かねがえ矯正歯科クリニック

かねがえ矯正歯科クリニック

鐘ヶ江晴秀院長

頼れるドクター

医療トピックス

顎や骨の成長を上手に利用
成長期だからできる小児矯正

かねがえ矯正歯科クリニック

自由診療

Main

子どもの歯並びが気になるけれど、どのタイミングでクリニックに相談すればよいのか悩む人も多いのではないだろうか。矯正治療は成人になってからの場合、抜歯をして歯並びを整える場合が多いが、すべての歯が永久歯に生え変わる前の子どもであれば、柔軟に顎の状態を整え、歯並びをきれいにすることができるという。矯正治療というといわゆるワイヤータイプの矯正装置で固定する方法がポピュラーだが、「かねがえ矯正歯科クリニック」では、子どもの成長に合わせ、痛みも少なく歯磨きにも不便のない、取り外し可能な装置を使用し、多くの子どもたちの噛み合わせを整え、笑顔を引き出してきた。今回は、同院の鐘ヶ江晴秀院長に小児矯正のメリットや具体的な内容を聞いた。(取材日2017年2月28日)

小児矯正の始めどきは7、8歳。痛みも少なく歯磨きにも支障のない取り外せる装置の利用を勧める

子どものうちに矯正を受けるメリットは何ですか?

1 ▲子どもの成長に合わせた取り外し可能な矯正装置 子どもの矯正治療の場合、成長期であることを利用し、抜歯を行わずに骨や顎の成長を抑えることや逆に促進させることで、矯正治療が可能になるというメリットがあります。成長期の子どもの顎や骨は柔軟な状態のため、調整を行いやすいのです。成長期を過ぎてしまうと、歯の位置を動かすことだけで治療を進めていかなくてはなりません。そのため、歯並びはすべての歯が永久歯に生え変わってから治療をすればよいという考えもあるかと思いますが、できるだけ抜歯せずに歯並びを整えられる子どもの時期に治療を進めたほうが良いと私は考えています。

何歳頃に相談をするのが最適でしょうか?

2 ▲素人にもわかりやすい言葉で真摯に説明してくれる鐘ヶ江院長 前歯4本が永久歯に生え変わる時期が一つの目安で、具体的には7、8歳くらい、遅くとも歯がどんどん生え変わる10歳くらいまでには治療を始めてほしいですね。また不正咬合の患者さんの場合、種類によって早くから治療を始めたほうがよい場合とそうでない場合に分かれます。反対咬合などは乳歯だけの頃から治療を行うこともあります。また、上顎前突、前歯のガタガタも早くから治療を始めたほうがよいでしょう。それ以外のものについては永久歯が少ないうちに治療をするのがベストです。治療開始のタイミングについては、矯正専門の歯科医師でないと判断はつかないので、ある程度の年齢になったら一度相談されるとよいと思います。

具体的な治療法や治療期間について教えてください。

3 ▲成長発育をうまく利用して矯正していく 上顎前突はヘッドギアなどの取り外し可能な装置を使用します。これはワイヤーの矯正装置と違ってずっと付けていなくてよいので、口の中を清潔に保つことができます。前歯がでこぼこで歯が並ぶスペースが足りない子どもには床矯正装置という歯並びを大きくして前歯が並べられる状態にする治療方法を積極的に行っています。治療期間は治療方法によって違いますが7、8歳から始めて2〜3年は治療が続き、その後は永久歯に生え変わる様子を定期的に診ていきます。取り外し可能の装置は使用する際にほとんど痛みはありませんが、ワイヤーを使う場合は子どもでも痛みがあります。

治療前のカウンセリングではどんなことをしますか?

4 ▲カウンセリングルームで治療方針について丁寧に話してくれる 歯型を取ったりレントゲン写真を分析するなど十分に資料を集めて診断し、成長具合も確認してから治療方針を決めます。初診時や診断後の説明時にも十分に時間をかけて丁寧にお話しします。矯正治療は治療方針が正しくないとどんな治療をしてもうまくいきません。私は10年間、大学の矯正学講座で教授を務めた経験を生かして適切な診断と方針が立てられることが強みです。さらに、お子さんが治療にやる気になれるようにうまくコミュニケーションをとることも得意としています。治療とは直接関係のない「学校はどうだった?」というような普通の会話から、治療の重要なポイントを伝えることもあります。

治療を受ける際、クリニック選びのポイントはありますか?

5 ▲矯正専門の治療をしてくれるクリニックがお勧めと話す院長 矯正専門のクリニックを受診することをお勧めします。一般の歯科医院で矯正も行っていますよという所よりも、やはり矯正治療を専門でやっているところを選ぶのが一番のポイントですね。あとは、矯正治療専門のクリニックの中でも、どちらかというと子どもの矯正が得意、反対に大人の矯正が得意というクリニックもあるので、ホームページを見るなどしてしっかりと情報収集してから受診するクリニックを決めるとよいと思います。

料金の目安

取り外し可能な装置38万円〜、ワイヤー装置48万円〜

ドクターからのメッセージ

鐘ヶ江晴秀院長

初診時にアンケートを取ると、多くのお子さんが歯並びを気にしています。見た目を美しくしたいというのも矯正の大きなポイントですが、矯正治療の一番のメリットは噛み合わせを整え、機能をよくすることです。噛み合わせを正しくすることによって、虫歯や歯周病、顎の関節が悪くなることなど、さまざまな症状を予防できるようになります。正しい噛み合わせを得た結果として、きれいな口元になり笑顔がきれいなるということを大切に、日々治療を行っていますね。一生のうちに何度も受ける治療ではないからこそ、機能と美しさの両方をとことん追求しています。

記事更新日:2017/03/31
Access