全国のドクター9,080人の想いを取材
クリニック・病院 159,391件の情報を掲載(2023年12月04日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 目黒区
  4. 学芸大学駅
  5. 碑文谷デンタルオフィス
  6. 高い精度と安全性をめざす専門的なインプラント治療

高い精度と安全性をめざす
専門的なインプラント治療

碑文谷デンタルオフィス

(目黒区/学芸大学駅)

最終更新日:2023/11/15

碑文谷デンタルオフィス 高い精度と安全性をめざす 専門的なインプラント治療 碑文谷デンタルオフィス 高い精度と安全性をめざす 専門的なインプラント治療
  • 自由診療

歯を失った際の選択肢として、入れ歯やブリッジと並んで身近になってきた「インプラント」。顎の骨にインプラント体を埋め込むため、天然歯のような噛み心地が期待できる治療法だ。他の歯に負担をかけない点も大きなメリットといえる。「碑文谷デンタルオフィス」の坂本圭院長は、大学病院で8年間にわたりインプラント治療に携わり、現在も東京歯科大学の口腔インプラント学講座で非常勤講師を務めている。麻酔科の医師や歯科技工士と連携して、高い精度と安全性をめざし続ける坂本院長に、専門分野であるインプラント治療について話を聞いた。

(取材日2023年10月31日)

豊富な経験を生かした専門的なインプラント治療。精度と安全性の向上を図りつつ機能と美しさの両立をめざす

Q先生は大学病院でインプラントを専門に学ばれてきたそうですね。
A
碑文谷デンタルオフィス インプラント治療について研鑽を積んできた坂本院長

▲インプラント治療について研鑽を積んできた坂本院長

はい。私は東京歯科大学の出身なのですが、卒業後は同大学の大学院でインプラントについて深く学んできました。今も母校の口腔インプラント学講座で非常勤講師を務めております。大学病院には骨造成や先天性欠如歯への治療など、近隣のクリニックでは対応が難しいような症例にも数多く携わってきました。このように私はインプラントの分野で研鑽を積んできましたので、開業後もインプラント治療に力を入れています。大学病院での8年間の経験を生かし、高度な治療を提供していきたいですね。

Qこちらでのインプラント治療の特徴について教えてください。
A
碑文谷デンタルオフィス CTによって、精密に口腔内を把握し、治療計画を立案

▲CTによって、精密に口腔内を把握し、治療計画を立案

大学病院とは設備が異なりますが、同レベルの治療を提供できるよう心がけています。手術に伴う痛みを気にされる方もいらっしゃいますが、当院では麻酔科の医師の立ち会いのもと、静脈内鎮静法を用いて手術を行っています。ただし、リスクが高いと判断した場合には無理な治療はいたしません。例えば多量の骨造成が必要なケースや、大量出血が予測されるようなケースですね。その場合は、東京歯科大学や設備の整った病院と連携して治療を進めています。また私は審美歯科の分野でも経験を積んできました。機能と見た目の美しさの両立をめざせるのは当院の強みです。

Q入れ歯からインプラントに変えることはできるのでしょうか?
A
碑文谷デンタルオフィス 外科手術になるため、健康状態の把握が重要

▲外科手術になるため、健康状態の把握が重要

外科手術を受けられる方ならば、たとえ歯が1本もない総入れ歯の方でも、インプラント治療を受けることが可能です。もし全身疾患で治療中の方、薬を服用されている方がいれば、事前にお聞かせください。インプラントを検討されている方には、「インプラントは万能ではなく、手術の成功率は100%ではない」ことを知っていただきたいと思います。入れ歯にもインプラントにもメリット・デメリットがあり、「入れ歯でのお困り事は何なのか、それはインプラントで解決できるのか」を考える必要があるんですね。ライフスタイルも考慮しながら、一緒に良い方法を見つけていきましょう。

Q入れ歯やブリッジとの違いを教えてください。
A
碑文谷デンタルオフィス 患者一人ひとりに合わせた提案を行う

▲患者一人ひとりに合わせた提案を行う

顎の骨にインプラント体を埋め込みますから、天然の歯のような噛み心地が期待できます。また、他の歯の支えを必要としないため、他の歯に負担をかけることもありません。この2点が入れ歯やブリッジと比較した際の、インプラントで期待できる大きなメリットです。歯磨きもこれまでどおりにできますね。逆にデメリットを挙げると、外科手術が必要であることと、費用が高額になること。インプラントはQOLの向上をめざせる治療法ではありますが、費用・期間・術後のケアまで理解した上で受けることが大切です。

Qインプラントを入れた後のメンテナンスも重要だそうですね。
A
碑文谷デンタルオフィス 長持ちさせるためには、定期的な通院が大切

▲長持ちさせるためには、定期的な通院が大切

天然の歯と同じく、インプラントにも定期的なメンテナンスが必要です。日々の生活で汚れはつきますし、放置すると炎症を起こしかねません。当院ではクリーニングにも力を入れ、担当の歯科衛生士がエアフローを用いて汚れをしっかり落としながら、口腔内をチェックしています。エアフローとは、パウダーを歯の表面に吹きつけて汚れを落とす歯面清掃器で、超音波やスケーラーの使用を最小限に抑え、歯に傷をつけにくいというメリットがあります。完全個室の落ち着いた空間で、リラックスしてプロのケアを受けていただけます。まれに埋入したインプラント体やかぶせ物に不具合が生じることもあり、その早期発見にもメンテナンスは有用です。

ドクターからのメッセージ

坂本 圭院長

私は長年インプラントを専門としてきましたから、その良さも適応範囲の広さも十分に理解しています。ですが歯を失った際の選択肢には入れ歯やブリッジもありますし、その方に適した治療は人それぞれです。「こんなはずじゃなかった」と患者さんが後悔してしまうことは避けなくてはなりません。当院では費用や期間についても事前に詳しくお伝えし、インプラントの特性を理解した上で治療を選んでいただいています。高い精度と安全性、そして機能と美しさの両立を追求しているのが当院のインプラント治療の特徴です。不安や疑問があればなんでもご質問ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/49万5000円~、GBR/5万5000円~、ソケットリフト/2万2000円~、サイナスリフト/14万3000円~、静脈内鎮静法/8万8000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access