たけなが歯科クリニック

たけなが歯科クリニック

竹長博史 院長

頼れるドクター

22888 df 1 main 1339403278

患者が望む治療の実現のために設備を充実

―患者さんと接する際に心がけていることは?

患者さんにはリラックスして診察を受けていただけるように、ソフトかつ丁寧な態度で接することを心がけています。私は常々、「治療をしている」のではなく、「体が治ろうとする力の、サポートをさせていただいている」という意識で診療しています。体が本来持っている治癒能力を発揮できるように、雰囲気作りやコミュニケーションには常に気を配っています。ぜひ心も体もベストな状態で診療を受けていただきたいですね。

―設備でこだわっている点は?

先ほども申しましたように、私は患者さんが望む治療をすべて提供したいと考えています。それには設備や機器を充実させることは必要不可欠です。例えば、患者さんが「レーザー治療を受けたい」とおっしゃった時に、「それはできません」と言いたくありません。ですから、レーザー治療器やデジタルレントゲン、電動麻酔器などの機器・設備をそろえています。デジタルレントゲンはくっきりと写っている点だけでなく、線量が少ない点もご評価いただいています。一方、「痛くない治療」を望まれる方が多いので、レーザー治療器や電動麻酔は重宝しています。

―開業してから印象に残っている患者さんは?

入れ歯が合わないという理由で、開業初日にいらっしゃった高齢の男性です。その方に新しいものを作って差し上げたところ、大変に気に入ってくだり、多くの患者さんをご紹介してくださいました。ご自身も入れ歯の調整や世間話をするために頻繁に通ってくださいましたね。そうするうちに、いつしか歯科医師と患者さんを超えた関係になっていました。しかし、その方は何年か前に大病を患ってしまったのです。それでも体調がいい時は散歩のついでに顔を見せてくださっていたのですが、それもいつしか途絶えてしまいました。どうされているのかずっと気にしていたのですが、ある日その方の奥様から亡くなられたという連絡をいただきました。その時は古い友人を失ったような気持ちになりましたし、最後まで当院との付き合いを大切にしてくださったことに心から感謝しましたね。

記事更新日:2016/01/24


Access