全国のドクター8,951人の想いを取材
クリニック・病院 160,920件の情報を掲載(2021年10月19日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 渋谷区
  4. 渋谷駅
  5. あいおい歯科 渋谷センター街医院
  6. 窪地 隆 院長

窪地 隆 院長の独自取材記事

あいおい歯科 渋谷センター街医院

(渋谷区/渋谷駅)

最終更新日:2021/10/12

196352 top

渋谷のシンボルでもあるセンター街を進むとすぐ目に飛び込んでくるのが、「あいおい歯科 渋谷センター街医院」だ。2020年9月に開業した同院は、渋谷駅から徒歩1分というアクセスの良さと土日祝日も診療可能な柔軟さにより、働き世代を中心とする多くの患者が訪れる。2フロアに分かれた院内には、18台のユニットが設置され、幅広い疾患や症状に対応するための診療体制を整えている。院長の窪地隆先生は、同院と同じ総合医療グループ「あいおい歯科」の一つである池袋院での副院長を経て、2021年8月に渋谷院の院長職に就任。「患者さんの性格や意向に寄り添った治療を行いたい」と話す窪地院長に、法人全体での取り組みや得意な治療法などについて聞いた。

(取材日2021年8月4日)

患者のパーソナリティーに応じた治療計画を立てる

今年の8月にこちらの院長に就任されたのですね。

1

はい、それまでは同じあいおい歯科の池袋院で副院長を務めていました。当院は池袋、新宿、板橋、目黒、そしてここ渋谷に歯科医院を展開するあいおい歯科グループのひとつです。グループ全体の共通コンセプトは主に3つあります。1つは利便性の高さです。どの歯科医院も駅から近く、土日祝日も診療しているため、お忙しい方も無理なく通えます。2つめは幅広く診療に対応している点。異なる専門知識を持った歯科医師が複数いますし、ユニットも数多く設置しているので、さまざまな症状や疾患に対してきめ細かくアプローチしています。そして最後が「患者さん一人ひとりに合ったオーダーメイド医療」の提供です。歯科医師が一方的に治療法を決めるのではなく、患者さんの性格や個性も踏まえたうえで最適な治療を見つけて、ともに進めていくようにしています。

オーダーメイド医療とは具体的にどのようなものでしょうか?

同じ疾患だとしても患者さんの治療に対する意向や要望は三者三様です。そういった患者さんのパーソナリティーを加味した上で治療に入れるよう、常駐しているメディカルコンシェルジュというスタッフがお悩みやご希望を具体的にヒアリングしています。私もそうですが、いきなり診察室で歯科医師と話すとなると本音を出せなかったり、雰囲気にのみ込まれてしまったりするものですよね。より近い存在であるメディカルコンシェルジュに話していただいた内容を治療内容にうまく反映させ、その方独自の治療方針を立てることがオーダーメイド医療です。多様なニーズにお応えできるよう、詰め物や装置なども種類豊富にそろえていますし、治療メニューも幅広く用意しています。それぞれのメリットやリスク、費用は丁寧に説明しているので、納得した上で治療に臨んでいただけると思います。

患者さんの傾向や相談内容を教えてください。

2

渋谷という地域柄、若い方がたくさんいらっしゃるのですが、最近では親知らずに悩む若者が増えている印象があります。やわらかい食べ物中心の食生活の影響で現代人は顎が小さくなっているため、親知らずが正常に生えてこない方も少なくないんです。他の歯科医院に行ったら「大学病院でないと抜歯できない」と言われたものの、今はコロナ禍の余波で大学病院の予約は数ヵ月も先延ばしになってしまう状況。でも患者さんが求めているのは、今すぐ抜いてもらい、痛みから解放されること。そういった患者さんを受け入れるために間口を広げ、できる限りすぐ解決できる方向へ導けるよう努めています。また近隣で働いている方も多く、忙しくて通院できない患者さんのスケジューリングにも対応しています。

歯科医院が苦手な人も、来院しやすいような工夫を

先生が歯科医師をめざした理由、またやりがいを教えてください。

3

医療系の家系で育ったこともあり、小さい頃から働くイメージがしやすかったのは理由のひとつです。4つ上の兄が歯科大へ入学し、後を追うように同じ大学に進学しました。衣食住とはまた別で、生活に欠かせない医療の分野で誰かの役に立つことができたら、自分自身の生きがいにもなるだろうと思い、歯科医師の道へ進む決心をしました。実際にやっていて良かったと思う瞬間はたくさんあります。患者さんの明るい顔を見られると、うれしくなりますね。

先生が得意とする分野や力をいれている治療はありますか?

