全国のドクター9,019人の想いを取材
クリニック・病院 160,835件の情報を掲載(2022年5月18日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 西宮市
  4. 苦楽園口駅
  5. サルース苦楽園クリニック
  6. 専門性生かした心臓エコー検査も可能地域の頼れる「循環器内科」

専門性生かした心臓エコー検査も可能
地域の頼れる「循環器内科」

サルース苦楽園クリニック

(西宮市/苦楽園口駅)

最終更新日:2022/01/31

Main Main
  • 保険診療

動悸や息切れ、胸の痛みなどから心臓の病気を疑っていても、時間がかかることの多い大規模病院への受診に踏み出せない人もいるのではないだろうか。「サルース苦楽園クリニック」の穂積健之院長は、2021年11月の同院開院まで長らく大学病院にて外来を担当し、特に心臓超音波検査(心エコー検査)を専門にしてきた循環器内科の専門家だ。大学病院で提供されてきた心臓超音波検査が受けられる、気軽に通える駅近の循環器内科だ。また受診先がわからない患者にも、循環器疾患ならそのまま治療を、それ以外なら循環器の可能性を否定した上で各専門科受診の道筋を立てているため、どんな症状でもまずは相談することができる。循環器疾患とはどのような病気か、心エコー検査とはどのようなものかなど、循環器診療について穂積院長に話を聞いた。

(取材日2022年1月7日)

大学病院同等の心エコー検査もできる地域密着の「循環器内科」。診療科がわからなくても、まずは相談を

Q体調不良ですが、どの診療科を受診したらいいのかわかりません。
A
20220111 1

▲「地域の窓口として相談していただきたい」と話す院長

「この症状なら、どこの診療科を受診すべきか」は意外と難しく、悩まれる方も少なくないと思います。当院は内科と循環器内科を標榜し、私自身は循環器内科が専門ですので、まずお話を伺い、循環器疾患と判断されれば続けて私が診療し、消化器や呼吸器など循環器以外の疾患だと診断すれば専門のクリニックや病院など適切な医療機関をご紹介しています。例えば、胸が痛む心臓病の狭心症では、痛むのは胸とは限らず、首や肩の痛みやだるさとして感じることもあります。また他の疾患で治療中の方のお話を伺い、検査してみたら循環器疾患が見つかったというケースもあります。いまひとつ体調が良くないという方は、一度ご相談いただければと思います。

Q循環器疾患にはどのような病気、症状があるのでしょうか?
A
2

▲循環器疾患にはさまざまな症状がある

代表的な病気に冠動脈疾患の狭心症や心筋梗塞があり、胸が痛む際に考えるべきものです。心臓の弁の病気である心臓弁膜症には、大動脈弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症などが挙げられます。また心臓の筋肉の病気には拡張型心筋症や肥大型心筋症などがあり、進行すると心不全を招きます。心不全の症状は動悸や息切れで、重度になると少し歩くだけで息苦しくなることも。高血圧でも心不全を来す可能性があり、放置しないでいただきたいですね。他には脈の乱れを来す不整脈として心房細動があります。特に弁膜症や心房細動などは初期症状を自覚しにくく、心電図異常などで見つかることも多いので、症状がなくても一度循環器内科を受診すると良いでしょう。

Qこちらではどのような検査に力を入れていますか?
A
3

▲総合内科の専門家の視点から患者に合わせて紹介もしてくれる

心エコー検査は重要な検査であり、特に力を入れているものです。超音波によって、心臓の構造や動きを動画でモニターに表示し、記録画像から心臓の大きさ・動きや弁の動きなど、心臓の機能全般を丁寧に診ていきます。心エコー検査で的確な診断を行うためには、豊富な知識と経験、熟練した技術が必要です。どこでも受けられる検査というわけではないのが現状でしょう。私は長年この検査を専門にしており、大学病院で多くの患者さんを診てきました。これまでの経験を生かして、身近なクリニックで専門的な検査が受けられるよう、地域診療で大いに役立ちたいと思っています。

Q心エコー検査について詳しく教えてください。
A
4

▲実際に画像を見せながらわかりやすく説明してくれる

検査ではベッドに横になっていただき、胸部にゼリーをつけてから機器を当てます。体にとって負担の少ない超音波を当てるだけの検査ですので、痛みやかゆみ、副作用といった心配をする必要はありません。当院では、多数の画像を記録しながらその場で診断をつけ、患者さんに画像をお見せしながら結果を解説します。胸が痛くて来られた方は非常に心配されていると思いますが、実際に画像を見ることで納得し、安心して帰っていただけるようにしています。冠動脈疾患についてはさらに精密検査が必要になりますが、それを除けば心エコー検査でかなり多くのことがわかるので、心臓の機能を診るという部分において当院ではこの検査を重視しています。

Q心臓に不安はないですが、健康のために受診してもいいですか?
A
5

▲若い人でもぜひ受診してほしいと話す院長

はい、もちろんです。例えば健康診断で高血圧症と判明すれば、「心不全の始まり」と捉えられます。コレステロール値が高いなどの脂質異常症(高脂血症)も動脈硬化のリスクがあり、「循環器疾患の始まり」です。健診結果で指摘を受けた方は、心臓に問題が起こる前にぜひご相談ください。当院では心血管系にフォーカスした検診セットを準備しており、健康な方にも受けていただければと思っています。また、通常の検査では特に異常はないのに「体がだるい」「すっきりしない」という方は、ビタミンなど必須栄養素が不足していることもあります。当院では抗加齢医学の観点を大切にしており、食事・運動・サプリメントなどの提案も行っています。

ドクターからのメッセージ

穂積 健之院長

ご自身で循環器内科を受診して良いものか判断がつかない場合でも、まずは一度ご相談ください。他の診療科での受診が適している場合でも、先に「心臓など循環器に問題はない」という診断が循環器内科でされていることは有用です。健診で、心電図異常、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などを指摘された場合、循環器疾患の可能性は考えておく必要がありますし、将来の循環器疾患のリスクともなりますので、いつでも当院にお越しください。また、いつまでも元気で長寿を享受したいと考えられている方のサポートもしっかりとさせていただきますので、関心がおありの方にはぜひご相談いただければと思います。

Access