全国のドクター8,985人の想いを取材
クリニック・病院 160,819件の情報を掲載(2021年6月14日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市中央区
  4. 天神駅
  5. クリニーク福岡天神 
  6. 過剰な汗によるにおい対策当日帰れる“切らない”多汗症治療

過剰な汗によるにおい対策
当日帰れる“切らない”多汗症治療

クリニーク福岡天神 

(福岡市中央区/天神駅)

最終更新日:2021/01/29

Top Top
  • 保険診療
  • 自由診療

「わきが(腋臭症)」は周囲に相談しづらいデリケートな問題だ。その独特なにおいのもとは、脇など局所的に存在するアポクリン腺と呼ばれる汗腺。わきがの人は多汗症を併発するケースも多いが、その汗がにおいの発生原因となっているため、多汗症治療が悩みの軽減を図る有用な手段となるという。「クリニーク福岡天神」は、傷痕が気になりにくく、術後通院が不要のマイクロ波照射による多汗症治療を提供。同院グループでは多数の症例数を誇り、蓄積した経験をもとにしっかりとしたアフターフォロー体制も構築している。わきがの原因やマイクロ波照射による多汗症治療の痛み、アフターフォロー体制についてなどを、香藤憲一理事長に聞いた。(取材日2021年1月18日)

過剰な汗で発生しやすい、わきがのにおい。“切らない”マイクロ波照射による多汗症治療

Qわきがの原因について教えてください。
A
1

▲わきがの治療に注力するクリニック

人間には汗を分泌する「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺があります。エクリン腺は全身に分布し、アポクリン腺は脇や乳輪、陰部など部分的に存在しており、このアポクリン腺から分泌される汗が、わきがの独特で不快なにおいのもとになります。なぜにおう人とにおわない人がいるのか原因は判明していませんが、遺伝的なものや人種の差が関係しているとされ、生まれつきの「体質」と考えてください。そして、わきがの人は多汗症を併発しているケースが多く、汗が原因でにおいが出やすいのです。ですから、そういった人はまず多汗症治療を受けること、汗腺に対してしっかり作用する治療を選ぶことが悩み軽減のためのポイントです。

Qどんな治療法がありますか?
A
2

▲マイクロ波を用いた低侵襲な治療法を採用している

以前は局所麻酔や全身麻酔による、脇のアポクリン汗腺を根こそぎ取り除く目的の手術が一般的でしたが、この治療法はメスで切るので傷が残りますし、皮膚を縫い合わせるため抜糸や経過観察などで複数回の通院が必要でした。しかし多汗症の方に行うマイクロ波照射による治療は、当院では局所麻酔を使用し、受診・施術・会計などすべて含めて院内滞在時間は2~3時間ほど。メスを使わない日帰り治療で、術後にトラブルなど発生しなければ、後日の通院も必要ありません。自費診療となりますが、なるべく患者さんに経済的負担をかけたくないとの思いから、当院では基本費用の設定に配慮し、複数のプランも用意しています。

Qマイクロ波照射治療の痛みや傷について教えてください。
A
3

▲治療前には丁寧な説明を心がけている

局所麻酔を使用しますので、術中に痛みを感じることはほぼないでしょう。術後は痛みや腫れを感じますが、当日から翌日くらいまでがピークです。ご自宅で服用するための抗生剤や痛み止め薬なども処方しますので、「耐えられないほどの痛み」を感じることはほとんどないはずです。また“切らない”治療ですから、想定外のトラブルなどが発生しない限り傷も残りにくく、治療前後で見た目の変化が少ないのも特徴の一つ。術後の通院の必要もなく、痛みと腫れが引いたら治療は終了なのもメリットですね。当日は車の運転は禁止させていただいているほか、術後一週間ほどは力仕事や激しい運動を行わないようお話ししています。

Qアフターフォローについてはいかがでしょうか。
A
4

▲先端の機器を導入し、安心・安全の診療にこだわる

永続的な作用を期待して行う、皮膚を切らない治療ですが、この世にあるすべての治療において「絶対」「安全」も、「トラブルゼロ」「再発なし」も言い切れないものです。当院の本院が、大阪の心斎橋にあるほか東京や名古屋など全国に分院があり、各院で積み重ねた多くの症例と、ごくまれに起こり得るトラブル対応の経験を集約したアフターフォロー体制を構築しています。また心斎橋本院は年末年始を除き無休で診療しているため、万が一、当院の休診日にトラブルが発生しても、オンライン診療などを活用してきちんとフォローします。本院・分院の全医師が、皮膚科の専門医師として専門性とプライドを持って治療に臨んでいます。

Qどんな人が治療を受けていますか?
A
5

▲幅広い世代の患者が訪れている

治療をするにはさまざまなハードルがあるかと思いますが、幅広い世代の方にご来院いただいています。先ほど申し上げたとおり遺伝的な関係もあるため、保護者の方がお子さんのにおいに気がつき、ご一緒に来院されるケースもあります。患者さんが増えるのはやはり汗のかきやすい春から夏の期間ですが、脇を露出することがほとんどない冬だからこそ、「腫れが気にならないだろうから治療したい」という方もいらっしゃいます。マイクロ波照射による多汗症治療は、患者さんのご希望に応じて、初診日に即施術することも可能です。このほか乳輪や陰部のにおいへの対応や、その他の術式といった複数の選択肢もご提案できるのが当クリニックの強みです。

ドクターからのメッセージ

香藤 憲一理事長

「傷痕が気になりにくい」「術後通院が不要」などのメリットのあるマイクロ波照射による多汗症治療。忙しい方でも受けやすい、1回の施術で永続的な作用を期待して行う治療です。全国にクリニックのある当グループでは、これまで手がけた多くの症例で蓄積した経験を集め、それをもとにした適切なアフターフォローに努めています。マイクロ波照射による多汗症治療は自費診療となりますが、少しでも患者さんの負担を軽くするために費用を抑えて提供し、複数のプランも設けています。また同治療以外にも、におい対策のためのさまざまな選択肢があります。多汗症やわきがに悩んでおられる方は、相談だけでも歓迎しております。気軽にご来院ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マイクロ波照射による多汗症治療/17万円~

Access