医療法人社団 翔舞会 エムズ歯科クリニック磯子

医療法人社団 翔舞会 エムズ歯科クリニック磯子

松永和幸院長
頼れるドクター掲載中

マウスピース型の装置を用いた矯正で
理想の口元をめざす

医療法人社団 翔舞会 エムズ歯科クリニック磯子

自由診療

5

笑顔の印象を大きく左右する歯並びが気になり、人知れずコンプレックスを抱えている人は意外に多いという。歯並びを気にする人にとっては人生が変わる機会になるとも言われる矯正治療だが、「見た目が気になって、なかなか治療に踏み出せずにいる人にこそ、マウスピース型の装置を用いた矯正を知ってもらいたい」と語るのは、「エムズ歯科クリニック磯子」の院長、松永和幸先生。テーブルを挟んで座った相手からほとんど気付かれないほど目立ちにくいというマウスピース型の装置を用いた矯正について、メリットやデメリットを含めて詳しく聞いた。 (取材日2019年1月15日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

この矯正には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

ワイヤーやブラケットといった金属を一切使わないため、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。従来の矯正方法と比べて痛みが多くなく、食事の時などは自由に取り外しできることから、装置の間に食べ物が詰まる心配がなく、治療中も普段通りの食事が楽しめます。また、食後にしっかりブラッシングできるので、虫歯や歯周病予防にもつながります。そして最大のメリットは、とにかく目立ちにくいこと。口元を気にせず、普通に話したり笑ったりできるため、これまで通りの生活を続けながら、見た目を気にせず矯正に取り組める方法として選択肢を選ぶ方が増えています。

どのような人にお勧めですか?

目立ちにくいという点から、アナウンサーや俳優など人前に出てお仕事をされる方や、人目が気になるという思春期のお子さんや女性、矯正期間中に就職活動や結婚式などのライフイベントを控えているという方にとても人気があります。意外に多いのは、以前、ワイヤー矯正に取組んだけれども途中で挫折してしまったという方からのご相談です。固定式の矯正治療に比べて、痛みや不快感などのストレスがかなり軽減されるため、自分に矯正治療は無理だと諦めかけている方にも、まずは気軽にご相談いただければと思います。

矯正期間や、矯正中の注意事項について教えてください。

マウスピース型装置1つごとの歯の移動が見込める距離は、最大でも0.25mmとごく僅か。矯正開始から終了まで最短距離をたどるよう設計するので、早いケースであれば数ヵ月、動かしたい歯の本数や距離、幅によってはそれよりも時間がかかります。平均的な治療期間は2年~2年半ほどで、一般的な矯正治療の期間とほぼ変わらないといっていいでしょう。注意点は1日20時間以上の装着が必須なこと。それを守れない方は、その分進度が遅れてきてしまうため、注意が必要です。

検診・治療START!ステップで紹介します

まずは丁寧なカウンセリングで不安や疑問を取り除く

来院して問診票に記入をする。その問診票を見ながら、女性スタッフのトリートメントコーディネーターが必要に応じてカウンセリングを行う。歯並びなど口腔の悩みや治療の内容、費用に関する素朴な疑問など、歯科医師には直接聞きにくい些細なことまで、遠慮せずに気軽に質問してみよう。

問診表をもとに、現状の把握とカウンセリング

問診票を見ながら診察し、口腔内の状態を確認。現在の歯並びや噛み合わせだけでなく、抜歯の必要性、顎の骨のバランス、虫歯や歯周病の有無などを確認。不安や疑問が解消されないまま矯正を進めることのないよう、口腔の悩みや矯正に対する疑問などにも丁寧に答えてくれる。矯正のメリットだけでなく、デメリットや矯正に不向きなケースについてもきちんと説明される。

検査機器を使った精密検査

矯正を行うため、口腔内検査のほか、レントゲン撮影、顔面や口腔内の写真撮影、専門の光学印象機器による3D撮影などが行われる。マウスピース型装置作製のための歯の型採りを光学スキャンで行い、その場でデータを作製会社へ送る。理想的な歯並びになるまでに何枚のマウスピース型装置が必要になるかなど、次回来院時にはシミュレーションが見られる。

モニターを見ながら、矯正計画の説明

精密検査の結果をもとに、矯正期間や費用についてさまざまな症例や資料を用いて説明を受ける。矯正の流れについては、3Dシミュレーターにもとづいて作成された動画を見ながら、完了までの歯の動きや最終的な歯並びを確認できるので、矯正に対する具体的なイメージをつかみやすい。

疑問を解消して納得ができたら、矯正開始

精密検査のデータをもとに、必要なマウスピース型装置がオーダーメイドで製作される。矯正開始後は、1週間ごとに新しいマウスピース型装置と交換。1度に約0.25mmずつ歯を動かしていくため、1~2ヵ月ごとに通院して歯の状態を確認しながら、治療を進めていく。初回にマウスピース型装置の着脱方法やメンテナンス方法についても詳しく説明をしてもらう。同クリニックには実際に矯正を経験したスタッフに直接質問できる。

料金の目安

マウスピース型の装置を用いた矯正/80万円

ドクターからのメッセージ

松永 和幸院長

相談に来られる患者さんがこれまで矯正治療をためらってきた大きな理由は、ワイヤーやブラケットなど装置が目立つこと。「目立つ装置をつけたまま学校や会社に行きたくない」という方に喜ばれているのが、こういったマウスピース型装置を用いた矯正です。当院ではアットホームな雰囲気の中、スタッフと患者さんが気軽に話せる関係を大切にし、患者さんの疑問や不安をきちんと解消した上で、はじめて治療に入ります。また、多くのスタッフが実際にこの矯正を経験しているため、親身になってアドバイスしてくれるはずです。従来のワイヤー矯正治療とはまったく異なる方法なので、気になる方はどうぞお気軽にご相談ください。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細