神楽坂 肌と爪のクリニック

野田弘二郎 院長

21603 df 1 main 1340352415

取材当日、NHK「あさイチ」の番組内で「神楽坂 肌と爪のクリニック」の野田弘二郎院長が、ジェルネイルについての解説やアドバイスをする様子が放送されていた。野田先生は形成外科出身で巻き爪治療などを得意としているが、プロネイリストの資格を取得するなど本当の意味でトータルな爪のトラブルを診療できる稀有なドクターである。そもそも爪を専門としている医師は野田先生以外にはほとんどいないのだとか。そのため、メディアから解説や監修などのオファーを受ける機会も多い。医療ではマイナーな領域であるにもかかわらず、現在、爪で悩んでいる人の数は急増している。そんな患者たちに対し、高度な治療で応えている野田先生。多忙の折、貴重な時間を割いていただき、診療内容からプライベートに至るまで、さまざまなお話を伺った。

(取材日2012年5月11日)

医療のなかで取り残されている「爪」を、あえて専門領域として選択

―「肌と爪のクリニック」という病院名はめずらしいですよね。

当クリニックは爪の治療を専門としている私と、シミやほくろなどの美容皮膚科的な治療や手術をメインに行っている副院長の妻と、2人のドクターで診療を行っています。こういった新しいスタイルのクリニックのアイデアが浮かんだ時、どのようなサービスを提供できるのかを分かりやすく伝えることが非常に重要であると考えました。いろいろ悩んだ末、私たちがやりたいことをクリニック名にストレートに組み込むべきだと。クリニック名はコピーライターの作品ですか、と聞かれることがありますが私自身が車の運転中にひらめいたものです。当初、周囲からは「病院らしくなくて、なんだか変」と非常に不評でしたが、妻だけは支持してくれました。今にすれば思い切ってこの名前にして良かったです。何より患者さんからわかりやすいと言っていただけるからです。

―テレビや雑誌などのメディアで先生のお顔やお名前をよく拝見します。

爪の診療を専門にやっているドクターというのはほとんどいないのです。ですから爪のことで何か医学的な裏付けがほしいという場合などにお話をいただいているのだと思います。爪という領域は医学のなかでは取り残されている分野で、とても地味でもありますからあえてこれを掘り下げて取り組もうという医師もいないのでしょう。世の中的には、多くの女性がジェルネイルを楽しまれるなど爪への興味や関心は高まっているけれど、一旦トラブルが起きてもそれ的確に治療できる医療機関というのはほとんどありません。そもそもジェルネイルがどのようなものか知っている医師も少ないですしね。そういう意味でも爪のことをトータルに診られるクリニックはここくらいしかないのではないでしょうか。

―なぜ爪を専門的に診療しようと思われたのですか。

爪について悩みを抱えている方が大勢いらっしゃるのに医学的な解決法が十分に提示されていないというのが一番の理由です。もともと私は巻き爪の手術を得意としていたんですが、爪には巻き爪以外でも幅広いトラブルがあります。ネイルアートの普及などにより爪への関心が高まれば、それまでどこにも相談できずに諦めていた爪の変形をなんとかしたいと思われる方も増えるでしょうし、ネイルサロンの乱立によりトラブルも急増するはずだと。実際に始めてみると、本当にその通りでした。社会生活をするうえで、爪というのは見られる機会が多いものなんです。爪が汚れていたり変形していたりすると、例えばコンビニでお金の受け渡しをするようなちょっとした時でも爪を隠すようにしてしまう。他人に見られることをすごく意識してしまうんですね。爪というのは、なんとなく目がいってしまうものです。例えばお寿司の職人さんは爪が汚いと仕事を続けにくくなることもあるでしょう。そんなふうに仕事で支障を来たすくらい爪で困っている方は本当に大勢いらっしゃるのに、私達医療側が十分なソリューションを提供できていないというのが現状なんです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細