全国のドクター9,228人の想いを取材
クリニック・病院 158,512件の情報を掲載(2024年5月24日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市金沢区
  4. 能見台駅
  5. ポプラアベニュー歯科クリニック
  6. 出山 文子 院長

出山 文子 院長の独自取材記事

ポプラアベニュー歯科クリニック

(横浜市金沢区/能見台駅)

最終更新日:2024/05/14

出山文子院長 ポプラアベニュー歯科クリニック main

能見台駅の改札を出て30秒ほどで行ける「ポプラアベニュー歯科クリニック」。出山文子院長は、患者がリラックスできる環境をつくることにこだわりを持つ。同院の受付では水槽で元気に泳ぐグッピーが出迎えてくれ、緑を多用した内装も緊張感を和らげてくれる。出山院長が褒め上手で穏やかな人柄だからこそ、治療に向かう意欲も湧いてくるだろう。診療内容は幅広く、同時に技術面でも研鑽を重ねている。出山院長は日本口腔外科学会口腔外科専門医。親知らずの抜歯や、顎関節症の難症例にも対応できることが強みだ。隅々まで患者への気遣いが行き届いた同院の特徴や診療ポリシーについて、出山院長にたっぷりと語ってもらった。

(取材日2024年4月8日)

気軽に通える場所で、専門的な治療を提供したい

印象的なクリニック名の由来を教えてください。

出山文子院長 ポプラアベニュー歯科クリニック1

当院は2010年に開業したのですが、気軽に足を運べるクリニックにすることをめざしていたので、まずは親しみやすい名前にすることが大事だと考えました。院長の姓を冠するクリニックも多いですが、「出山(でやま)」は読み間違えてしまう方が多いため、コンセプトに合っているとは思えず……。妙案を探している中でふと思い出したのが、私の母校である北海道大学のポプラ並木です。たくさんの緑に引き寄せられて、学生はもちろん観光客も訪れる場所だったので、そのパワーにあやかるような気持ちで「ポプラアベニュー歯科クリニック」にしました。名前にちなんで、内装もグリーンをアクセントにしています。わずかに香りが漂うレベルでアロマもたいており、患者さんの緊張をほぐし、リラックスしていただける空間をつくることに力を入れています。

診療に訪れる患者さんの世代には、どのような傾向がありますか?

当院は能見台駅にほぼ直結するビルに入っており、高齢者や会社帰りの社会人、お子さんなど、幅広い年代の患者さんがいらっしゃいます。家族3世代で通っているケースもありますね。また、私は大学時代から歯科口腔外科を専門としており、顎関節症の治療や外科的な処置が得意です。他院から難症例の抜歯などを依頼されるケースも少なくありません。予約が取りにくい大学病院に行かなくても、身近な場所で専門的な治療をご提供できることが当院の強みの一つだと思います。また、すぐ近くに部活動が盛んな高校があるため、スポーツで歯を傷つけてしまった学生さんも多いです。スポーツのパフォーマンス向上をめざす方の、スポーツマウスピースの作製に対応することもあります。

数多くの口腔外科手術を経験される中で、印象的だった患者さんはいますか?

出山文子院長 ポプラアベニュー歯科クリニック2

以前、前歯を強打してしまった20代の男性の処置をしました。前歯が脱臼して取れかかり、口の外に出てしまっている状態です。そのような場合、細菌に感染するリスクが高いため、神経を取ってから元の状態に整復することがあります。ただ、その患者さんは料理人をめざしており、前歯の神経を失うことで味覚や触覚が鈍くなってしまうと困ると言っていました。そこで、神経を保存しながら歯の位置を元に戻すため力を尽くしたことが、私にとって忘れられない経験になっています。1本の歯の損傷や病気が生死に直結することは少ないかもしれませんが、「処置の方法や精度が、患者さんの人生を大きく左右する」ということを胆に銘じて、どんな症例でも患者さんの理想に寄り添いながら、真摯に診療していくことを心がけています。

歯科口腔外科の難症例に対応、予防歯科にも力を入れる

普段、歯科口腔外科の診療ではどのようなケースが多いですか?

