全国のドクター9,337人の想いを取材
クリニック・病院 160,994件の情報を掲載(2020年11月30日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市港南区
  4. 上永谷駅
  5. 医療法人社団 野庭中央診療所
  6. 循環器疾患にもつながる生活習慣病は早期から継続的な治療を

循環器疾患にもつながる生活習慣病は
早期から継続的な治療を

野庭中央診療所

(横浜市港南区/上永谷駅)

最終更新日:2020/09/15

Top Top
  • 保険診療

欧米型食生活への移行、自動車の普及などによる運動不足の加速、過重労働やストレスによる睡眠不足やその質の低下など、現代における生活習慣の変化が一因として指摘される生活習慣病。糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などを例とする生活習慣病は、自覚症状をほとんど伴うことなく進行しながら、重篤な病気のリスクにもつながる注意が必要な病気だ。その治療に積極的に取り組んでいるのが「野庭中央診療所」の渡邊淳一郎院長。専門である循環器疾患を軸に、広く地域に密着した診療を続けているドクターだ。生活習慣病の治療における大切な心構えや循環器疾患との関連などについて、詳しく解説してもらった。 (取材日2019年10月2日)

重篤な循環器疾患にもつながる生活習慣病は、早期発見・早期治療が大切

Q貴院では生活習慣病の治療に力を入れているそうですね?
A
1

▲定期的な検診と継続した受診が重要だと語る院長

高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などの生活習慣病は、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症など命に関わる病気にもつながる注意が必要な病気です。これといった自覚症状が少ないので、病識を持たないまま進行させてしまう方が多い病気でもあります。当院では投薬と生活指導を軸とした生活習慣病の診療に積極的に取り組んでいます。命に関わるような恐ろしい病気を回避するためにも、最低年に一度は健康診断を受けて、ご自身の生活習慣病のリスクを知り、必要に応じて継続的な診療を受けていただきたいと思います。

Q生活習慣病は循環器疾患にも関わってくるのですね。
A
2

▲循環器に関わる多様な検査機器がそろう

生活習慣病は体の各部で動脈硬化を進行させますから、心筋梗塞、狭心症や下肢閉塞硬化症、腹部動脈瘤といった循環器疾患とは非常に深い関わりがあります。当院では心臓超音波検査機やホルター心電図検査機を取りそろえ、循環器疾患を早期発見・早期治療につなげられるよう取り組んでいます。放置してしまうと重篤な症状を引き起こす可能性もあるのが循環器疾患の恐ろしさです。息切れなどを「年のせいだから」と見逃す方もいらっしゃるようですが、たいへん危険なこと。自覚症状がなくとも、ちょっとした不具合や違和感を感じたり、近親者にこうした疾患を持つ人がいたりするなどの場合には、お気軽にご相談いただけたらと思います。

Qどういう症状があったら受診すればよいのでしょうか?
A
3

▲早めの受診・相談を呼びかけている

先にお話ししたとおり生活習慣病ではこれといった自覚症状が出ないことがほとんどです。生活習慣に不安がある、近親者に罹患者がいるなどの場合には、ぜひご受診をお勧めします。また、循環器疾患ではよく知られている動悸や息切れ、胸の痛みに加えて、肩や胃、喉やふくらはぎの痛みや止まらない咳を訴える方も多くいらっしゃいます。こうした症状は風邪や疲労、加齢のせいなどと軽視されがちですが、その陰に大きな病が隠れていることもあるのです。どのような症状でも先入観から原因を探ることなく放置するのは危険なことです。気になる症状があれば、まずは思い込みを捨てて、一度はきちんと受診していただきたいと思います。

Q日常生活ではどんなことに気をつければよいでしょうか。
A
4

▲食生活や生活習慣についても丁寧なアドバイスが受けられる

生活習慣病の改善には食事と運動、睡眠といった生活習慣の見直しが大切です。とはいえ、すべての生活習慣病が生活上の悪習慣に起因するわけではありません。例えば遺伝的に生活習慣病の因子を持っている方など、どんなに生活習慣を整えても、血圧や血糖、血中脂肪などの数値が変わらないという方もいらっしゃいます。無理のない範囲で生活習慣に気を使うことはもちろん大切ですが、それと同時に継続的に病院を受診し続けることも重要なのです。中には「数値が良くなったからもう受診は必要ない」と通院を中断してしまう方もいます。しかし、それぞれの薬の作用などを把握し、のちの治療に生かすためにも、継続的な通院をお勧めします。

ドクターからのメッセージ

渡邊 淳一郎院長

生活習慣病は長く付き合う必要がある病気です。状態のコントロールができていれば良いことですが、その後も状態を維持するためには、やはり継続的な通院で状態を確認することが不可欠になります。生活習慣病はとにかく悪化させないことが重要。一度治療を中断してしまったからと、その後の治療を諦める必要もありません。気づいたタイミングで、できるだけ早く適切な治療を受け、状態をキープしていくことが大切なのです。当院では循環器系の検査機器に加えて、呼吸器系の検査機器もそろえ、消化器系検査は信頼できる機関と提携するなど、病気を見逃さないための体制を幅広く整えています。気がかりをお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。

Access