西早稲田歯科

星野太一 院長

19483 df 1 main 1329180272

専門的な口臭外来で、自信を取り戻すきっかけを

―医院の特徴である口臭外来について、詳しくお聞かせください。

口臭に対する社会的な関心値は、年々高くなってきています。そのため、口臭が気になって人間関係や仕事に支障をきたす方も増えており、それらの悩みにも対応すべく、専門的に口臭外来を開設することにしました。歯科は主に歯の治療を行うところですが、口臭も、同じお口の悩みに変わりありません。歯科医師としての治療の幅を広げるためにも、必要な分野だと思っています。口臭は、いま漂っている臭いを消すだけではなく、臭いの元を断たねば意味がありません。なので、尿検査をはじめとする各種検査、カウンセリングを丁寧に行うなど、その原因を特定することには時間をかけています。欧米人にとってブレスケアは、エチケットとして常識となっています。患者さんにはフレッシュブレス(さわやかな息)を体験し、セクセレントブレス(究極の無臭な息)を手に入れることで、自信を取り戻すきっかけを手にしていただきたいと思っています。また、先ほども申し上げましたが、当院では口臭治療の第一人者、ほんだ歯科の提携クリニックとして認証を受けているため、基本的にはほんだ歯科口臭外来と同じ手法で診断・治療を行っています。

―口臭外来での基本的な治療の流れをお聞かせください。

まずはお電話かメールで、ご予約をいただいております。ご予約をいただいた後、生活調査票などの書類を送付いたしますので、そこに1週間の食生活と口臭の状態を記載していただきます。書類をもとに問診を行い、患者さんから直接悩みの詳細を伺いながら、検査と治療についてもご説明いたします。次のステップは検査です。初診の場合は約3時間、たっぷりと時間をとります。口臭に影響を及ぼす全身の病気を尿検査で診察し、お口がどれくらい潤っているかをモイスチャーチェッカーで検査。そのほかにも、口臭測定器であるハリメーターやアテインによる測定、BBチェッカーによる口臭有無の判定と、口臭成分とされる揮発性イオウ化合物をはじめとした生体ガス成分の総量分析を行います。治療は症状に応じて変わりますが、口腔内環境の改善と、カウンセリングによる口臭への対応を中心に行います。適切な消臭剤や生活習慣の指導も行うなど、精神面のケアも怠りません。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access