全国のドクター9,375人の想いを取材
クリニック・病院 160,980件の情報を掲載(2021年1月18日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市戸塚区
  4. 戸塚駅
  5. 戸塚駅前鈴木眼科
  6. 多焦点も単焦点もレンズが選べる患者の希望を生かす白内障手術

多焦点も単焦点もレンズが選べる
患者の希望を生かす白内障手術

戸塚駅前鈴木眼科

(横浜市戸塚区/戸塚駅)

最終更新日:2020/09/11

Top Top
  • 自由診療

白内障の治療は目の水晶体を人工レンズに取り換える手術が一般的。技術的には確立されたが、問題は説明不足と注意を促すのは、白内障手術の経験も豊富な「戸塚駅前鈴木眼科」の鈴木高佳院長だ。例えば「手術後に眼鏡をかけず遠くも近くも見る」ことなど、さまざまな患者の希望を十分にくみ取ってくれるかで、手術後の満足度は大きく変わる。そうした手術選びのポイントを聞いた。(取材日2015年6月15日)

ライフスタイルに適した見え方や眼鏡の要不要など、本人の希望に合わせた白内障手術が選べる

Q白内障はよく聞く病名ですが、どんな注意点がありますか?
A
1

▲鈴木高佳院長は、白内障手術の経験が豊富

私が注意が必要と考えるのは、病気よりも「白内障手術」の方です。白内障は加齢性で、どなたにも起こるものですから、必要以上に怖がらなくて大丈夫でしょう。進行度は違っても、高齢になるとほぼ全員が白内障といえるほどで、早ければ30、40代から症状が始まる場合もあります。一方、白内障による見えづらさは、病気で濁った水晶体を人工の眼内レンズに置き換える手術で改善できますが、一部でトラブルも起きています。原因の多くは医療機関から手術についての説明が不足していたためで、例えば「読書が趣味なのに、よく説明を受けず遠くを見る用のレンズを入れてしまい、手術後は眼鏡が手放せなくなった」といったケースが考えられます。

Qこちらではどのような説明を重視されていますか?
A
2

▲大学病院並みの手術室・検査設備が整っている

患者さんにとって一生一度の手術ですから、どのような選択肢があるかを詳しくご説明します。特に手術で使う眼内レンズ選びは重要で、現状では一定の距離に焦点が合う単焦点レンズ、遠くにも近くにも焦点が合う多焦点レンズに大別されます。当院ではご本人の趣味や生活スタイル、手術後に眼鏡をかけるかどうかなどの希望を詳しくお聞きして、近距離と遠距離どちらの焦点距離に合わせるか、眼鏡なしで暮らせるよう遠くも近くも見えるレンズにするか、といった選択肢もご紹介します。さらにほかの診療科から出されている薬もチェックし、必要なら主治医に手術の可否を尋ねる手紙を書くなど、より安全に日帰り手術ができるよう配慮しています。

Q日帰り治療法の安全性について教えてください。
A
3

▲当院では日帰り手術に対応している

当院では日帰り手術を行っていますが、それができるのは手術後の患者さんの状態が万全で、帰宅に支障がないと判断できるからです。その意味では非常に安全性の高い手術で、確かな技術はもちろん、感染症や万一の事故が起きないよう厳重に管理された手術室と設備、医師とスタッフが密接な協力体制など、優れた総合力の証といえます。

Qどのような兆候があると白内障が疑われますか?
A
4

▲一人ひとりに合わせた丁寧な検査と診療を心がける

冒頭にもお話したように白内障は加齢性の病気で、視野が曇ったりかすんだり、ぼやけたりと比較的気づきやすい自覚症状を伴います。おかしいなと感じたときに受診していただければ、治療は間に合いますからご安心ください。ただ、見えづらい原因が白内障以外のこともありますし、緑内障や加齢黄斑変性のように、自覚症状なく進行する病気が隠れているかも知れません。「年齢のせいだから」と先延ばしせず、早めに検査をしていただくことをお勧めします。当院はアットホームな雰囲気ですし、何か別の治療を押しつけたり、怒ったりすることはありませんから(笑)。近くにお住まいの皆さんに気軽にお越しいただければと思いますね。

Q白内障手術の後、気をつけることを教えてください。
A
5

▲地域密着クリニックならではの、きめ細やかな診療を実施

手術直後、眼帯は手術当日から翌朝までの一晩で大丈夫でしょう。ただし、その間は刺激を与えないため目を触らないこと。また翌日には眼帯を外し、ご家庭で目薬をさしていただきますから、さし方や1日にさす回数など詳しい資料をお渡して、口頭でもその方法を繰り返しご説明します。特に独り住まいの方は薬のタイミングを忘れやすいため、目薬の目的や効果などをわかりやすく伝え、治療に対する意識を高めていただくよう心掛けています。さらに手術後は定期的な通院も大切です。最近は診断技術の進歩で、緑内障や加齢黄斑変性の早期発見も可能になりました。定期検診によってそうした病気に早く気づき、適切な時期に治療が受けられると思います。

ドクターからのメッセージ

鈴木 高佳院長

当院は地域密着のクリニック。手術だけを受け持つ大病院とは違い、白内障の治療後も患者さんとのおつき合いは長く続くと考えています。また、先端の検査機器を導入することで、より高度な検査にも対応。白内障は加齢と共に誰にでも起こり得る病気ですが、検診を受けることで早期発見も可能です。まずは定期的な検診を受けてもらいたいですね。当院は戸塚駅前にある「トツカーナ」にありますので、遠方の方にとっても通いやすいと思いますね。また、神奈川県内に、他に4つのグループ医院があり、各医院と連携をとれることも当院の強み。より気軽に受診できる地域医療の拠点をめざしています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

2020年3月をもって、多焦点眼内レンズは先進医療特約が除外されることが決定しました。詳しい費用は当院へお問合せください。

Access