医療法人社団英優會 やなぎさわ歯科

医療法人社団英優會 やなぎさわ歯科

柳沢 英明院長、大澤 和也副院長

頼れるドクター

21756

患者のクオリティ・オブ・ライフに貢献

―現在、力を入れている治療を教えてください。

【柳沢先生】幅広く対応しているなかでも、インプラントに関しては、国内外で研鑽を積んでいます。日本人はインプラントに不安を持っている人が多いですね。僕自身が勉強を続け、研鑚を積んでいることが、患者さんにとっての安心材料になればと思っています。また当院では、サージカルガイドという安全性に配慮したシステムを取り入れています。インプラントを埋める穴を削るとき、CT画像の解析をもとにシミュレーションを行い、サージカルガイドに固定して穴の位置と方向を確定させます。噛み合わせ方向にインプラントを埋入させることで、長くインプラントを使用することができます。手間やコストを惜しまず、失敗のリスクを軽減させることを重視しています。

―マイクロスコープも導入しているそうですね。

【柳沢先生】根管治療をはじめとする精密な治療のレベルを上げていきたいと思っています。歯を削る、神経を取るといった治療も、マイクロスコープを使うと視野を拡大できるので、より精密に行えて、結果もよくなると考えています。そうすることで、患者さんの歯が長持ちする治療提供が可能となります。しっかり噛めることで、認知症予防にもなりますし、食が楽しければ老後も明るいものになるはずです。

―やりがいを感じるのはどんなことですか?

【柳沢先生】自分の技術により患者さんが笑顔になられる時です。人生が変わったとまで言っていただけることもあり、そのような時にやりがいを感じます。歯がきれいになれば、ぎこちない笑顔が素敵な笑顔に変わります。歯を見せて思いきり笑えるようになっていただき、「歯がきれいですね、と言われるんです」と言っていただけるように頑張りたいです。

―大澤先生はどのようなことにやりがいを感じますか?

【大澤先生】患者さんから「ありがとう」と言ってもらえることがうれしいですね。人柄と技術の両面を評価していただけるよう努力したいです。患者さんに認めていただける時にこの仕事のやりがいを感じます。また、僕自身に子どもがいることで、親御さんの気持ちがわかったりします。例えば、お子さんに口内炎ができたとしますよね。医師の立場からすれば数日で治るものだし、心配はいらないと思いますが、親にしてみれば、子どもが苦しんでいる姿を見たら心配なんです。そういう小さな部分を拾って解決できたとき、お母さんに感謝されたり、子どもが次からも笑顔で通ってくれることがうれしいです。

記事更新日:2017/12/14

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細