出山文子院長 ポプラアベニュー歯科クリニック3

歯茎が腫れたり膿が出たりする場合、根の先に炎症が起きており、歯根嚢胞という膿の袋ができている可能性があります。根管治療を続けても改善につながらない場合は抜歯が必要とされることもありますが、当院は歯根端切除術という専門的な治療を行うことが可能です。メリットは歯を抜歯せずに残すことがめざせることや、かぶせ物を外さずに治療ができることです。精度を上げて再発リスクを抑えるために、当院は歯科用のマイクロスコープで細部まで確認しながら手術を行っています。また、患者さんにとって自分の目では見えない細部の治療は不安だと思いますので、虫歯の処置や根管治療においても、マイクロスコープで撮影した患部の写真や動画を、術前と術後に確認していただくこともあります。今後もできる限り患者さんの負担や不安を取り除く努力をしていきます。

他にもマイクロスコープの活用例を教えてください。

歯の痛みに悩んでいるのに、他院では「問題ない」と診断された患者さんに対応したことがあります。確かに肉眼では異常が見られなかったのですが、マイクロスコープでのぞくと非常に微細な亀裂が歯に入っていることがわかりました。力仕事をしている方や、歯ぎしりの癖がある方は、ご自身の噛む力で歯を割ってしまうことがあります。放置しておくとひび割れが大きくなって抜歯するしかなくなってしまうのですが、早い段階で適切な治療をすれば歯を残すことがめざせます。当院ではマイクロスコープに加えて、保険適用外になりますが、歯科用の特殊なMTAセメントを使って治療します。MTAセメントは非常に封鎖性の高い材料なので、適応を調査した上で、虫歯が深く進行している場合に、神経を保護するために使用をお勧めすることもあります。

歯周病の予防や治療にも力を入れているそうですね。

出山文子院長 ポプラアベニュー歯科クリニック4

歯周病は日本人が歯を失う原因の1位だといわれています。サイレントディジーズ(Silent Disease/静かなる病気)とも表現されているように、初期症状に気づくにくく、自覚がないまま進行してしまうケースが多い病気です。抜かなければいけない状態まで悪化することを防ぐためには、やはり定期的な検診と専門的なクリーニングを受けていただくことが大事です。当院の場合、基本的にクリーニングは歯科衛生士に任せていますが、担当者を指名することもできます。治療の選択肢も幅広く用意しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

歯科医師は患者の味方であり、家族だと思って接する

患者さんとのコミュニケーションで心がけていることはありますか?

出山文子院長 ポプラアベニュー歯科クリニック5

「この方が自分の母親だったら」「自分の子どもだったら」と、患者さんのことを大切な家族だと思って向き合うようにしています。そのため、ついつい話し込んでしまって、仕事の悩みや熱中している趣味のことまで把握している患者さんも多いです。ライフスタイルを知ると症状が治りにくい理由が見つかることもあり、より適切な予防のアドバイスをすることもできますし、スピード優先の診療はしたくないと思っています。患者さんの健康を願って厳しい言葉を投げかける歯科医師もいると思いますが、私は褒めて伸ばしたいタイプなんです。前回よりもきれいに歯を磨けていれば惜しみなく称賛の言葉を送ります。歯を治療するだけでなく、予防に励むモチベーションを上げてもらうことも歯科医師の大事な仕事の一つですから。

今後のクリニックの展望をお聞かせください。

正確で高精度な診断を行える歯科用CTの導入を検討しています。以前、マイクロスコープを導入したことで予想以上に治療の精度が上がったので、慣れ親しんだ方法に固執するのではなく、これからも院内の設備と自分のスキルをアップデートしていきたいです。一方で、変わらずに守っていきたいのは、当院で働くスタッフたちのすてきな笑顔ですね。私と同じく働くママが多いので、普段からお互いに助け合いの精神で、手が空いているときは私が電話対応や洗い物を担当することもあります。子どもが体調不良の際などには、遠慮なく休みを申請できる雰囲気もつくれていると思います。スタッフが余裕を持って働ける環境を保つことができれば、その余裕が患者さんへの気遣いに還元されますし、皆さんに「行って良かったな」と思えるようなクリニックにしていきたいと考えています。

最後に、患者さんに向けてメッセージをお願いします。

出山文子院長 ポプラアベニュー歯科クリニック6

少しでもお口の違和感を自覚されている場合は、気づかないふりをしないでほしいです。「放置した状態を見せるのが恥ずかしい」と考えてしまう方もいますが、歯のトラブルは誰にでも起こる可能性があります。歯科クリニックに行く勇気がなかなか出ない方も、まずは情報を集めるだけでも一歩前に進めるのではないでしょうか。当院はホームページで、診療内容や治療方針を幅広く紹介しています。歯科医師は患者さんの味方です。我慢せず、遠慮せず、私たちを頼っていただけるとうれしいです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

スポーツ用マウスガード/2万2000円、MTAセメントを用いた歯のひび割れ治療/5万5000~11万円、MTAセメントを用いた虫歯治療/5万5000~7万7000円

Access