全国のドクター8,888人の想いを取材
クリニック・病院 160,973件の情報を掲載(2021年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市瀬谷区
  4. 瀬谷駅
  5. 医療法人社団順誠会 山口整形外科・内科
  6. 腫瘍内科の専門性も生かし整形外科と内科で幅広い診療を実践

腫瘍内科の専門性も生かし
整形外科と内科で幅広い診療を実践

山口整形外科・内科

(横浜市瀬谷区/瀬谷駅)

最終更新日:2021/11/15

Top Top
  • 保険診療

「山口整形外科・内科」は、膝や腰、首、肩をはじめとする慢性的な痛みや、救急の骨折・脱臼・捻挫のほか、やけどの治療、小児の整形外科疾患、スポーツによる運動器のトラブルまで幅広く対応してきた。2021年からは、日本内科学会総合内科専門医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医である山口茂夫先生が診療に加わり、内科診療をスタート。風邪や腹痛、生活習慣病の治療、新型コロナウイルスワクチンの予防接種、睡眠時無呼吸症候群の診療、アレルギーに対する舌下免疫療法も行う。また腫瘍内科の専門性を生かし、 大腸がんや乳がん、胃がんなどが心配な人の相談や、がん治療を受けた患者のサポートにも応じる。多様な診療に対応する同院の特徴を山口先生に取材した。

(取材日2021年11月2日)

整形外科と内科に対応。内科では風邪や腹痛、生活習慣病の治療のほか、がんの相談、予後の管理まで

Q2021年から診療科に内科が加わったのですね。
A
1

▲2021年から内科診療も開始

ここは、父が開業したクリニックで、地域の整形外科として幅広く対応しており、そこに私が加わって内科診療も開始しました。整形外科に通院している患者さんの内科診療から、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病から、風邪、腹痛までなんでも相談していただける総合的な内科となっています。睡眠時無呼吸症候群の検査や治療、花粉症などのアレルギーに対する舌下免疫療法など、長年悩んできたような症状や疾患の根本的治療も積極的に手がけたいと思っています。新型コロナウイルスの予防接種も行っていますし、そのほかの各種予防接種や健診も手がけていきたいですね。地域にはご高齢の方も多いので、電話によるオンライン診療も考えています。

Q専門のがん治療にも注力していくお考えだそうですね。
A
2

▲日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医でもある山口茂夫先生

腫瘍内科と遺伝子研究を専門としてきましたので、その経験を生かしたいと考えています。具体的には、問診や家族歴からがんが疑われる患者さんを的確に見つけ出し、早く専門的な検査や治療につなげていきたいです。例えば、家族性の乳がんは知られるようになりましたが、同じ遺伝子を男性が持っていると、前立腺がんになりやすいということもあります。また、がんの初期症状にも詳しいので、例えば寝汗が出るというときに、通常は疑わないかもしれないリンパ腫を疑って血液検査のデータを精査するのも当院の特徴です。またがん以外にも、家族性の高コレステロール血症など、ありふれた症状の裏に潜んでいる病気にも気づきやすいと思います。

Qどのような方が受診の対象となるのでしょうか。
A
3

▲問診や家族歴などからがんの診断をし、専門施設へ紹介している

身内にがんの患者さんがいる方、がんが心配な方、すでにがんの治療を受けた方のアフターフォロー、あと、がんサバイバーで糖尿病を患っている方の内科診療も行います。特に力を入れていきたいのは、身内にがん患者さんのいる方ですね。家族性の乳がんや、大腸がんになりやすい家族性腺腫性ポリポーシス、遺伝性副腎腫瘍、2種類以上のがんになる多重がんなど、家族性のがんは意外と多いんです。私は遺伝子に詳しく専門的なネットワークもありますので、問診と家族歴などから家族性の乳がんと診断した場合は、速やかに専門の施設をご紹介します。

Qこちらならではの取り組みやサポート体制はありますか?
A
4

▲2科で連携し、患者の生活スタイルに適した治療に注力

個々の患者さんのキャラクターに合った無理のない治療を心がけています。例えば糖尿病などの場合、その方のライフスタイルに合ったかたちで無理なくコントロールできるようにしたいですね。糖尿病治療に限らず、独居の方、お勤めの方など、その方の生活スタイルに適したオーダーメイドの治療を心がけたいです。生活習慣病の患者さんで運動指導が必要な場合は、整形外科やリハビリテーション科と連携して、当院のリハビリ室で運動していただくこともできます。また詳細な問診も当院の強みとして捉えています。高血圧が通常の治療ではなかなか下がらないというような場合も、何が原因なのかを追究し、症状改善の糸口を探すようにしています。

Q幅広い診療を行うクリニックとしてどのように成長したいですか?
A
5

▲治療法がないのではと心配な人も気軽に相談しよう

整形外科と内科を備えた総合的なクリニックをめざしたいですね。何か気になる症状や不安がある方は遠慮なく相談していただきたいと思います。一般クリニックでがんを診ている医師は、それほど多くないと思いますし、「腫瘍内科」という科は、がんだけでなくさまざまな合併症を診て、患者さんの痛みやつらさをできるだけ軽減するために努力する診療科なので、さまざまな治療法を知っています。症状から原因を見極め、解決できることもあると思いますので、「治療法がないのではないか」と諦めず、ぜひ相談いただきたいと思います。

ドクターからのメッセージ

山口 茂夫先生

以前は10年かかっていたような遺伝子分析が、今では1日でできるようになり、あらゆる病気が、遺伝子の単位で治療されたり、解明されたりする時代が近づいています。私は腫瘍内科や遺伝子研究で学んだ新しい医療を地域に根づいたかたちでご提供したいと考え、当院で診療を開始しました。そして現在は、整形外科とリハビリテーション科、内科を掲げ、健康の問題をすべて解決できるような総合的な要素を持ったクリニックをめざしています。がんが心配な方も、がんの治療を受けた方も、また一般の内科や整形外科の患者さんも、皆さんが受診しやすく、治療を続けやすい環境を心がけていますので、なんでも気軽にご相談いただければと思います。

Access