さくら歯科・矯正歯科

さくら歯科・矯正歯科

森 徹院長

23754 df 1 main 1426664118

矢向駅からすぐ。どこか下町の温かさが感じられる町並みのなかに「さくら歯科・矯正歯科」がある。「患者さん主体の治療を心がけています」と優しい微笑みで語るのは森徹院長。すらっとした長身で、めがねの奥の瞳には、ホッとするような人懐っこさが感じられる。矯正歯科と一般歯科をそれぞれ学び、さまざまな症状に幅広く対応。患者に親身に寄り添い、小さな声にもそっと耳を傾ける。「治療後の素敵な笑顔を拝見する時が一番うれしいんです」という森院長に、日々の診療への思いや力を入れている矯正治療のこと、歯科医師をめざした理由やプライベートな話まで、たっぷりと語ってもらった。(取材日2012年5月10日)

矯正治療は、先を見据えた「前向きな治療」

―とても落ち着いた雰囲気のクリニックですね。

ありがとうございます。2008年12月の開業時、ちょっと落ち着いた大人の雰囲気のする空間を心がけました。ユニットも、できるだけ個室感を感じていただけるよう工夫したんですよ。メンテナンスなどの予防的診療や矯正治療などは、日差しのいっぱいに入る、とても明るい個室の診療室で行います。ゆったりとリラックスして診療を受けていただけるかと思います。「さくら」というクリニック名は、いろいろと悩んで決めました。桜の花はどなたでもご存知ですし、淡いピンクの色合いも優しくてきれいでしょう? 多くの方々に親しみ、なじんで、覚えやすく感じていただけたらうれしいですね。

―どのような患者さんが多く来院されるのでしょう?

やはり近隣の方がほとんどですね。ここは鶴見区の一番はずれで、ほんの50メートル先は、もう川崎市。ですから、川崎市内からも大勢いらっしゃいます。年齢層は小さいお子さんからご高齢の方まで、本当に幅広い。最近はご紹介でいらっしゃる方も増え、とてもうれしく感じています。一般歯科はもちろん、入れ歯の治療や矯正治療、定期的なクリーニングまで、来院いただく目的もいろいろ。想像以上にお口の中の状態が良い方が多く、それほど大変な状態の方はほとんどいらっしゃらないんですよ。お子さんの虫歯も少ないですしね。皆さん、本当に意識が高くなっていると実感します。最初は虫歯の治療などで来院され、引き続きメンテナンスで定期的に通ってくださる方も増えてきましたし、より一層意識を高く持っていただけるよう、僕も頑張っていきたいと思っています。

―力を入れている診療はありますか?

一番力を入れたいのは矯正治療です。例えば歯を削ったり抜いたりするのは、いわば後ろ向きの治療。削ったところは虫歯になりやすく、結局抜かなければならなくなるなど、負のスパイラルに陥りやすい。一方で、矯正治療や予防的な治療は、将来を見据えた前向きな治療といえます。できるだけご自身の歯を長く残す治療を提供するためにも、そちらをメインにしたいという思いがあります。ただ、矯正治療は費用も時間もかかります。治療しなければ痛みが出るということもないので、ある意味プラスアルファの治療です。お口の中を理想的な状態にするためにも、とても良い治療だと思いますが、決して強引にお勧めすることはありません。やはり医療は患者さんが主体となって初めて成り立つもの。患者さん自身が治療の必要性を感じなければ意味はありません。患者さんの意思を尊重することが一番大事だと思っています。

記事更新日:2016/12/15


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細