あくわデンタルクリニック

あくわデンタルクリニック

安達 広太郎院長、安達 郁子副院長

22787

予防やメンテナンスで歯を守ることを広め、地域貢献を

―ところで、プライベートについてもお聞かせいただけますか?

【副院長】子どもがまだ小さいので、休みの日は子どもと遊びに出かけることが多いですね。2人とも海が好きで、サーフィンをやっていたんですよ。暖かくなったら家族で海に行きたいと思っています。開業してからの5年は、私は、ちょうど子育てで忙しい時と重なったので、充分にはサポートできなかったのですが、夫婦で働けてよかったなと思います。

―今後、めざすところについてお聞かせください。

【院長】予防を大切にする私たちの歯科診療が当たり前になるように、地域に広めていきたい。まだまだ時間はかかると思いますが、ぶれずに戦い続けていきたいと思います。私はそもそも医療はサービス業ではなく、医は仁術、愛なんじゃないかと思うんですよ。患者さんが望まれているけど、長い目でみると患者さんの為にならないようなことには専門家としてよりよい方法をご提案する。親が子に接するように、それが本人の為にならないのなら、そう伝えて改善を促す。時には嫌われるとしても必要なこと。いつかは分かってくれると信じて。【副院長】虫歯や歯周病を繰り返す方は生活習慣や食生活に原因があることも少なくありません。私はスタッフと共に、歯科分野だけでなく、お口の中からアプローチできる健康についての知識や情報も学び、患者さんに提供していきたいと考えています。

―先生方の真摯なお気持ちが伝わってきます。最後に、読者へのメッセージをお願いします。

【院長】女性なら納得しやすいかもしれませんが、肌や髪と同じで、歯や口の中も同じように体の一部なので、きちんと手入れをするかどうかで年齢とともに大きな差が出ます。手入れをすればするほどよい状態が維持できます。虫歯も歯周病も生活習慣病ですから、ご自身の努力で防げるものです。健康を守るのは患者さんご自身。人になんとかしてもらうのではなく、自分のこととして、とらえて下さい。自身の努力により健康を手に入れるのです。私たちはそれを全力でサポートしたいと思います。【副院長】女性、特にミセスが元気でニコニコしていると家庭全体が明るくなるものです。明るく元気になる方法の1つとして、ぜひ活用してください。健康を維持することや、きれいになることにも役立ち、少し家庭と離れてリラックスでき、また食育などいろいろな情報も得られると思います。多くの方に活用していただき、女性を元気にするクリニックになりたいと思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細