全国のドクター8,591人の想いを取材
クリニック・病院 161,524件の情報を掲載(2019年11月15日現在)

おおたけ眼科

おおたけ眼科

工藤麻里院長

医療トピックス

コンタクトやメガネの煩わしさと決別
裸眼で視力を矯正できるオルソケラトロジー

おおたけ眼科

20277 mt 1 title 1410243554

コンタクトレンズやメガネの煩わしさから解放されたい。しかしレーシック手術を受けるのには抵抗を感じる……。そんな悩みを抱えている人に、ぜひ知って欲しいのが「オルソケラトロジー」という角膜矯正療法。高酸素透過性の特殊なレンズを就寝時のみ装着することで、角膜を形状矯正して視力を回復させるという画期的な方法だ。日本でいち早くオルソケラトロジーに着目し、その療法に10年以上携わってきたという「おおたけ眼科」の工藤麻里院長に利点や特徴をお聞きした。(取材日2014年8月18日)

特殊なレンズを夜間に装着するのみで視力が回復。角膜を傷つけず、施術後のトラブルも少ない安全な方法

オルソケラトロジーとはどのような治療法ですか?

20277 mt 1 q1 1410243554 ▲回復した視力は一定期間維持されるので、徐々に裸眼で過ごせる時間が長くなる 特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズ「オルソ・ケーレンズ」を用いて、角膜の形状を矯正して視力を回復させる角膜矯正療法です。大きな特徴は、就寝前にレンズを着用して朝起きたら外すという、コンタクトレンズとは逆の使い方をするということです。つまり日中は裸眼で過ごすことができるので、コンタクトレンズやメガネのような煩わしさがないのです。角膜を傷つけずに近視と乱視を矯正できる画期的な療法として、現在は世界中で注目されています。日本にも徐々に浸透してきており、ここ数年は口コミやインターネットでこの方法を知って、施術を希望する方が増えています。まず検査やカウンセリングを実施し、レンズを挿入した翌日と1週間後に健診に来ていただきますが、その後は1ヶ月後・3ヶ月と徐々に検診の間隔を空けて大丈夫です。

オルソケラトロジーによる治療のメリットを教えてください。

20277 mt 1 q2 1410243554 ▲レーシックとは異なり、使用をやめれば視力が元に戻るという点でも安心 一番のメリットは、レンズを装着するのは夜間のみなので、日中を裸眼で過ごすことができるということです。スポーツを安全に思い切り楽しむことができますし、メガネやコンタクトレンズのトラブルに悩むこともなくなります。レーシックのようにレーザー手術をする必要がないので、角膜を傷つけずに済みますし、手術に抵抗がある方にもおすすめです。近視の進行を抑制し、裸眼視力の向上も期待できます。コンタクトレンズと違って、着用するのは就寝中なのでレンズ紛失の可能性が低いのも魅力です。オルソケラトロジーの場合は、夜間レンズを着用しているときもある程度は見える状態です。つまり、コンタクトレンズのように「外した瞬間に全く見えなくなる」という心配もないのです。

年齢や性別を問わず、誰でも受けられる治療法ですか?

20277 mt 1 q3 1410243554 ▲「スポーツに集中したい」という若者が施術を希望するケースが多いという レーシックはクリニックによっては、未成年は手術を受けられないこともあります 。未成年は成長段階にあるため、まだ視力が安定していない可能性があるためです。基本的に「コンタクトレンズを使える年齢」であれば、施術は可能です。極端に強い近視の方やアレルギーのひどい方などは治療できないこともありますが、そういったケースはそう多くはありません。当院では、まず1週間レンズを装着していただく「お試し期間」を設けています。何か問題があった場合は治療をストップできますし、問題がなければ継続いただけますが、当院の患者さんの大半は治療を継続なさっています。

安全性や費用について教えてください。

20277 mt 1 q4 1410243554 ▲日本の大学病院での臨床試験を経たエメラルド社のレンズを使用 オルソケラトロジーはアメリカで30年以上に渡って研究・施術されている歴史ある治療法で、スポーツ選手をはじめ、すでに120万人以上の方が治療を受けていると言われています。通常のコンタクトレンズと同様で、医師の指示に従って適切なケアを行っていれば特に心配はありません。万が一何かトラブルが生じても、レンズの装着を停止すれば角膜は元に戻るという点も含め、とても安全性の高い治療法と考えて良いでしょう。クリニックによって使用するレンズは異なりますが、当院では世界的に安全性が認められているエメラルド社のFDA認可済みレンズのみを使用しております。費用は片眼で100,000円前後です。

治療後はどのようなケアが必要ですか?

20277 mt 1 q5 1410243554 ▲その後の日常生活に特に制限や変化は生じないというのも魅力 ケアの方法や日常生活の過ごし方に関しては、基本的には通常のハードコンタクトレンズを使用しているのと変わらないと考えていただければ大丈夫です。装着スケジュールをきちんと守ることで矯正効果が発揮されますので、ドクターの指示に従って正しい使い方をしてください。視力が安定してくると、週2〜3日装着するだけで日中の視力を保てるようになるケースもありますよ。レンズは2,3年ごとに買い換えて、定期健診を受けてメンテナンスを行ってくださいね。一時的に夜間に光が眩しく感じたり、視力が安定するまで時間がかかる場合もありますが、不安なことがあればすぐに信頼できるドクターに相談しましょう。

ドクターからのメッセージ

工藤麻里 院長

私はこれまでオルソケラトロジー専門クリニックで院長を務めた経験もあり、オルソケラトロジー治療に関わった期間は10年以上になります。十分なキャリアがありますので、どんな悩みでも安心してご相談ください。まずは患者さんの要望をじっくりヒアリングして、その方にとってオルソケラトロジーが最適な方法であるかどうかを判断した上で治療を進めさせていただきます。デメリットもきちんと説明いたしますし、レンズの扱い方や注意点も、不安が全て解消されるまでスタッフが丁寧にレクチャーさせていただきます。当院では1週間の試用期間を設けておりますので、まずはお気軽に来院してください。

Access