医療法人社団おきの会 旗の台病院

江口 輝男病院長

99999

旗の台駅南口、長原駅から5分。「旗の台病院」は、品川区・荏原地区にある二次救急病院(入院や手術を要する症例に対しての救急医療を担う病院)である。40年前に開院して以来、長らくは脳神経外科を中心に医療を提供してきたが、この2017年春に、内科、外科、整形外科にも専門の医師を配置するなど力を入れ、これまでよりもさらに住民にとって需要のある診療を行う病院に生まれ変わり、名称も変更している。江口輝男病院長はその変化について「地域医療に貢献し、急性期医療活動を主体とするという方針を推し進めてのこと」と話してくれた。ベッド数が42床という小回りの利く規模を活かし、「患者と医療スタッフとの間の顔の見える長期的なやりとり」や「主に治療している病気以外での体の不調について、他科の医師と院内ですばやく協力し合う距離の近さ」も、特徴だ。内視鏡、エコー(超音波診断)など医療機器も2017年に先端的なものを導入しなおし、検査・検診にも力を入れている。
(取材日2017年7月25日)

地域の二次救急病院としての役割を担う

―病院名も変更し、より総合的な診療を担うようになったのですか?

昨年までも、地域の歴史ある病院として、先代院長が診療を続けておられたわけです。ただ、ここ荏原地区においては、二次救急病院はほとんどありません。地域における役割を考えれば、特に救急医療において求められる診療科目を充実させ、より一般的なニーズに合わせる変化が必要でした。二次救急という枠の中で考えられる疾患ならば、まずは当院で診療するという役割を、地域の皆さまのために定着させていきたいです。少し前までは脳外科専門の医師を主に配置していたこともあり、一般的に患者数が多い風邪・インフルエンザ、それから高齢者に多い肺炎などを診ることができませんでした。また、内視鏡も旧式のものしか設置していなかったがゆえに、負担や痛みの少ない胃や大腸のがん検診も行えませんでした。しかし、今はできます。病院として一定の機能はそろっていますよという、患者さんにとってより「ど真ん中」の医療を担うようになったと言えます。

―こちらの病院では、どんな診療・治療を受けられるのでしょうか?

42床の入院施設については、地域の皆さまがより気楽に使えるようにと、例えば個室料金にしても昨年までの半額へと変更しました。入院時に気になるであろうベッド等も古いものは購入し直しました。大学病院などの規模では受け入れてもらいづらい、認知症や寝たきりを始めとするご高齢の患者さんを広く受け入れることも、地域の病院として大事なことだと捉えています。内科に関しては一般内科診療を広く受けられ、ご高齢の肺炎や急な発熱などにも対応しています。外科・脳外科においては、外傷に関してはほぼすべての領域をカバーしていますし、消化器や脳の専門的な治療、手術をしています。痔や鼠径(そけい)ヘルニア等については日帰りや1泊2日など短期滞在の外科手術を受けることもできます。秋からは整形外科の診療も本格的に始まりますから、高齢の方の骨祖しょう症や腰痛などの訴えに対しても応えていきたいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細