ニコタマ大腸・肛門クリニック

ニコタマ大腸・肛門クリニック

黒田 敏彦院長

頼れるドクター

21873 df 1 main 1326932185

多くの経験と高い専門性を身につけ、満を持して開業へ

―大腸内視鏡検査も経験と専門性が必要とされますね。

そうなんです。幸い私はこれまで多くの施設で経験を積む事ができました。当院では検査の前にまず患者さんにお聞きして、どの程度の鎮静剤の使用を希望されるかを確認しています。検査をどのように受けたいかは人さまざまで、自分の眼でじかに腸の様子を見たいという方もいれば、寝ている間に受けたいという方もおられますからね。鎮静剤を使わない場合はもちろん、軽めの鎮静をした場合でも検査中に意識があることがほとんどなので、画面を見ながら、さながらツアーガイドのように大腸の説明をしながら検査を進めます。当院では、腸を伸ばさずに内視鏡を挿入する「軸保持短縮法」を使い、挿入時の痛みや不快感を最小限にしているのでこのような検査が可能なんです。

―大腸・肛門科を専門にしようと思われたのはなぜ?

東京大学医学部附属病院第一外科に入局して最初に研修先となった、東京厚生年金病院の外科部長の先生が大腸と肛門の治療に力を入れている方で、その先生のもとで、研修医になってすぐに日本大腸肛門病学会にも入会し、この分野のエキスパートをめざすようになりました。もちろん、大学病院に戻ってからも大腸の専門グループに入り研修を積みました。最後に大腸肛門の実地診療の仕上げをしてくれたのが、開業前まで勤務した所沢肛門病院です。大腸と肛門の病気しか診ない専門病院で、まさに大腸内視鏡と肛門診療にどっぷり浸かり、自信となった2年間でした。

―恵まれた環境が大腸・肛門科専門医としての意欲を高めていったのですね。

でも実は、私と大腸との本当の出会いは、高校生の時にあったんですよ! ある日書店で、人間の便の色や硬さを表にして、こんな便ならこんな病気かも、と解説している本を偶然見つけたんです(笑)。便でここまで診断できるんだって感動しました。それで、おしりから血が出たら相談できる医者になろうと思ったわけです。

―医師を志すようになったきっかけは?

父が地元・神戸で皮膚科の開業医をしていて、その影響が大きかったです。当時はまだ皮膚科の数が少なく、父の診療所はいつも患者さんでいっぱいでした。そんな様子を見て、「父の仕事はたくさんの人から頼りにされ、役に立っているのだな」と心から感じ、自分もいつかはそうなりたいと思っていました。

記事更新日:2017/02/20


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細