全国のドクター8,887人の想いを取材
クリニック・病院 160,996件の情報を掲載(2021年11月28日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 品川区
  4. 不動前駅
  5. 医療法人社団Team ALOHA ALOHA外科クリニック
  6. 鼠径ヘルニアの手術の不安や悩みを取り除く心に寄り添う看護とは

鼠径ヘルニアの手術の不安や悩みを取り除く
心に寄り添う看護とは

ALOHA外科クリニック

(品川区/不動前駅)

最終更新日:2021/10/12

Top Top
  • 保険診療

入院や手術を行うときは誰もが不安になるものだ。医療機関の慣れない環境や器具類の音など、数え上げたらきりがない。鼠径ヘルニアの日帰り手術を行っている「ALOHA外科クリニック」では、こうした患者の不安を取り除くために、スタッフが一丸となって患者のフォローを行う。中でも看護師の役割は大きい。ドクターのサポートや院内の環境を整えるなどの多くの仕事をこなしながら、手術後の患者の管理を行っている。同院には2人の看護師が在籍しているが、常に患者を気にかけながら、一人ひとりに合った看護体制を敷いている。開業当時からのスタッフである看護師の宮尾絢子さんに、患者の不安を取り除くためにどのようなことを行っているのか、具体的に話を聞いた。

(取材日2021年3月24日)

ここで治療をして良かったと、心から思ってもらえる看護を行いたい

Q手術前~後はどのような流れで患者さんは帰宅するのでしょうか。
A
1

▲手術後はリカバリー室で休み、問題なければ帰宅となる

現在、手術当日に院長がクリニック入り口で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査を行います。鼻腔ぬぐい液を使う検査機で、20分ほどで結果が出ます。陰性確認後に院内に入っていただき、待合室で問診票にご記入いただきます。私たち看護師は、手術の準備等を行っているので、受付スタッフが対応します。その後、看護師にバトンタッチされ、患者さんを手術室までご案内します。手術後はストレッチャーに移動後、リカバリー室まで歩いて移動していただき、1時間半〜2時間ほど休んでいただいて、問題がないようでしたら帰宅となります。午前中に来て、午後には帰宅することができますし、帰宅後の食事制限などもありません。

Q手術後の患者さんにはどのように接しているのでしょうか。
A
2

▲ホスピタリティーの精神を大事にしている

理念にもあるように、ホスピタリティーの精神を大事にして、患者さんと接するようにしています。患者さんは、手術当日の朝から水分を制限しているため喉が渇くと思いますので、リカバリールームに入ったら、約10分後目安に様子を伺い、問題がなければ水分補給をしていただきます。同時に、痛み止めや炎症を抑える目的で薬を服用していただき、ゆっくりと休んでいただきます。リカバリールームには、ナースコールもあるので、何かあれば知らせてもらうようにしています。30分ごと目安に訪室し、1時間目安で様子を見に行き、問題がなければ点滴を外します。お茶やお菓子、おなかが空いている方には、院長が作ったカレーもお出ししていますよ。

Qこういった取り組みはとても特徴的ですね。
A
3

▲しっかりと術後のフォローができる、と話す宮尾さん

私は、別の医療機関でも看護を行っているのですが、まったく違いますね。他の医療機関では、水分補給を開始するまで何時間も時間を置くところもあります。でもここでは、手術直後から自宅に帰るための準備が始まります。麻酔薬からの覚醒に関してもそうですし、鼠径ヘルニアに特化している分、しっかりと患者さんのフォローができます。手術に対する患者さんの不安が少しでも解消でき、当院で治療して良かったと思っていただけるように接しています。

Q宮尾さんが患者さんと関わる中で、心がけていることは何ですか?
A
4

▲圧迫感を感じないよう、目線を合わせて話すようにしている

患者さんと話すときは、必ず同じ目線で話すようにしています。看護体験時にストレッチャーに乗せられ、周囲を囲まれて話されたとき、とても圧迫感を感じました。同じ思いを患者さんがしないよう、患者さんが椅子に座っていたら屈むようにして、目線を合わせて話すようにしています。もう一つは、ご高齢の方が多く、手術直後などにふらつくことがあるので、急かさずに、ゆっくりと移動してもらうように促します。

Q患者さんが帰宅後はどのようにフォローされているのでしょうか。
A
5

▲安心して治療を受けられるよう、スタッフがチームを組みフォロー

出血が起きていないか、痛みはどうかなどの確認を行うために、手術を終えた夕方と翌朝に患者さん宅に電話をして、状態をお聞きしています。手術時に炭酸ガスをおなかに入れるのと、ヘルニアの治療時にメッシュを患部に当てるので、そういった部分で気になることがないかなどですね。電話で患者さんの状態をお聞きして、経過を見ていいものなのか、心配するべき症状なのかを一つ一つお答えしています。逆に、気になる症状があれば、患者さんからお電話していただいても大丈夫です。一週間~四週間後に再度受診いただいて、その時も状態をお聞きします。

ドクターからのメッセージ

新谷 隆院長

現在、手術を終えた患者さんには、再診時までの一週間、痛みの経過や傷口の状態がどうだったか、薬がちゃんと服用できたか、どのくらい動くことができたかなどを書き込んでもらう用紙をお渡ししています。こうした記録が、手術を受ける患者さんの不安を少しでも取り除くことにつながったらうれしいですね。鼠径ヘルニアは、困っている方がたいへん多く、日帰り手術ができることを知らない患者さんも大勢いらっしゃいます。スタッフがチームを組んでしっかりと患者さんをフォローしていきますので、どうぞ、安心して治療を受けてください。

Access