求人情報ON
なるせ内科・胃腸のクリニック

なるせ内科・胃腸のクリニック

岩田誠一郎 院長

頼れるドクター

20172 df 1 main 1317082308

患者さんから命を預けてもらえるような医師になること

―先生はなぜ医師を目指されたのですか?

もともとは医師になるつもりはなくて、外交官などにも憧れました。なのでクラスを理系から文系に変えようかと思ったぐらいです。僕が医者になるきっかけをたどっていくと、友人たちとの何気ない会話に行き着きます。少々古い時代の高校生みたいですが、僕らが高校時代に少し難解な本を読むのが流行りました。昔の高校生がカントやデカルトを論じるみたいに、僕らも難しい本にチャレンジしようということになって、たまたま僕が選んだのがフロイトでした。そこから精神医学への関心が非常に高まりました。なので一番最初は精神科医になろうと考えたのです。そこで医学部に進学したわけですが、自分なりにいろいろ考える中で他の科への興味が高まりました。また緊急手術に向かうドクターたちの姿がやっぱり格好いいなと思ったんです。そこで外科医を目指すことになりました。

―外科ということは、多くのがん患者さんを治療されたのですね。

がん患者さんと向き合う時間は確かに多かったです。勤務医時代、僕は手術が上手くなるように努力してきました。でもどんなに手術の腕が上がったところで、すべてのがん患者さんを救うことはできません。そんな僕に先輩がこう言いました。「自分が手術した人を、自分が看取れるぐらいにならないと駄目だぞ」と。いろんな解釈のできる言葉ですが、「患者さんから看取ってくださいと言われるぐらいじゃなければ、手術してはいけない」、つまり「それだけの覚悟を持って手術しなさい」という意味だと最初は考えていました。そして、ある患者さんを担当することになりました。子どもさんが「私の母を先生に診てもらいたいんです」と福島からお母さんを連れて来られました。一人暮らしの長かったおばあちゃんですから、なかなか他のスタッフには心を開いてくれませんでした。でも僕が行くと笑ってくれたんです。その患者さんは最期をご自宅で迎えることを選択され、「先生に看取ってもらいたい」と言われ訪問診療も行いました。先輩の言葉には、「最期まで患者さんに命を預けてもらえるような医師になれ」という思いがあったのでしょうね。

―先生の診療におけるモットーは?

まずは的確に患者さんの話を聞くこと。そして的確な診断のために十分な検査を行うこと。また救急もしてましたから、その患者さんに緊急性があるかどうかを診断することも大事だと考えています。そして患者さん本人が、困っている症状をしっかりとることも大切な仕事です。患者さんが一番困っているのはそこですし、医師から診れば病気は治っているはずでも症状が残る患者さんはおられます。なのでときには漢方も使って症状を和らげることもあります。こうやって町に根ざしたクリニックを開いてみて、今まで積んできた経験が多少なりとも役立てているのかなと感じています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細