研修医を終えた後は個人の歯科医院で研鑽を積んできましたが、なるべく全般的な疾患や治療を得意とできるように知識や技術を習得してきたつもりです。その中で特に技術を磨いてきたのが、マイクロスコープを用いた虫歯治療。歯科用顕微鏡で患部を診ているため虫歯部分を丁寧に取り除いていくことができ、コンポレットレジンなどの詰め物も細部にわたって詰められるので、精度の高い治療がめざせます。また医療は日々進歩しますし、今はワクチンにまつわる質問も多いため、情報収集は欠かさないようにしています。自分の中に知識として取り込んでおかないと、診察の際に言いよどんでしまい信頼を失うきっかけになりかねません。正しい情報を届けるためにも、インプットは日々しています。

診察時に心がけていることを教えてください。

4

歯科医院が嫌いな人は多いですよね。でも放置していたらどんどん悪くなる一方。なるべく敷居を下げて、来院しやすい雰囲気づくりをすることが、通院や治療を推し進めるために欠かせないと思います。先ほど話したように歯科医師と話すと萎縮してしまう方もいるため、かたい空気感にならないよう世間話も交えながら笑顔で話すように心がけています。また治療法に疑問を感じたり、医師に不信感があったりすると、足が遠のいてしまいます。患者さんが理解しづらい部分がないよう、わかりやすい言葉で、丁寧に説明するということも歯科医師として大切な役割だと考えています。

人生100年だからこそ、自分の歯を大切にしてほしい

あいおい歯科グループ全体で取り組んでいることがあれば教えてください。

5

やはり時節柄、感染症対策には十分配慮しています。患者さんが交代するごとにセクションやユニットは清掃、消毒を徹底。治療で使用する器具も、本来は滅菌をして使うものですが、今は都度使い捨てです。もっとも、自分たちが感染してしまうことは避けなければならないため、スタッフや歯科医師も保護メガネをかけたり、ビニールエプロンを使ったりして飛沫防止に努めています。またグループ全体で重視しているのが、診療の内容や質を可能な限り均一化する仕組みをつくること。転居や仕事の都合で別の歯科医院を訪れる場合も、いつもと同じ診療を受けられれば安心感も大きいですよね。サービスに偏りが出ないように法人全体で研修を実施しながら、全院で質の高い医療提供ができる体制を整えているのはあいおい歯科グループの大きな強みだと思います。

スタッフの方々も皆さん明るく温かい雰囲気ですね。どのようにコミュニケーションをとっていますか?

池袋院に在籍している時からそうでしたが、院内の雰囲気って患者さんの居心地と深く結びついていると思うんです。スタッフが働きづらい環境だとなんとなく空気がよどんでしまい、患者さんも暗い気持ちにさせてしまいます。ですので私も明るく気持ちよく過ごせる空間というのを意識しながら、スタッフと接するようにしていますね。当院では歯科医師、歯科衛生士、カウンセリングスタッフ、アシスタント、メディカルコンシェルジュなど、専門性に長けたスタッフが大勢働いています。それぞれの視点や気づきを大切にし、切磋琢磨しながら、みんなで良い歯科医院づくりに力を注いでいけたらいいですね。

最後に今後の目標と読者へのメッセージをお願いします。

6

今後も、あいおい歯科の特徴であるオーダーメイド医療を主軸としながら患者さんに寄り添った診察や治療を実現していくことが目標です。小さい悩みも不安も一緒に解決していきたいと考えているため、何でも聞いてください。よく患者さんに話しているのが、「人生100年時代に突入した今、20歳くらいの方だと今後80年は歯を使い続ける予定だ」ということ。欧米諸国に比べると日本は歯科に対する意識が低いので、一人ひとりの考えを少しでも変えていけるよう、歯の大切さを積極的に訴えていくつもりです。内臓の入り口となる口腔状態が良いと、歯科に限らず、生涯病院自体にかかる機会が少なく済みます。全身の健康のためにも、口腔ケアを一緒にしていきましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

【インプラント】(すべて税込み)
診査・診断料/3万円
CT撮影料/2万円
一次手術(埋入手術)/1本25万円、同一術2本目20万円
二次手術(土台の手術)/1本5万円
骨移植手術(追加手術)/サイナスリフト30万円、ソケットリフト10万円、GBR6万円

【矯正】(すべて税込み)
小児矯正/一期治療35万円、二期治療35万円
全顎矯正/唇側矯正70万円、舌側矯正100万円、ミニスクリュー併用+5万円、セラミックブラケット+5万円
マウスピース型装置を用いた矯正/90万円
部分矯正/1ブロック30万円、追加1ブロック毎10万円

Access