全国のドクター9,322人の想いを取材
クリニック・病院 161,128件の情報を掲載(2020年10月30日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 渋谷区
  4. 渋谷駅
  5. あいおい歯科 渋谷センター街医院
  6. eラインの整った横顔を意識審美面も重視した抜歯・非抜歯矯正

eラインの整った横顔を意識
審美面も重視した抜歯・非抜歯矯正

あいおい歯科 渋谷センター街医院

(渋谷区/渋谷駅)

最終更新日:2020/10/13

Top Top
  • 自由診療

矯正治療には健康面・審美面、双方のメリットがある。歯並びの改善をめざすことで虫歯や歯周病リスクの低減を図れるという健康面のメリットに加え、自信をもって笑える美しい口元もめざせるという、審美面のメリットもとても大きい。しかし、数多くの症例に対応してきた「あいおい歯科 渋谷センター街医院」の浜島均院長によると、歯列を整えれば必ずしも美しい見た目が実現するとは言い切れないという。美しい横顔の一つの基準である、「eライン」を満たしていることも大切なのだそうだ。「当院ではeラインの整った横顔も意識し、まずは治療のゴールを明確にして、抜歯・非抜歯かも含めて慎重に治療方針を検討します」と浜島院長。今回は矯正治療とeラインの関係や、審美面を意識した矯正の詳細を聞いた。(取材日2020年9月25日)

eラインを意識して横顔のバランスを慎重にシミュレーション。患者とイメージをすり合わせてから矯正を開始

Q健康面に加え、審美面の向上を目的に矯正する人は多いのですか?
A
20201005 1

▲「eライン」を満たした歯列矯正をめざす

口元は顔の印象を大きく左右するパーツなので、見た目を気にして矯正を希望する方は多いです。ただし歯列を整えたからといって、必ずしも美しくなるとは言い切れません。歯がきれいに並んでいることに加え、美しい横顔の一つの基準である「eライン」を満たしていることも大切です。eラインは鼻先と顎を結んだ線で、一般的にこの線から唇が出ていないほうが横顔が美しいといわれています。日本人は下顎が小さく鼻が低い傾向にあるので、唇の突出感が目立ちがちです。歯並びが悪く歯が前に出ていることも、eラインが崩れる要因になります。当院では矯正治療を行うにあたって、eラインを意識するようにしています。

Qeラインを意識した矯正治療を行う上で、注意すべきポイントは?
A
2

▲きちんと相談し、患者の希望をできるだけ尊重する

矯正が必要な方のほとんどは、歯が大きいことや顎が小さいことが原因で歯並びが悪くなっています。そういう方の歯並びを強引に整えようとすると、スペースが足りないため歯列アーチを広げることになり、出っ歯感や唇の突出感が増してしまうことがあります。そうならないために、当院では治療前にきちんと患者さんと「治療のゴール」を擦り合わせるようにしています。マウスピース型装置を用いた矯正を行う場合は口腔スキャナーを使用して、3D画像を用いたシミュレーションを行い、患者さんと矯正終了後のイメージを共有しています。そして歯列を整えるための十分なスペースを確保できるよう、抜歯をするか否かも相談します。

Q審美面を考慮した場合、やはり抜歯は必要なのでしょうか。
A
3

▲抜歯せずスペースを確保する方法も

無理に歯列アーチを広げることのないように、十分なスペースを確保した上で歯並びを整える必要があります。そのために、抜歯が必要になる可能性もあるでしょう。抜歯と聞くと悪いイメージを抱く方も多いかもしれませんが、矯正において抜歯は決してマイナスなことではありません。抜歯できちんとスペースを確保して歯を並べていくことで、口元の突出感や出っ歯感が出てしまうリスクの回避につながります。当院では抜歯によるメリット・デメリットをきちんと患者さんに共有した上で、治療計画を立てさせていただきます。もちろん、どうしても抜歯に抵抗があるという方には、非抜歯でスペースを確保しながら矯正する方法を提案することも可能です。

Qワイヤーとマウスピース型装置、どちらを選択するべきですか?
A
4

▲しっかりと相談して治療計画を立てていく

審美面を重視した矯正を行うにあたり、特にどちらの装置が適しているということはありません。しかし抜歯を伴う矯正には、ワイヤー矯正のほうが適している可能性があります。ワイヤー矯正は歯にブラケットを装着して、その弾性力を生かして歯並びを整えていく方法です。歯に対してさまざまな形で力をかけられるので、抜歯を伴う矯正に向いているのです。しかし、抜歯したらマウスピース型装置は使えないというわけではありません。マウスピース型装置は矯正中の痛みや見た目の違和感を軽減できるという利点もあり、当院では抜歯が必要なケースでも、患者さんが希望すればマウスピース型装置を用いた矯正ができるよう方針を考えることもあります。

Q矯正後に気をつけるべきことはありますか?
A
5

▲矯正後は日々のケアも重要

審美面を意識した矯正に限らずですが、長年その状態にあった歯並びを短期間で変更するわけですから、後戻りのリスクは誰にでもあります。せっかく費用と期間をかけて矯正したのですから、後戻りを防ぐためにも、矯正終了後はリテーナーを決められた期間きちんと装着することが重要です。リテーナーは固定式や取り外し式など、いくつか種類があります。取り外し式のリテーナーだと、うっかり装着するのを忘れてしまうという人は、固定式に変更するという手段もあります。「ちょっとぐらい装着を忘れても大丈夫かな」と安易に判断せず、困ったことがあれば歯科医師と相談しながら、ルールを守って装着していただきたいと思います。

ドクターからのメッセージ

浜島 均院長

せっかく費用と期間を費やして矯正治療をするのですから、患者さんが最も望む結果を実現したいと思っています。矯正治療をどこで行うか悩む人も多いと思いますが、とにかく大切なのは「治療のゴール」です。ゴールをイメージしないまま、安易に治療を開始しないこと。まずは、歯科医師としっかりゴールを共有しましょう。疑問点があれば納得するまで質問して、自分が「こうなりたい」という希望を率直に伝えてください。患者さんの求めるゴールによっては、矯正治療を行わず、補綴治療で審美面の改善をめざせる場合もあります。当院は総合的な歯科診療に対応できるという利点を生かし、一つの方法にこだわらず、幅広い提案をさせていただきます。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/一期・二期治療 各35万円 全顎矯正/唇側矯正70万円、舌側矯正100万円、ミニスクリュー併用+5万円、セラミックブラケット+5万円 マウスピース型装置を用いた矯正/90万円 部分矯正/1ブロック30万円、追加1ブロック毎10万円 ※すべて税込み

Access