大森赤十字病院

中瀬 浩史院長

21315

―患者の受け入れ時はどんなことに注意されていますか。

高齢化社会になり、複数の病気をもつ患者さんが、医療機関を並行して受診されるケースが増えてきました。ですから紹介元の医療機関だけでは、その方の病気や症状をすべて把握しきれない可能性があります。そこで当院では、患者さんに病歴や薬歴をヒアリングする時間を設けました。紹介患者さんが来院され、受付が済んだら、まず情報室にお通しします。そこで、処方されている薬をきちんと飲んでいるか、放置している薬がないかなどをベテラン看護師が丁寧にお聞きして、すべて電子カルテに記録していきます。誤飲や副作用につながるため、多剤併用には特に注意を払っています。あらかじめ患者さんの情報を明確にすることで、薬の服用における患者さんご自身の危険性を減らすことはもちろん、医師の適切な診察やその後の治療、手術などに役立てているのです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細