ニコタマ大腸・肛門クリニック

ニコタマ大腸・肛門クリニック

黒田 敏彦院長

頼れるドクター

21873 df 1 main 1326932185

目標は、大腸肛門の診療で頼られる存在になること

―こちらのクリニックには、数多くの患者さんが訪れているとか

私は日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医でもあるのですが、「専門医の先生に診てほしくて来た」という患者さんもいらっしゃるので、安心感につながっていると感じます。実際、開業から5年で15,000人を超える新規患者さんが来院され、2013年以降は毎年1,000件を超える大腸内視鏡検査を行っています。それだけ頼っていただけていることを、とてもうれしく思っています。

―診療する上で心がけていることは?

まずできるだけわかりやすい言葉でお話しし、「自分や自分の家族だったら、こうしてほしい」という医療を実現すること。二つ目は衛生管理ですね。以前8年間研究に従事したハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院に習い、当院でも可能な限り使い捨て器具を使用し、滅菌消毒を徹底しています。三つ目は、患者さんにとって最短で次の治療に進めることです。例えば痔核もゴム結紮で治せるものならその場で処置しますし、診察で大腸がんの疑いが強ければ、なるべく翌日までに検査をして診断をつけます。それぞれの患者さんに最速、最低限の負担で治る方法を考えるのが私の生き甲斐です。

―最後に、今後の抱負と読者へのメッセージをお願いします。

痔だと思っていたら直腸がんだったということも少なくありません。トイレで「あっ!」と思うような出血や痛みがあったら、ぜひ一度受診してください。当院がめざすのは、大腸肛門の分野で多くの方々に頼られる存在になること。「おしりや腸で困ったら、ニコタマ大腸・肛門クリニックへ行こう」と思っていただけるよう、日々真摯に患者さんと向き合い、医療に貢献していきたいです。

記事更新日:2017/02/20


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細