全国のドクター8,976人の想いを取材
クリニック・病院 160,767件の情報を掲載(2021年9月24日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 吹田市
  4. 北千里駅
  5. さなだ内科・消化器内科クリニック
  6. 苦痛に配慮した大腸内視鏡検査で大腸がんの早期発見・早期治療へ

苦痛に配慮した大腸内視鏡検査で
大腸がんの早期発見・早期治療へ

さなだ内科・消化器内科クリニック

(吹田市/北千里駅)

最終更新日:2021/02/22

Main Main
  • 保険診療

がんをはじめ、大腸の病気の早期発見に有用な大腸内視鏡検査。しかし残念ながら、検査への恐怖心や羞恥心を理由に避けられがちな検査の一つであることも事実と言えるだろう。「さなだ内科・消化器内科クリニック」の真田徹院長は「便潜血がある人を検査すると、半数ほどにポリープが見つかり、数パーセントに大腸がんが見つかる」と語る。そこで同医院では、消化器内科医師として専門知識を有する真田院長により、苦痛の少ない大腸内視鏡検査をめざし尽力している。質にこだわった医療機器の導入や鎮静剤の使用はもちろん、豊富な経験をもとに細心の注意を払って行われる検査とはどういったものか、どのような人が検査適応となるのかなど、詳しく話を聞いた。 (取材日2020年10月27日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q大腸内視鏡検査を受けるべき人は、どのような人でしょうか。
A

まずは健康診断などで行われる便潜血検査で陽性となった方ですね。次に、慢性的な下痢、ひどい便秘、便に血が認められるといった症状がある方です。これらの場合には、大腸に何らかの病変を抱えている可能性が考えられますので、検査をお勧めします。また、検査での異常や自覚症状が特にない場合でも40歳を過ぎたら一度受けることをお勧めしたいです。家族に大腸の病気や大腸がんになられた方がいらっしゃる場合は特にお勧めしていますね。大腸がんは一定の確率で遺伝的因子が関与しているともいわれています。当院では一人でも多くの方に検査を受けていただけるよう、土曜日にも検査を行っています。安心のためにも一度検討してみてください。

Q大腸内視鏡検査では、どんな病気を見つけられるのでしょうか。
A

大腸にあるポリープや炎症、出血といった病変を観察・診断をすることができます。中でも大きな病気は? というと、大腸がんですね。大腸がんはがん死亡数の中で女性では1位、男女合わせると2位と、胃がんとともに発生率が高いがんといわれています。しかし、早期発見と早期治療により再発・転移を抑えることが期待できるがんでもあります。大腸がんの早期発見は大腸内視鏡検査でないと難しいといわれており、万が一見つかっても小さなものであれば、検査時に切除することが可能です。便潜血が陽性となった方の約半数程度にポリープが見つかり、数%の方に大腸がんが見つかります。放置することなく、検査を受けてもらいたいですね。

Q検査時の痛みや苦しさに対して不安があります。
A

怖いイメージがある検査ですが、実際に受けていただけば「イメージしていたより怖くなかった」という場合が多いように思います。実際に、私自身も何度も経験していますが、苦痛で仕方なかったという経験はありませんので、まずはリラックスしていただきたいなと思います。とはいえ、大腸検査独特の恥ずかしさや苦痛などは非常によく理解できますので、当院では、検査中の膨満感を減らすためのCO2送気装置や11.8mmの細い内視鏡スコープを導入し、さらに短い時間で正確な検査をするための技術の研鑽を常に行っています。また希望に合わせて鎮静剤も使用し、眠っている間に検査を終えることもできますので、ご安心ください。

検診・治療START!ステップで紹介します

1問診・事前説明

問診票を記入し、健康診断の結果や自覚症状などから大腸内視鏡検査を行うかどうかを決定。事前診察では、現在の内服薬や既往症の確認を行い、大腸内視鏡検査におけるリスクの有無の確認を行う。特に糖尿病の薬や血をサラサラにするための薬を内服している場合にはリスクが高くなるため、忘れずに申告しよう。検査に関する不安や疑問があれば、なんでも質問し、不安を解消しておくことが大切だ。

2腸内の洗浄

検査前日の3食は、野菜などの繊維質を含むもの以外を取ることを推奨している。就寝前に下剤の錠剤の内服。検査当日にはさらに腸管洗浄液を内服する。自宅での内服を希望する場合は指示どおりの時間に内服し、検査予定時刻の10分前に来院しよう。高齢者など、自宅での内服が難しく不安な人は院内での内服も可能。スタッフ付き添いのもと専用ブースで安心して内服できる。専用トイレもあるので、リラックスして準備しよう。

3いよいよ大腸内視鏡検査へ

鎮静剤を希望する場合には、点滴の管を留置する。針は細めなので、痛みはほとんどないという。鎮静剤を使用すれば、ここからはウトウトと眠ったような状態になる。体の状態を確認したら、内視鏡を挿入し、検査スタート。検査時間は通常10分~30分ほど。同院では画像強調機能の搭載された内視鏡を使用しており、短時間かつ、精密な検査が可能となっている。

4必要に応じてポリープを切除

検査の際にポリープを発見した場合には、その場で切除手術を行う。ポリープができる表層粘膜には痛みを感じる神経が通っていないため、痛みに対して怖がる必要はないそうだ。検査後、再度来院して手術という二度手間を省くことができ、体の負担も少ないのが大きなメリットだ。ただし、一度に切除できる個数に上限があるため、上限を超える場合は検査後に相談が必要となる。内視鏡で切除できない場合には、提携病院へ紹介となる。

5リカバリー室で休憩後、検査結果の説明を受ける

検査後はリカバリー室で休憩。休憩後は診察室へ移動し、モニターに映る画像を見ながら、真田院長より詳しい説明を受ける。ポリープなどを切除した場合には、運動や食事、アルコールの制限があるので術後のトラブルを避けるためにもしっかりと聞いておこう。鎮静剤を使用しなかった場合は、検査後すぐに帰路につくことができるそうだ。

ドクターからのメッセージ

真田 徹院長

大腸がん、胃がんは内視鏡検査により早期発見することができれば、予防や治癒が期待できる時代になってきています。怖いイメージが先行する内視鏡検査ですが、検査を必要とするすべての人に安心して検査を受けていただけるよう、当クリニックでは患者さんの負担が少ない内視鏡検査をしたいと、日々研鑽を積んでいます。北摂地域は、私にとって医師になってからのほとんどの時間を過ごしてきた思い入れの強い地域です。この地域から胃がんや大腸がんで亡くなる人がいなくなってほしい。そう願いながら日々の診療に励んでいます。より多くの人にとって内視鏡検査が身近なものになるよう、これからも努力してまいります。

Doctor
Access