はっとりファミリークリニック

服部隆志 院長

21628 df 1 main 1371779389

閑静な住宅街に立地する「はっとりファミリークリニック」は、明るく爽やかな院内にキッズスペースも設けてある、院名のとおり子どもからお年寄りまで家族で通うことのできるクリニックだ。優しく出迎えてくれた服部隆志院長は、20年以上にわたり大学病院や一般病院で消化器科のエキスパートとして先端医療に携わってきた。これまでの経験を生かしながらも、地域のかかりつけ医として小児科・皮膚科などオールラウンドの医療を提供している。0歳児の子どもにも童謡を歌いながら診察をするほど、患者とのコミュニケーションを大切にする服部院長。一つ一つの質問に丁寧に答えてくれる誠実な人柄が、地域の人々から頼られている理由の一つだろう。そんな服部院長に、ファミリークリニックとして診療をする理由や患者とのコミュニケーション方法、専門の内視鏡のことまで、たっぷりと語ってもらった。

(取材日2013年3月25日)

0歳児からお年寄りまで通える“ファミリークリニック”として

―先生が長年勤めていた病院と地域のクリニックでは、どのような違いがありますか?


大学病院や総合病院にいた頃は、患者さんのお名前や症状、カルテの内容は覚えていても、すべての患者さんのお顔までは思い出せなかったり、ご家族の詳しい病歴までは把握できないことがほとんどでした。しかし、地域に根ざしたファミリークリニックという立場で患者さんと接する現在は、より患者さんとの距離が近い診療、つまりご家族単位での診療や、一人ひとりの症状に適した診療を心がけています。例えば、お子さんの咳の症状一つとっても、お父さんやお母さんもアレルギーだったな、などご家族の病歴もわかっていると、違った角度での診察の参考にもなります。

―家族単位での診療というと、具体的にはどのようなものでしょうか?


1996年頃、遺伝性大腸がんの患者さんに出会いました。この患者さんは本当に遺伝なのだろうか、という一臨床医としての素朴な疑問から、その方のポリープなどのサンプルをいただいて、ゲノムプロジェクト(遺伝子解析計画)が行われた研究所で遺伝性大腸がんの研究をしたんです。今では大腸がんの10パーセントは遺伝性といわれています。この経験を踏まえて、遺伝性大腸がんとしてのリスクが高い方には、健康であってもお話を聞いて胃や大腸の検査をしたり、乳がんや子宮がんのリスクもありますので婦人科に行ったほうがいいとアドバイスをすることもあります。遺伝性の病気もそのリスクに早く気付いて検査をし、早期発見することが大事ですから、そのような見地からもファミリーで診察させていただけるクリニックをめざしています。

―どのようにして患者さんとの距離を縮めているのですか?


幅広く診て差し上げると同時に、あまり堅苦しくならないようにしています。昔の開業医だったら、背筋をぴんと伸ばして少ししかめっ面をして、背中にはずらりと専門書を並べて、待合室や診察室ではおしゃべりをしてはいけない、という雰囲気をつくっていたところもありますよね。そうではなく、なるべくフランクに接していますし、特にお子さんには同じ目線に立てるよう、無駄と思えるほど会話をしています。この子の普段の雰囲気や性格はどうなんだろうということさえわかっていれば、次に来院したときに、症状の軽重がわかりますからね。私はまだしゃべれない乳幼児にもどんどん話し掛けるんです。つい先日も、10ヶ月のお子さんの健診をしながら童謡「犬のおまわりさん」を歌っていたんですよ。お子さんはキョトンとしていましたけれど(笑)。もちろん大人の方でも、患者さんのコンディションが健常なときはどうなのかさえ知っていれば診療に役立ちますので、コミュニケーションは非常に大切にしています。人間同士、コミュニケーションがとれると楽しいじゃないですか。いいコミュニケーションがとれて、かつ診療に役立つと、私も患者さんもお互いに満足感を得られて一番うれしいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細