求人情報ON
にし眼科クリニック

にし眼科クリニック

西 ま帆院長

22842 df 1 main 1452046058

棚にぎっしりと並べられた膨大なカルテの数を見ると、どれほど地域住民から頼られているのか想像できる。患者を愛し、患者から愛される東戸塚の女医である「にし眼科クリニック」院長の西ま帆(にし まほ)先生。治療や患者の話を楽しそうに、時に真剣な表情で話す姿が印象的だ。東戸塚駅前で開院してから13年、地域の眼科医として患者との付き合いも長く、そのありがたみと、瞳を診るということの責任を感じる日々を送っているという。院内はバリアフリーで入りやすく、気さくな雰囲気でありながら高度な機器を導入するなど、医療への意欲がそこかしこに見受けられる。自身の治療への志、そして患者やスタッフへの思いについて、たくさんのお話を聞いてきた。
(取材日2015年12月1日)

瞳の美しさに魅せられ、眼科医の道へ

―先生が眼科医の道を選んだ理由はなんでしょうか。

それは、私が医学部生だった頃の実習体験にあります。眼科医である恩師の手術に参加し、機器を通して患者さまの瞳を立体的に診た時、そのあまりの美しさに感動してしまいました。瞳にも凹凸や色味に個人差があって、それは年齢差であったり、アジアと欧米の人間では異なる特徴を持っているなど、奥が深いのです。とりわけ赤ちゃんや小さなお子さんの瞳はすごく綺麗で……瞳の中に、宇宙的な広がりを感じました。それが、私が眼科医をめざした大きなきっかけです。

―クリニックには赤ちゃんも来院されるのですか?

生後数週の赤ちゃんから、お年寄りまでと患者さまの年齡や男女差に偏りはないですね。赤ちゃんの場合、ご自宅で遊んでいる時に目をぶつけてしまったといったアクシデントや、目やにで受診されることが多いです。また、スポーツをなさるお子さんも打撲などの外傷が多いです。昼間はご年配の患者さまが白内障や緑内障の定期検査に、午後は小さなお子さんが視力検査に、そして夕方以降は会社帰りの方々が疲れ目など目に関する相談に……といった具合に、時間帯によって来院される患者さまの特徴はありますね。多くの患者さまに来院していただいて、とても光栄に思います。

―クリニックはバリアフリー仕様になっているのですね。

当院は駅前という立地の良い場所で、歩道に面した1階で開業することになったので、それなら、アクセス面だけでなく、機能面や心理面から見ても、誰もが通いやすい医院にしようと決めました。そのためにバリアフリーにして、さらに待合室の通路を広くしています。そうすることで、車いすで来院される方も診察室までスムーズに移動できます。そして、スタッフは私を含め全員女性ですから、優しい雰囲気が出るよう、院内は白とピンクで柔らかな色合いにしました。突然のけがや、目の悩みで不安な気持ちでいらっしゃる患者さまに少しでも安心していただくために、医院の構造から雰囲気まで、できることを工夫して、日々、より良い医院の環境をめざしています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細