全国のドクター9,182人の想いを取材
クリニック・病院 158,625件の情報を掲載(2024年4月25日現在)

  1. TOP
  2. 群馬県
  3. 高崎市
  4. 高崎駅
  5. けやきの杜矯正歯科
  6. 広い知見に基づくワイヤー矯正とマウスピース型装置を用いた矯正

広い知見に基づくワイヤー矯正と
マウスピース型装置を用いた矯正

けやきの杜矯正歯科

(高崎市/高崎駅)

最終更新日:2024/04/01

けやきの杜矯正歯科 広い知見に基づくワイヤー矯正と マウスピース型装置を用いた矯正 けやきの杜矯正歯科 広い知見に基づくワイヤー矯正と マウスピース型装置を用いた矯正
  • 自由診療

近年広く知られるようになったマウスピース型装置を用いた矯正。ワイヤー矯正よりも目立ちにくい、自身で取り外しができるといったことから手軽に受けられるというイメージを持つ人もいるだろう。「どちらの装置を選ぶとしても、矯正は専門知識・技術を持った歯科医師のもとで定期的な診察を受けながら、口腔内の状態や歯の動きに合わせて進めていくことが大切」と語るのは「けやきの杜矯正歯科」の井田裕人(いだ・ひろと)院長。長年大学病院における後進の指導に携わり、ワイヤー矯正、マウスピース型装置を用いた矯正、装置別のメリットや注意点を熟知した上で一人ひとりに合った矯正を提供してきたエキスパートだ。今回は、矯正に期待できる効果、装置の選択肢やそれぞれの特徴、歯科医院選びのポイントなどについて井田院長に聞いた。

(取材日2024年3月18日)

歯並びだけでなく呼吸機能の改善なども期待できる矯正治療。専門家の診断を受け適切なアプローチを

Q矯正治療にはどのような効果が期待できますか。
A
けやきの杜矯正歯科 一人ひとりに合った矯正の提案をする井田裕人院長

▲一人ひとりに合った矯正の提案をする井田裕人院長

患者さんにとって矯正治療の大きな目的は、歯並びを整え見た目を良くすることにあると思います。しかし、矯正治療に期待できる効果はそれだけではありません。まず噛み合わせの改善が図れ、前歯で噛み切る、奥歯ですりつぶすといった咀嚼機能の向上が期待できます。また、下顎への負担の軽減を図ることで顎関節症の予防にもつながります。さらに、口呼吸から鼻呼吸への移行、睡眠時無呼吸症候群の改善や、滑舌の改善にも役立つでしょう。矯正治療にはワイヤー矯正、マウスピース型装置を用いた矯正を始めとした幅広い選択肢があります。年単位の期間を要するため、各矯正装置の特徴を理解した上で、ご自身の状況に合わせての選択をお勧めします。

Qマウスピース型装置を用いた矯正の特徴を教えてください。
A
けやきの杜矯正歯科 メリットデメリットを丁寧に説明するカウンセリング

▲メリットデメリットを丁寧に説明するカウンセリング

1日20時間以上マウスピース型装置を装着し、1週間から10日おきに装置の型を変えながら歯を徐々に動かしていくことをめざします。矯正中は定期的な受診が必須。歯科医師は歯の動きをチェックし、状況に応じて装置を調整するなどの処置を行います。マウスピース型装置を用いた矯正には、金属アレルギーでも受けられる、装置を外して歯を磨ける、口内炎になりにくい、軽度の不正咬合の場合はワイヤー矯正よりも費用負担が軽いなどのメリットがあります。結婚式などのライフイベントを控えた方も受けやすいでしょう。一方、ご自身で装着時間を管理することに加えて補助具を使うケースもあるため、矯正中の高いモチベーションが必要になります。

Qワイヤー矯正にはどのような特徴がありますか。
A
けやきの杜矯正歯科 矯正は、見た目の向上だけでなく機能の向上も期待できる

▲矯正は、見た目の向上だけでなく機能の向上も期待できる

装置を歯の前面に装着する表側矯正と、当院では対応していませんが裏面に装着する舌側矯正があります。表側矯正でも目立ちにくい白い装置を選択できますが、舌側矯正は装置が裏側に隠れるのでより目立ちにくい一方、一般的に治療期間が長くなる、装置の違和感が強いなどの短所も。ワイヤー矯正は装置を着けたままなので歯磨きに工夫が必要ですが、着脱の煩わしさがありません。また、マウスピース型装置を用いた矯正では患者さんの頑張りに頼る部分が大きい一方、ワイヤー矯正は定期的に歯科医師が調整しながら装着し続けていくため、治療がスムーズに進みやすいです。痛みはワイヤー矯正のほうがやや強く感じますが、大きな違いはありません。

Q矯正治療に適した年齢やタイミングについてお聞かせください。
A
けやきの杜矯正歯科 子どもの歯並びが気になったら早めに相談しよう

▲子どもの歯並びが気になったら早めに相談しよう

成人矯正は年齢に制限はなく、歯とその周囲の歯茎や骨が健康な状態であれば問題なく行うことが可能です。矯正に関心を持たれる多くの方が期待されるのは審美面の改善ですが、噛み合わせが整えば全身の健康にも良い影響を及ぼします。ご自身が気になったタイミングで受診されると良いでしょう。一方、小児矯正には顎の骨の成長を利用してお顔のバランスを整えていく要素が含まれ、永久歯が生えそろい顎の骨の成長が止まるまでの間しかできません。歯だけを動かすことも、骨と歯を同時に動かすこともめざせるため、成人矯正よりも治療選択の幅が広がります。お子さんの歯並びが気になったら、早めに矯正専門の歯科医師に相談されると良いでしょう。

Q矯正治療で歯科医院を選ぶ際のポイントを教えてください。
A
けやきの杜矯正歯科 矯正期間は長期にわたるため自分に合う歯科医師を見つけよう

▲矯正期間は長期にわたるため自分に合う歯科医師を見つけよう

歯並びの見た目だけでなく全身の健康を考慮して矯正法を提案し、メリットだけでなくリスクや注意点も丁寧に説明してくれる医療機関をお勧めします。また、一般歯科とはまったく異なる領域なので、矯正の専門知識・技術を十分備えた歯科医師が在籍する医療機関が良いでしょう。なお、マウスピース型装置を用いた矯正は手軽なイメージですが、ワイヤーを用いた矯正治療と比較してもより専門的な知識が求められます。さらにワイヤー矯正と同様、定期的な受診で歯の状態をチェックしてもらう必要があることを知っていただきたいです。極端に費用負担が軽い場合、装置の機能や診療体制に不十分な点がないか確認してください。

ドクターからのメッセージ

井田 裕人院長

矯正治療は高額な費用がネックとなり、ご相談に来られても矯正開始に至らないケースも。しかし将来のご自身の健康、あるいはお子さんの健康への投資として、前向きに検討していただきたいです。また、歯科医院選びが難しいと感じる方も多いと思います。さらに矯正治療の結果は歯科医師の知識や技量に大きく左右されます。カウンセリングの段階で疑問や不安に丁寧に答えてくれるか、矯正治療の大変さも含めしっかり説明してくれるかなど、診療スタンスを見極めておくことも大切でしょう。当院ではカウンセリングは無料ですのでお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/53万円〜、ワイヤー矯正(表側矯正)/95万円~、ワイヤー矯正(小児矯正)/42万円~

Access