全国のドクター9,184人の想いを取材
クリニック・病院 160,574件の情報を掲載(2023年1月27日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 墨田区
  4. とうきょうスカイツリー駅
  5. すみだ運動器リハビリテーションクリニック
  6. スポーツ経験者の医師と理学療法士捻挫も早く治すには受診を

スポーツ経験者の医師と理学療法士
捻挫も早く治すには受診を

すみだ運動器リハビリテーションクリニック

(墨田区/とうきょうスカイツリー駅)

最終更新日:2023/01/25

Main Main
  • 保険診療

スポーツ競技とケガは、常に紙一重の関係にある。そしてそのケガは、靱帯損傷・半月板損傷などの大きなものだけに限らない。「小さなケガや違和感の積み重ねが、結果として疲労骨折などの大きなケガを引き起こすことが多くあります。ちょっとしたことであっても、地域の整形外科に相談する手間を惜しまないことが、健康な状態で長くスポーツを続けていくためには必要なことなのです」と気遣いを見せるのは「すみだ運動器リハビリテーションクリニック」の清水禎則院長だ。院長自身も相撲を競技として嗜み、所属する理学療法士2人はスポーツでのケガから復帰した経験をもつ。「だからこそスポーツを愛する患者さんの心に寄り添えるのだと思います」と語る院長に、同院で行うスポーツ整形外科の特徴などについて詳しく話を聞いた。

(取材日2022年12月26日)

大きなケガにつながる小さなケガを放置しない。予防のアドバイスや、土俵でのリハビリテーションも

Q貴院ではスポーツ整形外科に注力されているそうですね。
A
1

▲日本整形外科学会の整形外科専門医資格を保持している清水院長

はい。整形外科が対応する疾患は幅広く、日常生活で起きる痛みや体の動かしにくさ、交通事故でのケガなどはもちろんのこと、体を激しく使うスポーツでのケガやその手術後のリハビリテーションなどにも対応しています。私は「スポーツ医学に関わりたい」と考え整形外科を選んだこともあり、日本整形外科学会の整形外科専門医資格を保持しており、さまざまな症例の治療や論文発表にも力を入れてきました。加えて私自身が相撲を趣味として嗜んでいますし、理学療法士もスポーツ経験者です。スポーツに思い入れのある方の治療やサポートにも、スタッフ一同、全力で取り組んでいます。

Q具体的に、どんな疾患を診てもらえますか?
A
2

▲日常的な疾患からスポーツによる疾患まで幅広く対応

日常生活的なデスクワークでの坐骨神経痛や五十肩(肩関節周囲炎)はもちろんのこと、スポーツであれば肉離れや疲労骨折、半月板損傷、靱帯損傷などさまざまなご相談があります。理学療法士はスポーツ経験者であり、さらにスポーツでのケガによる手術と、その後のリハビリテーションも経験しています。ですので通常の患者さんだけではなく、スポーツに取り組む学生さんやプロの選手の方のお気持ちも、十分に理解し、寄り添えるのです。特にスポーツは、長く続けていくことを視野に入れて治療やリハビリテーションを行う必要があるため、プロの方や、小学生くらいでこれから長く競技を続けたいという方にはぴったりの相談相手になると思いますよ。

Qリハビリテーションについて教えてください。
A
3

▲理学療法士によるリハビリテーションを行う

私が検査や診察で診断をつけた後に、理学療法士に引き継ぎます。理学療法士は、身体構造とその機能を専門的に勉強して得られる専門性の高い資格。医師よりも精通している部分もあると感じています。その知識や経験をもとに患者さんの状態や治療の進み具合など、お一人お一人に応じたオーダーメイドのきめこまやかなプログラムを組み、運動療法や日々の生活、またはスポーツでの注意点などをアドバイスするのが彼らの仕事です。前述したようにスポーツでのケガや手術の経験をしているスタッフもいるため、患者さんに対しても「競技中、具体的に何に注意すべきか」などをアドバイスできる点は、当院の理学療法士の大きな強みであると感じています。

Qケガや痛みを放置したままだと、どんなリスクがありますか?
A
4

▲治りづらくなる前に整形外科へ治療や相談をしてほしいと話す院長

スポーツを最終的に諦めざるを得なくなる大きな原因は、小さなケガの積み重ねです。足関節の捻挫は回数を重ねるとクセになりやすいのですが、それを防ぐためにはごく初期での治療が非常に重要になります。「いつものケガだから」「ちょっとの痛みだから」と放置しておくと疲労骨折などのケガになっていることもありますし、その積み重ねがいずれ、動きを制限する原因になったり、スポーツや競技自体を諦める要因にもなりかねません。それに治療までの期間が長いと、治療の期間も長くなります。大好きなスポーツ、将来をかけた競技を続けていくためにも、小さなケガこそ侮らず、整形外科できちんと治療や相談をしてほしいと切実に思います。

Q貴院でスポーツ整形外科を受診するメリットは何でしょうか?
A
5

▲さまざまな患者の心と体に寄り添いながら診断を行う

「安全にスポーツを続けるためにはどんな考え方が必要なのか?」という疑問に予防医学の面からアドバイスできる点が最も大きいと考えます。検査をして大したことがなければ、それは良いこと。引け目を感じる必要は一切ありません。「ケガをしたら行く」ではなく、その前の「ケガかもしれないから検査して、適切なアドバイスをもらおう」という意識が大事なのです。また当院では相撲の土俵を使ったリハビリテーションも取り入れています。板の床ではなく土を踏みしめることで下肢のトレーニングにつなげるこのリハビリテーションは、今は主に力士の方が行っていますが、一般の方でも可能です。興味のある方はぜひお気軽にお声がけください。

ドクターからのメッセージ

清水 禎則院長

大きな病院であればMRIなどの施設も十分にある一方、予約まで日にちが空いたり、ちょっとした相談に行きづらいという方も多いでしょう。そういうときに当院のような地域のクリニックが役立てるのだと考えています。体を使って鍛錬し、楽しみ、高めていくスポーツ。しかしその楽しさは常にケガと紙一重のところにあります。競技それぞれの特性や起こりやすいケガなどもありますから、ケガの治療だけではなく「どうやってスポーツを続けていくか、そのためには何が必要なのか」を知る場所としてもぜひご活用ください。地域のクリニックだからできることを、皆さんの心と体に寄り添いながら行っていきます。どうぞ気軽にいらしてくださいね。

Access