全国のドクター8,912人の想いを取材
クリニック・病院 161,010件の情報を掲載(2021年12月05日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 藤沢市
  4. 藤沢駅
  5. 藤沢アイクリニック
  6. 水晶体の濁りから起こる白内障日帰り手術で改善をめざす

水晶体の濁りから起こる白内障
日帰り手術で改善をめざす

藤沢アイクリニック

(藤沢市/藤沢駅)

最終更新日:2021/10/12

Top Top
  • 保険診療

加齢により誰もが発症する可能性があるという白内障。視界が白っぽくかすむ原因は、目のピント調節を担う水晶体の濁りだという。点眼薬では濁りや視力を回復させることは難しく、主な治療法は手術となる。よく耳にする病名とはいえ、手術となると不安を感じる人も多いだろう。白内障の日帰り手術を行う「藤沢アイクリニック」では、笠原純恵院長の丁寧な説明により患者の不安を取り除いている。リスクや合併症の可能性、術後の注意点など、患者からのさまざまな質問にしっかり向き合う診療スタイルだ。「手術を急ぐ必要はありません。日常生活に支障が出たら手術を考えましょう」と話す笠原院長に、白内障の症状や原因について、また手術の痛みや再発についても話を聞いた。

(取材日2020年12月19日)

白内障は日帰り手術で改善をめざそう。丁寧な説明で不安を取り除いてくれるクリニック

Q白内障の症状や原因について教えてください。
A
1

▲白内障は誰にでも起こり得るという

白内障では「視界が白っぽくかすむ」「視力が下がってよく見えない」というような自覚症状が現れます。これは目の中のピント調節の役割をする水晶体が濁り、光がうまく通過できなくなった状態です。主な原因は加齢で、60歳を過ぎたら誰にでも起こり得る症状だといえます。特殊な場合として、若い方でも先天性・アトピー性・外傷性・糖尿病性・ステロイドなどの薬剤性などでも白内障が生じることがあります。

Qどのような治療法があるのでしょうか?
A
2

▲要望に沿い、治療の方針を決めていく

白内障に対する主な治療法は手術です。当院では日帰り手術を行っています。点眼薬もあるのですが、水晶体を透明にしたり視力を回復させることは期待できません。手術を急ぐ必要はなく、日常生活に支障が出てきたら手術を考えます。ただし白内障が進行しすぎると、手術による目への負担が増えてしまう可能性もあるんです。当院では患者さんの症状やライフスタイルなどを総合的に判断し、ご要望に沿って治療の方針を決めていきます。

Q手術と聞くと怖いです。痛みはありますか?
A
3

▲手術について、わかりやすい説明を心がけている

基本的に痛みは少ない手術です。手術中はお水を流しながら行いますので、その感触や触られている感触は残ります。特に近視の強い方は、お水が目の中に入るときに圧迫感を感じる場合がありますが、心配するほど強い痛みではないです。痛みがある場合は麻酔の追加もできます。白内障の手術は点眼麻酔をした上で行われ、体への負担はほとんどありません。こう聞くと簡単な手術だと思われるかもしれませんが、顕微鏡で見ながら行う精密で繊細な手術です。リスクや合併症の可能性もゼロではありません。当院では患者さんへのわかりやすい説明を心がけています。白内障手術についても、不安に感じたり気になることがあればなんでも質問してください。

Q日帰り手術の内容について教えてください。
A
4

▲左右両方の目を手術する場合は、1週間以上間隔を空けている

当日は手術時間の1時間前にご来院いただきますが、手術そのものはあまり時間がかからないことが多いです。症例にもよりますが、10分前後で終わることもあります。水晶体を超音波で細かく砕いた上できれいに吸い取って、水晶体の代わりとなる人工レンズを挿入します。白内障の手術は瞳孔を開いた状態で行い、手術直後は見え方も不安定です。ご自身で車やバイクなどを運転されてのご来院はお控えください。片方の目を手術したのち、もう片方の目の濁りも気になりだして、両方手術される患者さんも多いですね。その場合は同時に行うことはなく、当院では1週間以上の間隔を空けて手術を行います。

Q手術後の注意点はありますか? 再発はあるのでしょうか。
A
5

▲手術後も、定期的に経過を診ていく

洗顔や飲酒は数日間の制限がありますが、室内での事務作業であれば手術翌日から可能です。ほとんどの場合、翌日もしくは数日で見え方が安定してくると思います。術後1週間は数回の診察と検査を受け、その後は定期的に経過を診ていきます。濁った水晶体は眼内レンズに置き換えていますので、再び濁ることはありません。ですが水晶体が入っていた袋(水晶体嚢)が濁ることがあり、これを「後発白内障」といいます。後発白内障はレーザーで対応でき、再発することはありません。

ドクターからのメッセージ

笠原 純恵院長

白内障は白髪と同じように、加齢によって誰にでも起こり得る疾患です。早い方では40代くらいから徐々に症状が出始めますが、そのまま何十年も自覚症状がない方もいらっしゃいます。失明につながるものではないですし、生活に支障がなければ手術の必要もありません。ですが、目の不調の原因は白内障だけではなく、緑内障や網膜疾患からも同様の症状が見られることがあります。「視界がかすむ、視力が下がる」といった症状が続いたら、目の健康状態を知るためにも精密検査を受けにいらしてください。

Access