あやこいとう クリニック

あやこいとう クリニック

伊藤 史子院長

頼れるドクター

21500

健康で若々しく過ごせる情報やノウハウを広く発信

―これまでで何か心に残ったエピソードはありますか?

昭和大学医学部を卒業してすぐ、日本医科大学附属病院の高度救命救急センターに勤務していたのですが、当時、地下鉄サリン事件など一連の事件があり、真っ先に現場に入っていったのが私たちのチームだったのです。救命救急センターはいわば戦場のような雰囲気なのですが、そんな中で、先輩たちから私の存在はオアシスのようだと言われたことが印象に残っています。のんびりした性格なので、そう見えたのかもしれませんね(笑)。もう一つ、12~13年前、とある病院の婦長さんの方が更年期障害で受診されたのですが、ホルモン補充療法によって体調を回復されて、娘さんから「太陽が戻ってきた」と喜んで連絡をいただいたときは、私もうれしかったですね。

―ところでお休みの日はどのようにお過ごしですか?

趣味はスポーツで、冬はスキー、夏は海にとアウトドアが大好きです。学生時代は競技スキーを本格的にやっていて、東日本で一番になったこともあるんですよ。海では最近ディンギーやボディーボードに熱中しています。できるだけ子どもと一緒に遊んであげたいという気持ちが強いので、家族旅行にもよく行くようにしています。人生において健康は何よりの財産です。クリニックで診察するのも、自分が元気で若々しくなければ説得力がありませんよね。オリジナルのサプリメントも活用しながら、自分が実践してよいと思った健康に役立つ情報を積極的に提供していきたいですね。

―最後に、今後の展望をお願いいたします。

今後、高齢者が増えていく中、体調不良を起こす方も多くなると思いますが、そんな方ばかり増えると、日本の国自体が弱ってくると思います。「年齢のせいだから」「更年期だから」と諦めるのではなく、そうした不調はナチュラルな方法でいくらでも改善できるのです。ご自身の健康を大切にして、ポジティブに人生を楽しめる方法、健康維持のために知っておくと良い情報、知らないと損をしてしまう知識やノウハウはいくらでもあります。そういった情報を多くの人に発信して、またその方が別の方に発信するというように、有益な情報の輪を広げていきたいですね。そして多くの方に元気にニコニコしながら暮らしていただきたいと願っています。

記事更新日:2017/10/26


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細