全国のドクター8,903人の想いを取材
クリニック・病院 160,933件の情報を掲載(2021年10月22日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 豊島区
  4. 池袋駅
  5. はなふさ皮膚科 池袋院
  6. クレーター状のニキビ痕の悩みに結果にこだわった治療を提供

クレーター状のニキビ痕の悩みに
結果にこだわった治療を提供

はなふさ皮膚科 池袋院

(豊島区/池袋駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 自由診療

ニキビ(尋常性ざ瘡)が治った後、黒ずみや赤みが残ってしまうことは珍しくない。時間とともに治っていくものも多いが、陥凹性瘢痕(クレーター状のニキビ痕)になると自然には治らず、「せっかくニキビが治ったのに、痕が残るなんて……」と多くの人たちを悩ませているのが現状だ。そんな「患者さんの声を聞いたことが、ニキビの治療だけでなく、ニキビ痕の治療にも取り組むことになったきっかけです」と話すのは、「はなふさ皮膚科 池袋院」のほか8院のクリニックを率いる理事長の花房火月先生。ニキビ治療に精通し、クレーター状のニキビ痕治療にも豊富な実績がある花房理事長に、ニキビ痕治療について詳しく聞いた。

(取材日2021年7月27日)

クレーター状のニキビ痕も治療は可能。きれいに治療するためには、早めに皮膚科に相談を

Qニキビ痕には、自然に消えるものと消えないものがあるのですか?
A
1

▲池袋院ではニキビ痕や酒さの対応にも注力している

そうですね。ニキビ治療を行った後、黒ずみや赤みが残っている場合は、半年ほどで軽快することが多いです。早く良くしたい場合は、ビタミンC内服、レーザー治療や光治療機器によるケアでサポートすることが可能です。一方、陥凹性瘢痕(かんおうせいはんこん)と呼ばれるクレーター状のニキビ痕は自然には治りません。重度のニキビで、皮膚に炎症が起こって組織が壊れ、修復する前にまた炎症性のニキビができることを繰り返すと、皮膚の修復が正常に行われません。そのため重症ニキビの治療後はクレーター状の痕になりやすく、またニキビの未治療期間が長いほどクレーター状になりやすくなります。ニキビ痕のできやすさには、体質も影響します。

Qクレーター状のニキビ痕はどんな状態になっているのでしょう?
A
2

▲患者自身が変化を実感できることを大切に治療を行っている

単純に凹んでいるわけではなく、3つのタイプのニキビ痕が入り混じることで、皮膚の表面が凸凹している状態です。1つ目は「ローリングタイプ」といい、表皮層からその下の真皮層にかけて真ん中が凹んだ穴になっているもの。2つ目は「アイスピックタイプ」といわれる、表皮から真皮の下の皮下組織まで釘を刺したように狭くて深い穴になっているもの。3つ目は「ボックスタイプ型」と呼ばれる、表皮と真皮の境目ぐらいの深さに底が平坦な箱型の穴が開いているもので、どのタイプが多いかで最適な治療方法が変わります。より治療の難易度が高いのは、皮膚の深いところに達しているアイスピックタイプが多い場合ですが、それでも治療は可能です。

Qニキビ痕は、自分で治すことはできないのでしょうか?
A
3

▲プライバシーに配慮したパウダールームも完備されている

黒ずみになったニキビ、赤みが残ったニキビであれば時間がたつと多くの場合軽快しますが、早くても3ヵ月はかかりますし、慢性炎症が軽快するには数ヵ月~数年かかります。適切な処置をすればもっと早く治ることも見込めるので、これらの自然に治るニキビ痕であっても、皮膚科を受診するといいですね。ニキビ一つでも痕になる場合はあるので、ニキビに関してはできたらすぐに皮膚科を受診するのがお勧めです。一方、クレーター状のニキビ痕は自分では治せません。クリニックにかかってもなかなか成果が上がらず、治療を諦めている方も多いのが現状です。しかし、適切な処置を行えば、見た目にも明らかな改善も期待できると考えられます。

Qクレーター状のニキビ痕について、治療の流れを教えてください。
A
4

▲じっくり向き合って治療を行う

まず診察をして、3タイプのうちどれが多いのかをチェック。発症1ヵ月以内ならケミカルピーリングや外用薬を使用、1ヵ月以上経過しているならフラクショナルレーザーによるレーザー治療を進めながら、治療法を選択していきます。ニキビ痕の治療が難しいのは、例えば、治療によりクレーターが数字上は「良くなった」と言える状態になったとしても、見た目にはほぼ変化がなく、患者さん自身は効果を実感しにくいところ。患者さんに実感いただけないのでは意味がないので、当院は目に見える結果にこだわって治療を行っています。

Qニキビ痕の治療期間の目安を教えてください。
A
5

▲待ち時間なくスムーズに診療できる体制づくりに力をいれている

症状によって少し異なってきます。治療期間の目安としては、黒ずみになったニキビ痕は3ヵ月〜6ヵ月。赤みが残ったニキビ痕は急性期と慢性期で異なりますが、1ヵ月~3ヵ月ほどです。その他、クレーター状のニキビ痕は3ヵ月〜12ヵ月ほどとなっています。ニキビ痕をきれいに治療するためには早めに皮膚科を受診いただくことをお勧めします。当グループはニキビ治療に関して豊富な治療実績がありますので、ぜひ一度ご来院ください。

ドクターからのメッセージ

花房 火月理事長

ニキビ痕の治療は、患者さんのニーズは高いにもかかわらず、力を入れて取り組んでいる医師が少ない分野だと思います。そんな中、当院は開院当初よりクレーター上のニキビ痕の治療に力を入れ、理想とする治療のため必要な機器をそろえて数多く手がけてきました。治療が難しいクレーター状のニキビ痕でも、良い結果が望める場合もありますので、ぜひ一度ご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

レーザー治療/2万7500円~、光治療/3万3000円~、ケミカルピーリング/1万3200円~、フラクショナルレーザー治療6万6000円~

Access