京浜病院

熊谷 頼佳院長

21220 df 1 main 1408959295

「患者さんとご家族に笑顔を取り戻していただくために、オリジナリティあふれる認知症ケアを行っています」と力強く語る「京浜病院」の熊谷頼佳院長。小児科の医師で医療行政にも関わった祖父、エンジニアから外科の医師に転身した父の後を継いだ3代目だ。脳神経外科を専門に東京大学病院などで臨床研究に携わった後、父を手伝う形で病院経営に参画し、1992年から院長を務める。それまで同院は救急病院として急性期患者の受け入れをメインとしていたが、医療制度の変遷に伴い介護療養型病院へと転換。独自の認知症診療とケアを次々に展開していった熊谷院長は、患者だけでなく地域の医療関係者からも注目を集める存在となった。認知症や地域医療に関わる著書も多く、院外活動にも注力。「とにかく人が好きなんです」と話す笑顔には、親しみやすい人柄が表れている。一方で、「当院を拠点に、羽田地域を介護サービスの一大集積地にしたい」という壮大を展望を持つエネルギッシュな一面も。多くの患者や家族に慕われ、各地から患者が集まることが納得できる頼もしいドクターだ。(取材日2014年8月7日)

患者の笑顔を支える独自の認知症ケア

―病院の成り立ちを教えてください。

小児科の医師だった祖父が本郷で開業後、「子どもたちを空気のよい海岸近くで育てたい」とこの地へ移転しました。父は、一度は医学部に入学したのですが、エンジニアの夢を捨てられず工学部へ入り直し技術者になりました。しかし祖父が他界したため、再度別の医学部へ入学し、医師になりました。もともとエンジニアですから、力学的な計算力を生かして新しい手術式を発表したり、工学的な経験が生かせる医療として人工透析に早くから取り組んでいたりしていました。かつては外科、内科、整形外科、脳神経外科などを扱う救急病院として、また寝たきりや認知障害のある重症患者さんなどの引き受けを行っていましたが、現在は医療費削減時代の影響をうけ、介護療養型医療施設として運営しています。それまで培った重度の脳神経疾患や認知症や意識障害、栄養障害などへの研究成果を発揮して、大学病院や急性期の救急病院から患者さんを受け入れています。

―先生が医師を志したのも、ご家族の影響からでしょうか。

自然と医学部を選んでいましたね。脳神経外科へ進んだのは、昔放送していたアメリカのテレビドラマの主人公が脳神経外科で働く姿に憧れていたから。大学卒業後は東京大学の脳神経外科に入局し、関連病院などで研究生活を送っていました。1984年に父が新京浜病院を立ち上げると聞いて手伝うことになり、勤務医を離職。今日に至っています。祖父、父、私は性格も専門分野も違うのですが、祖父は「子どもを救いたい」、父は「人の役に立ちたい」、私は「お年寄りが好きで笑わせたい」と、人が好きなところは共通しています。診療時、認知症の患者さんやご家族と話す際は「抱え込んで苦しまないでください。あなたは一人ではありません」と伝えています。また、認知症にはいろいろな病態があり、治せるケースも少なくありませんので、「まず認知症を理解し、そしてどうか諦めずに、適切な診療とケアを行っていきましょう」ともお話しています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細