全国のドクター9,124人の想いを取材
クリニック・病院 160,833件の情報を掲載(2021年5月09日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 目黒区
  4. 目黒駅
  5. 目黒1丁目クリニック
  6. お知らせ

目黒1丁目クリニック

20200306 1
  • 東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第一ビル2階
    • 内科
    • 皮膚科
    • 漢方内科
  • 電話・オンライン診療可
  • 発熱患者の受付時間限定
  • 発熱患者の受付・待合分離
  • 飛沫感染防止用の仕切り設置

天気が良ければ、お散歩しましょう(^^)

最終更新日:2021/05/04 15:26

*コロナの手のひらの上で転がされないように、人との接触はできる限り減らしつつ、健康的な食事と定期的な運動を心がけるようにしましょう。(忽那賢志 先生)
*発熱時来院前に電話連絡をください。
*受付カウンターに換気の指標となる二酸化炭素濃度モニターを設置。800ppmを下回っていれば換気は充分と言われています。
*在宅勤務者はおよそ8割が座っている時間が増えたとのこと。さらに在宅勤務や外出自粛でコロナ太りの方が増えてきていらっしゃいます。
*「新型コロナ対策」だからと言って、動ける身体を使わないことは心身ともに百害あって一利なしです。

*「筋肉を十分に使っている人は病気にかかりにくくいつまでも若々しい。
歩くことは人にとって最良の薬である。」
(ヒポクラテスの言葉)
*軽度の肥満もCOVID-19重症化のリスクだそうです。できれば早足で心拍数わ上げて歩きましょう!
*距離1m以上で感染リスク8割以上減少/Lancet。
*人と接する時にはマスクで鼻の粘膜を加湿して感染予防!
*ウィルスの侵入を防ぐ免疫・IgA 。このIgAを増やしましょう。運動・ヨーグルトを外来では患者さんにお勧めしてます。

*コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染経路は空気を媒介したものが主流であることが報告されています。マスクや換気といった空気感染への対策に重きを置いた方がいいようです。
COVID-19 による日本中の重症者の現状が集中治療学会のホームページである程度わかります。検索してみてください。

*ウイルスは生物ではありません。ウィルスの遺伝子が、油脂の層に包まれています。眼球や口の中の粘膜に付着すると細胞に侵入し遺伝子情報をウイルスのものに書き換えます。 ウイルスは薄い油脂に覆われただけの非常に壊れやすい物質です。 石鹸や消毒液で壊すことができます。油脂の層を溶かすとタンパク質分子は分解し壊れます。25℃以上の温水で手や服などを洗う。アルコール溶液は 65%以上のもであれば、ウイルスの油脂を溶かします。漂白剤もタンパク質を内側から直接破壊します。 自然換気が大切です。本対処法は米国ジョンズ・ホプキンズ大学がまとめたものです。



Access