、何日も排便がないのが便秘だと思われている方がいるのですが、たとえ毎日出ていても、スルンっと「出た!」という感覚がなければ便秘の可能性が高いです。排便をお手伝いするための薬を飲んで、「出るってこんな感覚なんですね」と驚かれる方も多いんですよ。ただ、便秘の原因は生活習慣の乱れによるものが大きいですので、薬で一時的に便秘を解消しても意味がありません。薬がなくても自分で体調をコントロールできるようになることが重要です。

―便秘を治すポイントを教えてください。

患者さんによって違いますが、基本的には「食べる・動く・寝る・出す」の4つのバランスを整えることが大切です。良い排便のためにバランスよく食べる、たくさん食べるために運動して基礎代謝を上げる、動くためにしっかりと休息をとるというように、4つは密接につながっているからです。この中で、「出す」ことだけは薬でお手伝いすることができますが、他の3つは患者さん自身が意識して改めなければ変わることができません。よく、忙しいことを理由にされる方がいますが、なるべく階段を使う、週末だけは自炊する、スマートフォンを見ている時間を睡眠に充てるなど、できることから少しずつ始めれば良いと思います。そうやって患者さんが一歩踏み出すお手伝いをするのが私の役割だと思っています。

―先生は病気の予防にも力を注いでいるそうですね。

病気になってから治療する病院はたくさんありますから、私は患者さんが病気にならないように見守る“かかりつけ医”になれればと思っています。そのために、病気の治療だけではなく、患者さんの生活習慣などをヒアリングして、必要に応じて改善指導なども行っています。また、健診や検査にも注力していて、通常の健康診断に血液検査などの項目を増やした「生活習慣病・基本コース」や、頚動脈エコー・動脈硬化測定・中心血圧測定などで動脈硬化をチェックする「生活習慣病・動脈硬化重点コース」など、多彩な検査メニューを取りそろえています。自分の健康を改めて見直すきっかけとしてご利用いただければうれしいです。



Access