全国のドクター8,976人の想いを取材
クリニック・病院 160,909件の情報を掲載(2021年5月18日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 練馬区
  4. 練馬駅
  5. 練馬駅前歯科矯正歯科
  6. 歯の健康と笑顔あふれる生活のために矯正を受ける重要性

歯の健康と笑顔あふれる生活のために
矯正を受ける重要性

練馬駅前歯科矯正歯科

(練馬区/練馬駅)

最終更新日:2020/09/29

Main Main
  • 保険診療
  • 自由診療

歯並びは見た目の印象を大きく左右し、口腔環境にも影響を与えるもの。近年は大人だけでなく子どものうちから矯正を開始する人も増えており、幅広い年齢の患者に対する方法になったといえる。一般歯科と矯正歯科を軸に診療を提供する「練馬駅前歯科矯正歯科」の歯科医師は全員が矯正経験者で、一人ひとりの症例や希望に合わせて多彩な方法でアプローチ。同院の特性を生かし、ただ歯を動かすだけでなく虫歯予防や歯磨き指導にも力を入れながらスムーズな診療をめざす。矯正によって虫歯のリスク軽減も期待でき、体の成長が残っている間であれば、抜歯を伴わない方法で矯正できることが多いそうだ。そこで、大松俊之院長に矯正を始めるタイミングや矯正時の注意点、同院が実施する矯正の特徴について話を聞いた。 (取材日2020年5月7日)

早めの矯正で、磨き残しに注意しながら見た目と機能性の改善をめざす

Q矯正はどのような悩みを持つ人にお勧めですか?
A
1

▲同院では院長のほか東先生が矯正を担当してくれる

歯並びが気になって、人前で口を大きく開けて笑えない方に向いています。長い間見た目で悩むより、できるだけ早く矯正を終わらせたほうが、その後のライフイベントを歯並びが整った状態で迎えられると考えられます。矯正はいつからでも始めることができますが、適切なタイミングは体の成長が残っており骨の動きが良い中高生くらいからですね。あとは歯並びが乱れているために噛み合わせが悪く、虫歯になりやすい方にお勧めです。しっかり歯を磨いていても虫歯ができてしまうような場合は、一般歯科を受診された方にも矯正を提案することがあります。見た目だけでなく口腔機能の改善も図れるのは、歯科の中でも矯正ならではの特長だと思います。

Qこちらではどのような矯正に対応しているのでしょうか?
A
2

▲その人に合った治療計画を立ててくれる同院

一般的な表側矯正のほか、目立ちにくい裏側矯正やマウスピース型装置を使った矯正、部分矯正、小児矯正など一通りの矯正に対応可能です。裏側矯正は外側から装置が見えづらいことがメリットですが、一方で適応症例が限られており、口腔環境のコントロールがしにくいため矯正期間が長引く傾向があります。マウスピース型装置を用いた矯正も難症例に向かない方法であるものの、表側矯正を併用することで行えるケースも存在するため、当院では丁寧に問診や検査を実施し、選択可能な矯正方法をご提示します。小児矯正では、矯正器具があることでお子さんがうまく歯を磨けず虫歯になるのを防ぐため、主に取り外しができる装置を使用しています。

Q矯正にあたって注意すべきことはありますか?
A
3

▲一方的な治療にならないよう心がけている院長

小児矯正の場合は、矯正の前に必ずお子さんのモチベーションを確認する必要があります。たとえ親御さんが矯正を希望しても、本人が乗り気でないと親御さんの目が届かないところで装置を着けなかったりして、矯正結果に支障が出てしまう恐れがあるからです。矯正中はとにかく歯磨きを念入りに行うことですね。歯に器具を装着している間は磨き残しによる虫歯のリスクが高いため、受診のたびに必要に応じてクリーニング、歯磨き指導などを受けましょう。また、矯正は装置が外れたら終わりではありません。歯の後戻りを防ぐ保定期間までが矯正であり、歯並びをキープしたいのであれば長期的にリテーナーで保定し続けることが大切です。

Q期間の目安や、矯正を始めるタイミングについて教えてください。
A
4

▲歯並びのことが気になったらまずは気軽に相談してほしいと話す

症例にもよりますが、抜歯を伴うケースでは矯正器具の装着に2年ほど、保定に2年ほどの期間を要します。非抜歯の場合はもう少し短くなり、歯を動かす程度に応じて半年~1年半ほどかかりますね。過去に小児矯正を受けた方は非抜歯で矯正ができるケースが多く、これは幼少期から矯正を行うメリットの一つでもあります。中高生でも骨の成長が残っていたり、すべての歯が生え替わっていなかったりする時期なので歯を抜かずに矯正できる可能性が高いです。成長が止まった大人とは歯の動き具合も断然違ってくるため、矯正方法の選択肢が広い小児や中高生のうちに矯正を始めたほうが、より良い結果を得られると私は考えていますね。

Q矯正において大切にされていることは何ですか?
A
5

▲シミュレーション画像を見せてくれるので安心

当院では痛みに配慮しながら、無駄なく効率的に矯正を進められるようにシステムを組んでいます。矯正計画を立てる際は分析ソフトを使用し、シミュレーションを通して実現可能な方法を模索します。さらに院内設備を充実させ、専門性の高い矯正法にも対応しています。アンカースクリューと呼ばれる歯科矯正用のネジを埋め込んで歯を動かす方法があるのですが、検査時にCT撮影を行って診断の精度を上げ、アンカースクリューの脱落リスクの低下に努めています。あとは、矯正中に虫歯にならないような診療環境づくりですね。一般歯科と矯正歯科の両方に対応している強みを生かし、院内で一貫して口腔管理をさせていただいています。

ドクターからのメッセージ

大松 俊之院長

当院の歯科医師は全員が矯正経験者で、矯正のメリットを身をもって理解しています。長い人生を考えると、矯正の選択肢があり、非抜歯をめざせるうちに矯正を検討していただきたいですね。最近は矯正をしている子どもが多いので、早めのほうが矯正のハードルも低いと思います。矯正を希望される患者さんは見た目を気にされる方が多いですが、当院では機能面の重要性もしっかりご説明してから矯正を始めます。お子さんに対しては決して無理強いせず、矯正を受けられる段階になるまで時間をかけて向き合います。もともと一般歯科のほうに通っている子であれば性格もある程度わかりますので、歯科医院を嫌いにならないよう親身にサポートいたします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/40万円、表側矯正/80万円、裏側矯正/ハーフリンガル:100万円、フルリンガル:135万円、マウスピース型装置を用いた矯正/90万円、部分矯正/15万円~

Access