武本歯科クリニック

武本雅彦 院長

21473 df 1 main 1418690690

天王町商店街を歩くと、「武本歯科クリニック」の看板が目に入る。最寄駅は天王町駅だが、星川駅からもアクセスのしやすい立地だ。2010年に改装した同院は、CTの導入、特注のオペ専用ユニットなど、先端の機器がそろい、先進の治療が受けられると評判だ。院長を務める武本雅彦先生は、「患者に嘘をつかない」というモットーで、日々診療にあたる熱いドクター。時折冗談を交えながら話す武本院長だが、患者の口腔内環境を整えることを第一に考える姿勢から、誠実でまっすぐな人柄がうかがえた。インプラント治療を得意とするだけに、インプラント治療前の歯周病治療や、先端機器を駆使したシミュレーションには余念がない。そんな武本院長に、診療で大切にしていることや、インプラント治療を始めたきっかけ、歯を健康で維持するためのアドバイスなど語っていただいた。
(取材日2011年5月9日/再取材日2014年11月27日)

インプラント治療はあくまで選択肢の一つ

―とてもきれいなクリニックですね。

ありがとうございます。もともとの開業は1999年ですが、2010年8月に改装して、今の内装になりました。先進の歯科医療を提供できる場をめざし、機器も先端のものを導入、CTなども完備しました。オペ室のユニットは特注で作っていただいた世界に1つしかない最高グレードのもの。青色が好きなので、ユニットも青にしたのですが、他院ではあまり見かけない色なので、患者さんもとても印象に残るようです。オペ室に限った話ではありませんが、衛生管理面にも重点を置いていますので、安心して治療を受けていただけると思います。院内のインテリアは良い意味で歯科医院らしくない、落ち着いたモダンな雰囲気にしたくて、モノトーンでまとめました。待合室はホテルのロビーをイメージしたんですよ。患者さんは、やはりお近くにお住まいの方が中心。お子さんから高齢者の方まで、さまざまな年齢層の患者さんがいらっしゃいます。

―先生が注力されている、インプラント治療について教えてください。

CTを導入しているのも、詳細な診査・診断をし、きちんと確実性を持ってインプラント治療をしたいと思ったからなんですよ。ただ、勤務医時代の僕は、そういった人工物を生体に入れる治療を受け入れることができず、むしろ否定的な考え方でした。でも、ここで開院して診療をするうちに、その考え方はどんどん変わってきたんです。歯の欠損部位をどうやって治療するかと考えた時、従来のブリッジなどの方法では周辺の歯の健康も損なう場合がありましたが、インプラント治療であれば、その部分単独で処置し、長期的に機能させることができます。診療の幅が広くなることに気付き、インプラント治療の確実性と予知性の高さを知れば知るほど、その必要性を感じるようになってきたんですよ。それからは、本当にいろいろと勉強しました。アメリカのミシガン州立大学に実習を兼ねて短期留学をし、セミナーに参加したり、治療の様子も見学してきました。今では僕自身が指導する立場になり、インプラント治療についてまとめた冊子も作って、患者さんにお配りしています。新しい治療法に出会うということは、僕自身もたくさんのことを学ばなければいけないということ。さらにステップアップし、成長する大きなきっかけになったと思いますね。ただ、インプラント治療は、あくまでもいろいろな治療方法があるなかでの選択肢の1つです。最終的にインプラント治療を選ばれるにしても、そこに行き着くまでの基本的なさまざまな治療や過程が最も大事になってくるのは当然のこと。ですから、「インプラントセンター」と掲げてはいますが、まずは歯周病であれば治療を先に行い、治療前にコンピューターによるシミュレーションで経過を予測するなどは欠かせません。

―診療する上で一番心掛けていらっしゃるのはどんなことでしょうか?

絶対に患者さんに嘘を言わないことです。例えば、セカンドオピニオンでいらした患者さんのレントゲンを見ると、歯の根の部分など目に見えないところの治療がきちんとされていないことがよくあります。「他院で抜歯するしかないと言われた」という方も、CTを使ってしっかり検査すると、その必要性がないという場合もあります。そういう安易な判断をする歯科医師が、僕には理解できないんですよ。僕は、残せる歯は絶対に残すことを基本にしていますから、何でも抜いてしまって「インプラントにしましょう」というような治療は絶対にしません。歯周病治療や根管治療なども、CTを撮って詳しく調べると状態がよくわかりますから、目に見えない部分に関しては、そうやってきちんと検査をし、わかりやすくご説明するようにしています。いかに患者さんを大事にするかを考えるのはとても大切なこと。日常的な診療を繰り返すなかでマンネリ化し、患者さんに厳しいことを言ったり、態度に出てしまったりすることのないよう、常に自分自身を戒める気持ちを忘れずにいます。とにかく、僕は妥協のない治療を心掛けているんですよ。そこが、こだわっている部分でもありますね。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細